競泳戦国時代のど真ん中を歩きまくるコーチの日記!! この道をいけばどうなるものか!! 迷わずいけよ!行けば分かるさ♪
Youtube of Kohei
  
プロフィール

koheijapan

Author:koheijapan
浅野晃平(34)*Kohei Asano*
KSGトキワ~福岡大学~枚方SS~KSG広島ミドリ
~PALO ALTO STANFORD AQUATICS
親父を超えるべく、PASAをサポートすべく
コーチング修行中!
チームでのボランティアコーチ二年間を経て、
USA Swimming の公認コーチになる。と同時に
PASAのアシスタントコーチに晴れて就任。
8シーズン。オリンピックイヤー。バーシティーグループコーチ。
2015-16年は50名の中学生、高校生スイマー達、そしてそれを共に応援してくれる保護者の方々と夢に向かって突き進む。
波瀾万丈、最高のコーチングライフ!

迷わず行けよ行けば分かるさ!

Kohei Asano

In 2007, he left his home country in order to pursue his goal in becoming a great swimming coach. He has a total of 12 years of coaching experience; 4 years in Japan and 7 years in the US. His passion for swimming and his cultural awareness makes him a unique and creative minded coach. In the few years that he has been here, he has adapted to the diverse coaching and managing styles of the American culture. His willingness to stand by the poolside 365 days shows his love and dedication to help his swimmers improve and overcome their challenges.

He has a special working visa that no one normally gets because one needs to get approval from the government. He is the only coach from abroad who is a H1-b visa holder also working at a swim club legally in USA. Kohei did not know any English when he moved to the United States. Now he can talk to everyone fluently. You will be surprised to know how much he was challenged to add English as a second language.

He appreciates all of the coaches who trust him by giving him the opportunity to coach the varsity group for the past 5 years. In addition to his responsibilities as the varsity group coach, he will continue to be the assistant to all coaches - Tony, Tisha, Carlene, Janet, Hilary and PASA pro team during the 2016 season. He will also be supporting all of Rinconada‘s programs this season.

Kohei is a fun and humorous guy with a lot of passion for swimming. He enjoys socializing with his Japanese and American friends during the weekends. He often attends BBQs and goes to the popular ramen joints in the bay area. He also enjoys watching mixed martial arts and professional wrestling and has an ever-growing collection of sneakers. He is married to his Japanese wife and they had their first baby this year. His son was born here, in the USA and his name is Kento. Kento is an American citizen!

Kohei Asano Rinconada site

Blog: http://koheijapan.blog71.fc2.com
Youtube: KOHEIJAPANREMIX
Instagram: SWIMCOACHKOHEI

  
月別アーカイブ
  
カテゴリー
FC2カウンター
  
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  
Youtubeプレイリスト
  
違和感
2017/ 01/ 09 ( Mon ) 00:24:18
西市民プールは本当に懐かしい感じがした!

新年フェスティバルは例年のごとくパンパン。選手とコーチ陣の熱気もパンパン。

福岡のこの試合は一日で朝から夜の7時まで。他の県もかな?

ちびっこスイマーにはなかなかコンディションを合わせづらい!?(朝8:00アップ、最終リレーは6:30から)

かなりの長期戦だとは思うがこれも経験。一皮向けてほしいものだ。


約10年、俺はアメリカのジュニアを現場のみで見てきたので、かなりの違和感があった。

①12歳以下はほとんどの選手がレーススーツ着用
体もできていないのに、2−3万もするレーススーツ?毎回?これでは高校生くらいでレーススーツの科学を感じなくなってしまうだろう。

②ターンの後のドルフィンキック回数の少なさ
小学生でも最低でも2回。なかにはゼロの選手も。

③コーチ、保護者、選手の控え場所が同じ
離れた方がいい。トラブルの元。

④コーチが座って黙って電光掲示板を見てコーチング
コーチが応援しないのに選手が応援する雰囲気にならない。


特にレーススーツ。小さい子はスーツを着ても着なくてもそんなに変わらないだろう。

水泳をよく知るコーチならわかるはず。保護者も購入が簡単ではないはず。

絶対着るなとは言わないが、、タイミングと時期とスーツのランクも気にした方がいい(最高級スーツは高校、大学から)

もう一度話し合った方がいいかもしれない。

小、中学生はそこまで記録や順位を気にしなくてもいい。

あとでグーンとタイムも伸びまくった方が楽しいはずだ。

WHEN YOU ARE A SWIM COACH AND YOUR CHILD SWIMS DO YOU BUY THE EXPENSIVE KNEESKIN SUIT FOR YOUR KID?

SHOUTS FROM THE STANDS: A TECH SUIT STATE OF MIND

IMG_1231.jpg
IMG_1229.jpg
IMG_1230.jpg
スーツを着て目先の勝利、大ベストより、

今はバンバンベストを出し、練習を頑張れば、技術をつけることで

タイムを伸ばす喜びを教えた方がいい。
コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
5170
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/11(Wed) 23:27:34|-|URLMAIL編集/削除
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Numark portable scratch
  
ブログ内検索
  
リンク
  
Finis edge fins
  
Vasa Trainer Pro
  
スポンサーリンク
  
copyright(c) 2005 アサノエンターテイメント Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )