競泳戦国時代のど真ん中を歩きまくるコーチの日記!! この道をいけばどうなるものか!! 迷わずいけよ!行けば分かるさ♪
Youtube of Kohei
  
プロフィール

koheijapan

Author:koheijapan
浅野晃平(35)*Kohei Asano*
KSGトキワ~福岡大学~枚方SS~KSG広島ミドリ
~PALO ALTO STANFORD AQUATICS
親父を超えるべく、PASAをサポートすべく
コーチング修行中!
チームでのボランティアコーチ二年間を経て、
USA Swimming の公認コーチになる。と同時に
PASAのアシスタントコーチに晴れて就任。
8シーズン。オリンピックイヤー。バーシティーグループコーチ。
2015-16年は50名の中学生、高校生スイマー達、そしてそれを共に応援してくれる保護者の方々と夢に向かって突き進む。
波瀾万丈、最高のコーチングライフ!

迷わず行けよ行けば分かるさ!

Kohei Asano

In 2007, he left his home country in order to pursue his goal in becoming a great swimming coach. He has a total of 12 years of coaching experience; 4 years in Japan and 7 years in the US. His passion for swimming and his cultural awareness makes him a unique and creative minded coach. In the few years that he has been here, he has adapted to the diverse coaching and managing styles of the American culture. His willingness to stand by the poolside 365 days shows his love and dedication to help his swimmers improve and overcome their challenges.

He has a special working visa that no one normally gets because one needs to get approval from the government. He is the only coach from abroad who is a H1-b visa holder also working at a swim club legally in USA. Kohei did not know any English when he moved to the United States. Now he can talk to everyone fluently. You will be surprised to know how much he was challenged to add English as a second language.

He appreciates all of the coaches who trust him by giving him the opportunity to coach the varsity group for the past 5 years. In addition to his responsibilities as the varsity group coach, he will continue to be the assistant to all coaches - Tony, Tisha, Carlene, Janet, Hilary and PASA pro team during the 2016 season. He will also be supporting all of Rinconada‘s programs this season.

Kohei is a fun and humorous guy with a lot of passion for swimming. He enjoys socializing with his Japanese and American friends during the weekends. He often attends BBQs and goes to the popular ramen joints in the bay area. He also enjoys watching mixed martial arts and professional wrestling and has an ever-growing collection of sneakers. He is married to his Japanese wife and they had their first baby this year. His son was born here, in the USA and his name is Kento. Kento is an American citizen!

Kohei Asano Rinconada site

Blog: http://koheijapan.blog71.fc2.com
Youtube: KOHEIJAPANREMIX
Instagram: SWIMCOACHKOHEI

  
月別アーカイブ
  
カテゴリー
FC2カウンター
  
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  
Youtubeプレイリスト
  
その先の景色の眩しさ
2017/ 06/ 20 ( Tue ) 00:46:05
二日目。神様。頼む。

この勢いを消さんといてくれ。俺は酔いたい。酔い続けたい。

このコーチング中毒を二日目も感じたい。

神頼みするまでもなかった。選手は答えてくれた。

まずは4年ぶりのベストを狙った京香が200コメで0、1秒ベストを逃す。

これにはチームメイトも歓喜。入学からインカレ出たことない選手が、ゼロから2種目。

またありえないベストが続く。二日目は100が中心なのもある。

「0、1ベストでしたーーーっ」 なんてのは一つもない。

0、5から10秒ベスト。杏奈は昨日の勢いのまま

100でチーム最速のスピードスターに。一番ジャパンオープンが近くなってしまった。

それにつられて亜未が行ったが400でインカレを一秒切りきれなかった。

もちろんありえないタイムで泳いだことは評価できるが、、、

そういう時は運も味方しまくる。チャレンジレース出場の機会が与えられた。

そしてチーム1今回応援された亜美が

100ブレで、、、

高校の時以来ぶりのベストを更新!

約5年間。ついにこじ開けた!

今回の試合は、歴史を変えた選手が多かった。

それを真横で見れた、関われたのは俺にとっても財産になる。

俺が大阪体育大学水上競技部コーチに就任してから

今回の試合が一番楽しかったし、一番結果も出た。(ベスト率激高し)

最後の試合で男女込み5人以上もインカレ切りしたチームなんて

他にないだろう。チームは決める時に決めた。

強いチーム、強い選手はのんきにこの試合をスキップ。専門種目外での出場も目立った。

分かる人には分かる。会場にいたなら伝わったはずだ。


もっと注目してほしい。注目されてもいいチームだ。

待ったなし。一番いい時に上がって来た。まだ上がる!

言ったろ。カンカレ、インカレ。タイダイ大旋風が起こる!と。
IMG_4196.jpg
IMG_3178.jpg
新しく、ついにフルメンバーでの写真。やっぱ前のよりこっちのがいいな!(下は4月の学生短水路後)

4年生は最後の短水路のレース。お疲れさん。

IMG_4189.jpg
わざわざ会いに来てくれた宮田コーチとは5年以上ぶりにプールで再会。

これも関西でコーチングする魅力でもある。

白木先生との3ショット。


実は、、、今回は、、、一番大事な時に

白木先生のコーチングアイデアを使った。

コーチングハイライトを最後に書きたい。

チャレンジレース初出場の亜未。こんな経験もないし、一日二発なんてのもちょっと不安。

後半が持ち味なので「ラスト200を予選時よりあげよう!それ持ち味やん!」とアドバイスをし、最後に背中をポーンと押し

レースに送り出してやるつもりだった。が、、、

、、、

、、、、、、、

なんかハマらなそうな予感がした。

俺もこのチャレンジレース制度は初。経験もノウハウも人より少ない。

こういう時はコーチングケミストリー。今回も隣で、いつも話を聞いてくれる白木先生に聞いてみた。

「チャレンジレースだったら前半から行かさないと!だって切ってなくて切りに行くんだから!」

そりゃそうだ。しかも会場中の無差別の大応援もある。

飛ばすに決まっている。バテて失態を晒すようなこともしない。よし、これをアレンジしこれを作戦に組み込む。

「さあ行こう」

ーーーー
ーーーーーーー

400のチャレンジレースには3人。

まずは予選より速いタイムで100、200のラップを刻む。

こっからもグイグイ上がる。この時点で一位。そのまま375をターン。

ライバル二人に追いつかれている感じはあるがそのまま逃げ切り。優勝。

見事亜未のみがインカレ標準を突破。他の二人はがっくり肩を落とすのであった。

まさに白木先生のアドバイスがなければ、、

結果は天と地ほど変わっていたかもしれないと頭をよぎる。

ズルズルズルっとよくある外す感じの、チャレンジレース話の筋が劇的に変わった。

白木先生とがっちり握手。白木先生の頭の中を

もっと覗きたくなったのは、言うまでもない!
コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Numark portable scratch
  
ブログ内検索
  
リンク
  
Finis edge fins
  
Vasa Trainer Pro
  
スポンサーリンク
  
copyright(c) 2005 アサノエンターテイメント Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )