競泳戦国時代のど真ん中を歩きまくるコーチの日記!! この道をいけばどうなるものか!! 迷わずいけよ!行けば分かるさ♪
Youtube of Kohei
  
プロフィール

koheijapan

Author:koheijapan
浅野晃平(35)*Kohei Asano*
KSGトキワ~福岡大学~枚方SS~KSG広島ミドリ
~PALO ALTO STANFORD AQUATICS
親父を超えるべく、PASAをサポートすべく
コーチング修行中!
チームでのボランティアコーチ二年間を経て、
USA Swimming の公認コーチになる。と同時に
PASAのアシスタントコーチに晴れて就任。
8シーズン。オリンピックイヤー。バーシティーグループコーチ。
2015-16年は50名の中学生、高校生スイマー達、そしてそれを共に応援してくれる保護者の方々と夢に向かって突き進む。
波瀾万丈、最高のコーチングライフ!

迷わず行けよ行けば分かるさ!

Kohei Asano

In 2007, he left his home country in order to pursue his goal in becoming a great swimming coach. He has a total of 12 years of coaching experience; 4 years in Japan and 7 years in the US. His passion for swimming and his cultural awareness makes him a unique and creative minded coach. In the few years that he has been here, he has adapted to the diverse coaching and managing styles of the American culture. His willingness to stand by the poolside 365 days shows his love and dedication to help his swimmers improve and overcome their challenges.

He has a special working visa that no one normally gets because one needs to get approval from the government. He is the only coach from abroad who is a H1-b visa holder also working at a swim club legally in USA. Kohei did not know any English when he moved to the United States. Now he can talk to everyone fluently. You will be surprised to know how much he was challenged to add English as a second language.

He appreciates all of the coaches who trust him by giving him the opportunity to coach the varsity group for the past 5 years. In addition to his responsibilities as the varsity group coach, he will continue to be the assistant to all coaches - Tony, Tisha, Carlene, Janet, Hilary and PASA pro team during the 2016 season. He will also be supporting all of Rinconada‘s programs this season.

Kohei is a fun and humorous guy with a lot of passion for swimming. He enjoys socializing with his Japanese and American friends during the weekends. He often attends BBQs and goes to the popular ramen joints in the bay area. He also enjoys watching mixed martial arts and professional wrestling and has an ever-growing collection of sneakers. He is married to his Japanese wife and they had their first baby this year. His son was born here, in the USA and his name is Kento. Kento is an American citizen!

Kohei Asano Rinconada site

Blog: http://koheijapan.blog71.fc2.com
Youtube: KOHEIJAPANREMIX
Instagram: SWIMCOACHKOHEI

  
月別アーカイブ
  
カテゴリー
FC2カウンター
  
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  
Youtubeプレイリスト
  
確信があった
2017/ 07/ 08 ( Sat ) 22:41:20
予想を超えたメインスイム。

これだ。これが俺の理想形。これくらい振り幅が想像できない上げ方。

今日のメイン、ダイブ5本は、チーム全員が良かった。こんなことはコーチをしていても一年に一回あるかないか。

しかも大学生が練習でベスト。魂のガッツポーズにチームが揺れる。

最近はこの感じが月に一度以上は見れる。確変突入だ。

今週に関しては合宿、10回練習、距離、強度そしてチューブ毎日100回以上引きに懸垂にウエイト。

スイム以外にも外側からもだいぶ刺激を入れたが、

ついに全員の体の中身が戦闘モードに変化してきたようだ。

あと2週間。勝利を掴む準備が整ってきた。




今日の俺の本当のメインイベントは天理チャレンジ。

インカレ標準を切ってないメンバーの最後のチャレンジレース。

練習後、速攻で車に乗り込み、奈良県は天理大学体育キャンパスへ。

3年生のアミは今まで一度も出場したことのないインカレ標準タイムに

手が届くところまで来ていた。確信もあった。

誰よりもインカレに出たい気持ちも知っていた。

絶対に切らしたかった。

後編の100からググッと上げて来た。

ラスト50のターン。「いける」

マネージャーと応援している選手が叫ぶほどの声援。

ーーーーーーー
ーーーーーーーーーー

今シーズン最高のタイムではあった。

最高のパフォーマンスをした2週間前の京都での試合より1秒も上げた。

が、チャレンジレースのタイムまでたった0、2秒足らず。

水泳の神様は非情。スルリと目の前でカーテンをかけた。

「くそっ。」

ーーーーーーー
ーーーーーーーーー

コーチが俺になり三ヶ月。理解してくれて付いてきてくれてありがとう。

今すぐに目標変更。4年生で初めてのインカレに行こう!

もう3年の冬に切ってやろう。水泳は遅咲きディセンディングの方が最高に楽しいぞ。

最高の大学水泳人生にしようぜ、アミ!
IMG_4616.jpg



ふと、

帰り道に思い出した自分自身の話。

2年生のインカレ前に、足を捻挫した俺。

1年生んときもベスト出してねえくせに。。やっちまった。

誤魔化しで泳いだインカレは、100バタでケツ(ビリ)を取る。

2年生の秋もイタイタ、プルのみ。冬も痛み引かずイタイタ、キック満足に打てず。

焦りもあったし、プレッシャーもあったな。

チームでも遅かったけん仕事も雑用も1、5倍。しなければならないムード。

冬から春にかけての最後の試合、意地の爆発。確か100で二秒近くベストだったか。

日本選手権のタイムすら知らなかったが、その時は狙ってなくて運よく切っていた。

瞬時に当時の田場先生や小島コーチ、チームメイトの山野井や竹内、崎元が

自分のことのように死ぬほど喜んでくれたのだけは

全くもって忘れず、今でもはっきり覚えている。

ほぼ大3デビューの遅咲きルーキー。

きっと人生はディセンディングの方がいい。

俺のコーチング人生もディセンディングでありたい。


人生の扉/竹内まりや

春がまた来るたび ひとつ年を重ね
目に映る景色も 少しずつ変わるよ
陽気にはしゃいでた 幼い日は遠く
気がつけば五十路を 越えた私がいる
信じられない速さで 時は過ぎ去ると 知ってしまったら
どんな小さなことも 覚えていたいと 心が言ったよ

I say fun to be 20
You say it's great to be 30
And they say it's lovely to be 40
Bue feel it's nice to be 50

万回の桜や 色づく山の紅葉を
この先いったい何度 見ることになるだろう
ひとつひとつ 人生の扉を開けては 感じるその重さ
ひとりひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ

I say it's fine to be 60
You say it's alright to be 70
And they say still good to be 80
But I'll maybe live over 90

君のデニムの青が 褪せてゆくほど 味わい増すように
長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ

I say it's sad to get weak
You say it's hard to get older
And they say that life has no meaning
But I still believe it's worth living
But I still believe it's worth living
コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Numark portable scratch
  
ブログ内検索
  
リンク
  
Finis edge fins
  
Vasa Trainer Pro
  
スポンサーリンク
  
copyright(c) 2005 アサノエンターテイメント Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )