競泳戦国時代のど真ん中を歩きまくるコーチの日記!! この道をいけばどうなるものか!! 迷わずいけよ!行けば分かるさ♪
Youtube of Kohei
  
プロフィール

koheijapan

Author:koheijapan
浅野晃平(34)*Kohei Asano*
KSGトキワ~福岡大学~枚方SS~KSG広島ミドリ
~PALO ALTO STANFORD AQUATICS
親父を超えるべく、PASAをサポートすべく
コーチング修行中!
チームでのボランティアコーチ二年間を経て、
USA Swimming の公認コーチになる。と同時に
PASAのアシスタントコーチに晴れて就任。
8シーズン。オリンピックイヤー。バーシティーグループコーチ。
2015-16年は50名の中学生、高校生スイマー達、そしてそれを共に応援してくれる保護者の方々と夢に向かって突き進む。
波瀾万丈、最高のコーチングライフ!

迷わず行けよ行けば分かるさ!

Kohei Asano

In 2007, he left his home country in order to pursue his goal in becoming a great swimming coach. He has a total of 12 years of coaching experience; 4 years in Japan and 7 years in the US. His passion for swimming and his cultural awareness makes him a unique and creative minded coach. In the few years that he has been here, he has adapted to the diverse coaching and managing styles of the American culture. His willingness to stand by the poolside 365 days shows his love and dedication to help his swimmers improve and overcome their challenges.

He has a special working visa that no one normally gets because one needs to get approval from the government. He is the only coach from abroad who is a H1-b visa holder also working at a swim club legally in USA. Kohei did not know any English when he moved to the United States. Now he can talk to everyone fluently. You will be surprised to know how much he was challenged to add English as a second language.

He appreciates all of the coaches who trust him by giving him the opportunity to coach the varsity group for the past 5 years. In addition to his responsibilities as the varsity group coach, he will continue to be the assistant to all coaches - Tony, Tisha, Carlene, Janet, Hilary and PASA pro team during the 2016 season. He will also be supporting all of Rinconada‘s programs this season.

Kohei is a fun and humorous guy with a lot of passion for swimming. He enjoys socializing with his Japanese and American friends during the weekends. He often attends BBQs and goes to the popular ramen joints in the bay area. He also enjoys watching mixed martial arts and professional wrestling and has an ever-growing collection of sneakers. He is married to his Japanese wife and they had their first baby this year. His son was born here, in the USA and his name is Kento. Kento is an American citizen!

Kohei Asano Rinconada site

Blog: http://koheijapan.blog71.fc2.com
Youtube: KOHEIJAPANREMIX
Instagram: SWIMCOACHKOHEI

  
月別アーカイブ
  
カテゴリー
FC2カウンター
  
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  
Youtubeプレイリスト
  
凶悪地帯オマハの裏
2016/ 07/ 10 ( Sun ) 14:55:43
オマハのセンチュリーセンターから約10分。

どうもマルコムXが生まれ育った場所、記念館があるとのことで

ちょっと車を走らせた。

、、が明らかにオカシイ雰囲気。

これはしかも凶悪レベルが高い。

道路、家の感じ、清掃されてない風景。誰もいない道。

そして到着。
Resized IMG_3991
Resized IMG_3992
はっきし言って、車から降りたくない。

何かあったら危険だから。

興味はあったが閉まっていた。


Resized IMG_3993
Resized IMG_3995
その横に広場。おっグラフィティー。

どうやら本当みたいだ。マルコムX参上。

ここに来たら、、、マルコムxのドキュメンタリーを見ようと誓うのであった。


しかし、、、オマハくらい内陸に来ると、アジア人はゼロ。

最近アメリカでは物騒なことが多い。警察の黒人射殺で、アメリカ中が荒れている。

パロアルトから30分のオークランドでは

フリーウェイを黒人が封鎖してデモ。関係ない人を巻き込み、対立しまくっている。

明日はわが身ではないが、

この銃社会の世の中。ランダムに殺られる可能性もある。しかも警察からも。

危ないところには、近づかないにこしたことはない。


皆さんも。自分の安全は自分で!


マルコム・X(Malcolm X, 1925年5月19日 - 1965年2月21日)は、アメリカの黒人公民権運動活動家。ネーション・オブ・イスラム (NOI) のスポークスマン、ムスリム・モスク・インク (Muslim Mosque, Inc.) およびアフリカ系アメリカ人統一機構 (Organization of Afro-American Unity) の創立者でもある。出生名はマルコム・リトル (Malcolm Little)。
非暴力的で融和的な指導者だったキング牧師らとは対照的に、アメリカで最も著名で攻撃的な黒人解放指導者として知られている。
マルコムはネブラスカ州オマハに生まれる。バプテストの反体制的な牧師だった彼の父親アール・リトルは、アメリカに黒人の自由は存在しないと考えている人物だった。自宅敷地内に家庭菜園を作り家畜を育てほぼ自給自足に近い生活を送り、周辺に住む他の黒人のように白人に媚び諂い仕事を分けてもらうことを良しとしない人物だった。そのため、一家は当時大きな勢力を誇っていたKKKの標的にされていた。父は1931年にミシガン州ランシングで人種差別主義者によって殺害された。頭が変形するほど殴られ、体が三つに切断されるように線路に放置されて轢死体となって発見された。明らかな殺人にも関わらず警察は自殺と断定した。当時マルコムの父は二つの保険会社の生命保険に入っており、その内の一つは受け取りの金額が僅か数百ドルと小額だったため保険金が支払われたが、もう一つの保険会社は受け取りの金額が大きかったため、警察が自殺と断定したとの理由により保険金は支払われなかった。その後彼の母ルイーズは精神を病み、精神病院に送られた。後にマルコムと兄弟姉妹が精神病院から引き取るが、その時にはマルコムを含めて子供達を全く認識できなかったことから、人間モルモットまがいの扱いを受けていたものと推測されたが、病院側はあらゆる質問を拒否し彼女のカルテも無断で破棄したため事実は現在でも闇の中である。マルコムは自伝で、役所の人間が同じことを何度も母に尋ね子供達を里子に出すことを強要したため精神を病んだのだ、と記述している。
ルイーズは黒人と白人の混血で、母親(マルコムの祖母)が白人に強姦されて生まれた。一見すると褐色の肌の白人と間違えられ、そのお陰で職を得られたこともあったが、白人の血が入った黒人であることが発覚すると即座に解雇された。マルコムは自伝で、「母は自分の体に流れている白人の血を憎み、黒人の中でもとりわけ肌の色が黒く黒人然とした父と結婚したのだ」と語ってはいるものの、実際にはマルコムの父が殺害される数年前から夫婦仲は冷え切り喧嘩が絶えなかった、とマルコムの兄姉は証言している。事実、アールが殺害された晩も、夕食のメニューという些細なことで口論となり、彼が家を飛び出してその帰り道に襲撃され殺害されている。ルイーズは初婚であったが、アールにとっては3度目の結婚であった。彼女は夫の死後9人の子供を一人で育てることになった上に、精神を病んだため、子供たちはそれぞれ別の家に里子に出された。
マルコムは白人の上流階級の家に引き取られたが、自伝ではあくまでも「高価あるいは珍しい動物としてしか扱われなかった」と語っている。事実、この時代のアメリカでは慈善事業と謳い、富裕層の白人が黒人の孤児を引き取ることが流行していた。マルコムは幼い頃から優秀な成績を収め学級委員長に何度も当選したが、引越し先ではやむを得ず白人の学校に一人だけ黒人として通うこともあり、席は常に一番後ろだった。白人教師から将来何になりたいかを聞かれた時、弁護士か医者と答えたが、教師からは「黒人はどんなに頑張っても偉くなれない。黒人らしい夢を見た方がいい」と諭され、手先の器用さと人当たりの良さを生かして大工になることを勧められた。
中学卒業後[1]、異母姉エラ(アールと前妻の娘)と一緒に住むためにボストンへ転居、リンディー・ナイトクラブで靴磨きの仕事を行った。自伝でデューク・エリントンや他の有名な音楽家の靴を磨いたと語っている。また歴史あるオムニ・パーカー・ハウス・ホテルでテーブル片付け係として働いていた。このホテルはジョン・F・ケネディがジャクリーン・ケネディ・オナシスにプロポーズした場所であり、ホー・チ・ミンがシェフを務めていた。[2] その後、ニューヨークのハーレムでギャンブル、麻薬取引、売春、ゆすりおよび強盗に手を染めた。さらに第二次世界大戦中、徴兵を回避するために精神異常を装った。ニューヨークでは黒人男性が白人女性を相手する売春組織に入ろうとしたこともあったが、母方から白人の血が入っていたためその肌の色は漆黒ではなく赤みの強い濃い茶色、瞳も髪の色も茶色がかっていたため、肌の色が明るすぎるとして組織への入会を断られている。事実、彼は黒人の仲間達からその肌の色から「レッド」の愛称で親しまれていた。
コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Numark portable scratch
  
ブログ内検索
  
リンク
  
Finis edge fins
  
Vasa Trainer Pro
  
スポンサーリンク
  
copyright(c) 2005 アサノエンターテイメント Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )