競泳戦国時代のど真ん中を歩きまくるコーチの日記!! この道をいけばどうなるものか!! 迷わずいけよ!行けば分かるさ♪
Youtube of Kohei
  
プロフィール

koheijapan

Author:koheijapan
浅野晃平(35)*Kohei Asano*
KSGトキワ~福岡大学~枚方SS~KSG広島ミドリ
~PALO ALTO STANFORD AQUATICS
親父を超えるべく、PASAをサポートすべく
コーチング修行中!
チームでのボランティアコーチ二年間を経て、
USA Swimming の公認コーチになる。と同時に
PASAのアシスタントコーチに晴れて就任。
8シーズン。オリンピックイヤー。バーシティーグループコーチ。
2015-16年は50名の中学生、高校生スイマー達、そしてそれを共に応援してくれる保護者の方々と夢に向かって突き進む。
波瀾万丈、最高のコーチングライフ!

迷わず行けよ行けば分かるさ!

Kohei Asano

In 2007, he left his home country in order to pursue his goal in becoming a great swimming coach. He has a total of 12 years of coaching experience; 4 years in Japan and 7 years in the US. His passion for swimming and his cultural awareness makes him a unique and creative minded coach. In the few years that he has been here, he has adapted to the diverse coaching and managing styles of the American culture. His willingness to stand by the poolside 365 days shows his love and dedication to help his swimmers improve and overcome their challenges.

He has a special working visa that no one normally gets because one needs to get approval from the government. He is the only coach from abroad who is a H1-b visa holder also working at a swim club legally in USA. Kohei did not know any English when he moved to the United States. Now he can talk to everyone fluently. You will be surprised to know how much he was challenged to add English as a second language.

He appreciates all of the coaches who trust him by giving him the opportunity to coach the varsity group for the past 5 years. In addition to his responsibilities as the varsity group coach, he will continue to be the assistant to all coaches - Tony, Tisha, Carlene, Janet, Hilary and PASA pro team during the 2016 season. He will also be supporting all of Rinconada‘s programs this season.

Kohei is a fun and humorous guy with a lot of passion for swimming. He enjoys socializing with his Japanese and American friends during the weekends. He often attends BBQs and goes to the popular ramen joints in the bay area. He also enjoys watching mixed martial arts and professional wrestling and has an ever-growing collection of sneakers. He is married to his Japanese wife and they had their first baby this year. His son was born here, in the USA and his name is Kento. Kento is an American citizen!

Kohei Asano Rinconada site

Blog: http://koheijapan.blog71.fc2.com
Youtube: KOHEIJAPANREMIX
Instagram: SWIMCOACHKOHEI

  
月別アーカイブ
  
カテゴリー
FC2カウンター
  
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  
Youtubeプレイリスト
  
中邑 真輔vs柴田 勝頼
2014/ 07/ 22 ( Tue ) 14:30:23
第9試合30分1本勝負

「G1 CLIMAX 24」Aブロック公式戦
中邑 真輔vs柴田 勝頼
レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報
 かつて新闘魂三銃士に名を連ねたこともある中邑と柴田が、『G1』初戦で激突。両者のシングル対戦は、2004年の『G1』以来、10年ぶりとなる。
 
 ゴングが鳴っても、2人は慎重に動き、なかなか組み合わない。その後、ようやく組み合った2人がロープ際へ移動し、柴田がクリーンブレイク。
 すると、直後の似たような場面では、中邑が脱力してクリーンブレイク。怒った柴田がローリングソバットを叩き込み、フライングメイヤーからローキックを発射する。これを中邑がかわしてハイキックを放つも、柴田がバックステップで回避した。
 そこから両者がコーナーへもつれ込み、柴田が離れ際に張り手。中邑が怒って前進するも、柴田がエルボー連打でコーナーへ押し込み、串刺し低空ドロップキックを狙って距離を取る。ところが、中邑がカウンタージャンピングカラテキックで迎撃。
 ここで中邑は柴田をコーナー最上段へ固定し、ランニングニーアタックを放つ。ところが、柴田がエプロンへ逃れ、ロープを挟んでスリーパーホールド。そのまま強引に中邑を場外へ投げ捨てる。
 これで場外戦になり、柴田が鉄柵攻撃からジャンピングフロントハイキック。さらにリングへ戻ると、足4の字固めで追い討ちをかける。これはガッチリ極まっていたが、中邑は辛うじてロープエスケープ。
 さらに柴田は、中邑の頭を挑発的に何度も叩く。怒った中邑がエルボーを放ち、エルボー合戦が勃発。そして、中邑が強打で柴田を吹き飛ばし、バイブレーション式踏みつけ攻撃を繰り出す。
 ここで中邑はボマイェを発射するが、柴田が回避してコーナーに激突させる。だが、中邑が再び柴田をコーナー最上段へ固定し、今度こそランニングニーアタックをお見舞い。
 続いて中邑は、柴田の頭部をエプロンから外に出し、ランニングニーアタックを食らわせる。そしてリング上では、フロントネックロック、スリーパーホールドで追撃。
 次に中邑は、リバースパワースラムの体勢に入るが、柴田がカウンターキチンシンクで逆襲。そして、スリーパーホールドからバックドロップで叩きつける。
 さらに柴田は、ミドルキックで中邑を大きく吹き飛ばし、コーナーでエルボー連打。そして、今度こそ串刺し低空ドロップキックを見舞うと、フロントネックチャンスリーで追撃。
 しかし中邑は、柴田のつま先を踏みつけ、ジャーマンスープレックスホイップで投げ捨てる。すると、柴田がすぐに立ち上がって同じ技を返すが、中邑がバッククラッカーをお見舞い。
 その後、中邑のスリーパーホールドを柴田が切り返すも、さらに中邑が切り返し、今度こそリバースパワースラム。そこからボマイェを狙うが、柴田がジャンピングフロントハイキックで迎撃。
 これでエルボー合戦になり、柴田が左右のエルボー連打。さらに、ミドルキックを放つ。すると、中邑がスリーパーホールドで反撃に出るが、柴田が切り返してスリーパーを極め、中邑がダウン。
 さらに柴田は、中邑の背中にローキックを入れるが、次のPKは中邑が回避。そして、コーナーからジャンピングボマイェをさく裂させ、スライディングボマイェで追撃する。
 ここで中邑はとどめのボマイェを狙うが、柴田がカウンタージャンピングカラテキックで迎撃。さらに、バックブローからgo2sleepを食らわせると、最後はPKで中邑を撃破した。

第9試合30分1本勝負
「G1 CLIMAX 24」Aブロック公式戦
×中邑 真輔(15分27秒、PK→片エビ固め)柴田 勝頼○

コメント

柴田「なんもねぇか?」
――10年ぶりに中邑選手とのシングルマッチでしたけど。
柴田「それがどうした。他はないか? ひとつだけ……ビッシビシ行くからな! 以上」

中邑「あーはぁー! コンディションは、見事にばっちり!仕上げて来たよ。史上空前?空前絶後?そこに戦う為に、仕上げてきたさ!でも“勝負は時の運”ってか?オイ! 神様ぁー!そりゃ無いぜ! ホント、何て言っていいのか… 中邑真輔になんだ?こんなにも物語が降り注ぐ… 分かってるだろうがさぁ、ここは新日本のリングだ。プロレスのリングだ。ここで戦うがいい。エンドレスなんだよ」
※最後にカメラに投げキッスをし、その場を去っていった

     新日本プロレス公式HPより

バックステージのコメントがいい。

「ビッシビシ行くからな! 以上」

星野総裁とやっていたころが一番面白かったって記事を読んだことがある。

これはいくんじゃないか?このまま本当に、外敵として、親日を出て行った人間が。

ドラマは続く。

Resized baki-son-of-ogre-739972
見たいっ。活字プロレスはもう懲り懲り。

やっぱり生で、せめて動画で最新を追いかけたい。


コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Numark portable scratch
  
ブログ内検索
  
リンク
  
Finis edge fins
  
Vasa Trainer Pro
  
スポンサーリンク
  
copyright(c) 2005 アサノエンターテイメント Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )