競泳戦国時代のど真ん中を歩きまくるコーチの日記!! この道をいけばどうなるものか!! 迷わずいけよ!行けば分かるさ♪
Youtube of Kohei
  
プロフィール

koheijapan

Author:koheijapan
浅野晃平(35)*Kohei Asano*
KSGトキワ~福岡大学~枚方SS~KSG広島ミドリ
~PALO ALTO STANFORD AQUATICS
親父を超えるべく、PASAをサポートすべく
コーチング修行中!
チームでのボランティアコーチ二年間を経て、
USA Swimming の公認コーチになる。と同時に
PASAのアシスタントコーチに晴れて就任。
8シーズン。オリンピックイヤー。バーシティーグループコーチ。
2015-16年は50名の中学生、高校生スイマー達、そしてそれを共に応援してくれる保護者の方々と夢に向かって突き進む。
波瀾万丈、最高のコーチングライフ!

迷わず行けよ行けば分かるさ!

Kohei Asano

In 2007, he left his home country in order to pursue his goal in becoming a great swimming coach. He has a total of 12 years of coaching experience; 4 years in Japan and 7 years in the US. His passion for swimming and his cultural awareness makes him a unique and creative minded coach. In the few years that he has been here, he has adapted to the diverse coaching and managing styles of the American culture. His willingness to stand by the poolside 365 days shows his love and dedication to help his swimmers improve and overcome their challenges.

He has a special working visa that no one normally gets because one needs to get approval from the government. He is the only coach from abroad who is a H1-b visa holder also working at a swim club legally in USA. Kohei did not know any English when he moved to the United States. Now he can talk to everyone fluently. You will be surprised to know how much he was challenged to add English as a second language.

He appreciates all of the coaches who trust him by giving him the opportunity to coach the varsity group for the past 5 years. In addition to his responsibilities as the varsity group coach, he will continue to be the assistant to all coaches - Tony, Tisha, Carlene, Janet, Hilary and PASA pro team during the 2016 season. He will also be supporting all of Rinconada‘s programs this season.

Kohei is a fun and humorous guy with a lot of passion for swimming. He enjoys socializing with his Japanese and American friends during the weekends. He often attends BBQs and goes to the popular ramen joints in the bay area. He also enjoys watching mixed martial arts and professional wrestling and has an ever-growing collection of sneakers. He is married to his Japanese wife and they had their first baby this year. His son was born here, in the USA and his name is Kento. Kento is an American citizen!

Kohei Asano Rinconada site

Blog: http://koheijapan.blog71.fc2.com
Youtube: KOHEIJAPANREMIX
Instagram: SWIMCOACHKOHEI

  
月別アーカイブ
  
カテゴリー
FC2カウンター
  
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  
Youtubeプレイリスト
  
そもそも生まれた時から俺はコーチ
2017/ 03/ 29 ( Wed ) 23:14:44
いい記事なのでメモ。

俺もこういう境遇。柴田選手の言葉(逆襲)には共感できる。

柴田勝頼「俺の18年は誰も真似できない。そもそも生まれた時から俺は新日本プロレス」

ならぬ、

浅野晃平「俺の13年のコーチングライフは誰も真似できない。そもそも生まれた時から俺はコーチ」

と自分と照らし合わせたい。

そしてIWGPのベルトを獲ってもらいたい。


柴田「ようやくですね。一回、『G1』で闘ったことがあるんですけど、タッグでも数回ですよね。4、5年いて、ホントに数回、リング上にいた時間なんて20、30分もないんじゃないかぐらいの。『こんなことってあるのかな』っていう思いでずっといて。これは俺の中で、『言ったら言っただけ、オカダから離れていくな』と。まぁ、会社が一番大事にしてる選手だから、わからなくもないですけど、ここまで過保護にしていいものなのかなと。オカダを別に否定するわけではないんですけど、素晴らしい選手だと思いますけど、そこにまったく触れることができなかったっていうのが……ずっと常に虎視眈々としゃべらずに狙ってはいましたね。ただ、その中で内藤がいろいろ言いだして、『これは許されるんだ』っていうのもあって、何がなんだかわからなくなってきたんですよね。やっぱりそういう部分では“プロレスは生もの”だと思ったし、『さすが、新日本プロレスだな』と思いましたね。

――時間はかかりましたが、最高の形でカードが組まれましたが?

柴田「そうですね。だから、俺なんか3、4年何も言わず、触れずに過ごしてきて。かと言えば、出戻ってきた海賊の親分は、向かい合っただけで組まれるわけじゃないですか。そういうものもいろいろありましたね、俺の中には。オカダが言ったことですからね。『向かい合っただけで、挑戦できると思うなよ』と。『NEW JAPAN CUP優勝してから来い』って。だから、俺はその通りにしただけです。ただ、時間はメッチャかかった」

――過去に柴田選手が対戦した時のオカダ選手と、いまのオカダ選手は一緒ではないですか?

柴田「それは一緒なわけないでしょ。やっぱり、3年の経験ってそれなりに凄い時間があるわけですし。中学生なんかも、3年あったら入学して卒業しちゃうわけですから。3年ってデカいですよ。オカダの3年は凄いデカいと思います。やっぱ、IWGPを当時も巻いてたし、いまもなお巻いてるっていう現状は、すげぇことだし。俺にはできなかったこと。ただ、『俺も3年前といまは違うよ』って話ですよね。その3年をどう過ごしてきたか。ほぼほぼ空白な3年なわけですけど。俺も去年はNEVERを一年間やって、海外にも行って、イギリスにも行って、吸収するもの、学んだものたくさんあったわけです。おそらく、日本の中でも一番シングルで試合をしたと思います、去年は。いつなんどき、誰からの挑戦も逃げずに闘ってきた自負はあります。その精神というか、根本のライオンマーク、新日本プロレスを謳っているのであれば、『そこは変えてはいけないというか、変える必要がないというか、そこを大事にしなくてはいけない部分なんじゃないのかな』という、俺からの新日本プロレスを象徴するIWGPへの挑戦でもあり、問題提起でもあり、闘いですよね」

――柴田選手にとって、今まで経験してきたレスラー人生18年間の日々とは?

柴田「俺の18年って、たぶん誰も真似できない18年だと思いますし、いまから誰かがやろうとかしても確実にできないことですし。もちろん、オカダがやってきた今までも絶対無理なんですけど。俺がプロレスラーとやってきた18年間、どこを区切ってもプロレスラーなんですよ。そこは誰も真似できない部分だと思います」

――昨日の試合後での、「かつての新日本を知る。そして現在の新日本を知る柴田勝頼と、いまの新日本の象徴であるオカダ選手」というコメントについては?

柴田「やっぱり、なんだかんだ言って、生え抜きにしかわからない意地っていうものが、絶対生え抜きにはあるんで。俺は一度辞めてるんですけど、俺の中でずっとプロレスラーでいたっていうのが。俺は、元々親父の時代から流れてる血っていうのが、そもそも遺伝子が新日本プロレスなんで、生まれた時から俺は新日本プロレスなんですよ。そこは何をひっくり返しても変えられないと思いますね。だから、オカダと闘えることに楽しみである部分、オカダ・カズチカの素の部分をどれだけ引き出して、俺の土俵で試合してやるかっていうのが、俺の中では凄い楽しみというか。アイツは、たぶんレインメーカーとしてのプロレスラーをやってるんですよ。マスクマンじゃないけど、マスクマンみたいな。素でそれをやってないというか。自分でもしゃべっててよくわからないですけど、なんとなくそんな感じです」
##

##
(石井戦は)マイクなんか持つこともなかなかないんですけど、喋りたかった、生の感情を。それくらい吹っ切れさせてくれた試合。それがあったからこその勢いは絶対あった。

(ファレ戦後のマイクで爆発でした。マイクは苦手ですか?)いや、別に喋ろうと思えば(この放送のように)喋れてるじゃないですか。(リング上での寡黙なイメージがあるが?)喋らないだけで。試合は試合で見てもらいたいという。喋りは大事かもしれないですけど、試合で評価してもらいたいというのが強い。そういうので海外の選手に試合をしたいと言われるのは嬉しい、言葉じゃないですから。

(例えばニュージャパンカップが始まる前に、俺はこういう約束があるから、勝ったらIWGPに行くよという、あえて言うことも可能だったかと思うんですけど?)やらないですね。勝ち上がらないと言えないと思ってたんで。トーナメントって1回負けたら終わりじゃないですか。だから、勝ってから、全ては勝ってからだなと。

あの3年前から、IWGPの「ア」の字も出さずに、オカダの「オ」の字も出さずに、虎視眈々と、機を狙ってたんで。やっと条件が揃ったかなと。オカダがどういう気持ちでいるのかなと。すべてが新鮮なんですよね。オカダと1回しか試合してないし。

(オカダに対戦要求に)行くと遠のくと思ったんです。行くと・・・言えば言うほど遠のいてしまうなとは思いましたね。俺の場合。(柴田選手自身としては、言わない方が?)近道だと。その近道が3年でした。

(オカダのことは)認めざるを得ないんじゃないですか? 天龍さんの引退試合の相手を務めた試合も見ましたし。ホント、3年前とは全然違う。認めてなかったら興味沸かないですよ。

(IWGPベルトを選んだのは)オカダが持ってるから、っていうのもありますよ。3年前に持ってて今も持ってるってスゴイじゃないですか。そこに風穴を開けたい。

(そんないろんな引き出しがある中で、闘魂というか?)闘魂なんて自分で言葉にも出したことないですよ。だけど、文字にしたら闘う魂じゃないですか。プロレスには闘いが混じってますよ、目には見えない闘いもありますし。その中で結果を出すのはものすごく難しいことですし。内容ももちろん大事だし、「勝負」なんですよね。そことの勝負をようやくできるというのはありますね。

3年かかりましたからね。(長かったですか?)そのことだけをずっと考えていたわけではないんで、一戦一戦を、自分がやるプロレスの意味のある試合にしたいし。海外でも日本でも自分じゃなきゃいけない試合にしたい。代わりが務まる試合なら、じゃあ自分じゃなくてもいいんじゃないかとなっちゃうんで。

メッセージですか? 両国で男の根性を見せたいと思います。以上。

根性大事ですから。(ニュージャパンカップ入る前に、そう思った?)なんかスッと入ってきて、男の根性~なんとか、モニターから、後楽園ですね。「男の根性見せてやれ」ですね、アッチは。(これテレビ朝日にも貢献しますね?)たまたまね、タイガーマスクですね。
##

##
野上アナ そういえば2月のオスプレイ戦、オカダ選手が解説席に座ってくれたんですけど、オカダ選手が(対戦カードの)ラインナップを見たときに、「ボクはメインよりもこのカードが一番気になるんです」と(柴田vs.オスプレイ戦を指した)。それは、「柴田選手が学んできたいわゆるイギリス伝統のランカシャーレスリングスタイルというのを、自分のものにして最近見せてるんだ」と。それは「もう他のレスラー誰もできませんから」と。それであの試合を見て「これは今までの柴田選手とは違いますね」とハッキリと言ってたんで。
##


IMG_0893.jpg
コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Numark portable scratch
  
ブログ内検索
  
リンク
  
Finis edge fins
  
Vasa Trainer Pro
  
スポンサーリンク
  
copyright(c) 2005 アサノエンターテイメント Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )