競泳戦国時代のど真ん中を歩きまくるコーチの日記!! この道をいけばどうなるものか!! 迷わずいけよ!行けば分かるさ♪
Youtube of Kohei
  
プロフィール

koheijapan

Author:koheijapan
浅野晃平(35)*Kohei Asano*
KSGトキワ~福岡大学~枚方SS~KSG広島ミドリ
~PALO ALTO STANFORD AQUATICS
親父を超えるべく、PASAをサポートすべく
コーチング修行中!
チームでのボランティアコーチ二年間を経て、
USA Swimming の公認コーチになる。と同時に
PASAのアシスタントコーチに晴れて就任。
8シーズン。オリンピックイヤー。バーシティーグループコーチ。
2015-16年は50名の中学生、高校生スイマー達、そしてそれを共に応援してくれる保護者の方々と夢に向かって突き進む。
波瀾万丈、最高のコーチングライフ!

迷わず行けよ行けば分かるさ!

Kohei Asano

In 2007, he left his home country in order to pursue his goal in becoming a great swimming coach. He has a total of 12 years of coaching experience; 4 years in Japan and 7 years in the US. His passion for swimming and his cultural awareness makes him a unique and creative minded coach. In the few years that he has been here, he has adapted to the diverse coaching and managing styles of the American culture. His willingness to stand by the poolside 365 days shows his love and dedication to help his swimmers improve and overcome their challenges.

He has a special working visa that no one normally gets because one needs to get approval from the government. He is the only coach from abroad who is a H1-b visa holder also working at a swim club legally in USA. Kohei did not know any English when he moved to the United States. Now he can talk to everyone fluently. You will be surprised to know how much he was challenged to add English as a second language.

He appreciates all of the coaches who trust him by giving him the opportunity to coach the varsity group for the past 5 years. In addition to his responsibilities as the varsity group coach, he will continue to be the assistant to all coaches - Tony, Tisha, Carlene, Janet, Hilary and PASA pro team during the 2016 season. He will also be supporting all of Rinconada‘s programs this season.

Kohei is a fun and humorous guy with a lot of passion for swimming. He enjoys socializing with his Japanese and American friends during the weekends. He often attends BBQs and goes to the popular ramen joints in the bay area. He also enjoys watching mixed martial arts and professional wrestling and has an ever-growing collection of sneakers. He is married to his Japanese wife and they had their first baby this year. His son was born here, in the USA and his name is Kento. Kento is an American citizen!

Kohei Asano Rinconada site

Blog: http://koheijapan.blog71.fc2.com
Youtube: KOHEIJAPANREMIX
Instagram: SWIMCOACHKOHEI

  
月別アーカイブ
  
カテゴリー
FC2カウンター
  
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  
Youtubeプレイリスト
  
有名人、誕生日
2013/ 11/ 08 ( Fri ) 07:14:55
昨日日本人同士で夕食を共にしたのだが、、

そのときに「有名人の誰と誕生日が一緒か?」という話になった。

俺が高校生のときにそれは知っていたネタを俺は出した。

「4月4日はさ、いやーさんまのまんまにでとったきいちゃん、、それと桑マン、、」

と言ってみたものの、

このインターネットが流行ったこの時代。

もっと俺と同じ誕生日の有名人がいてもいいはずだ。

友人は加藤ローサ、マイケルジャクソンなど、、かなりの大物と同じ。

ちょいちょいとグーグルで検索してみたところ、

ぬううううううううううううううううううおおおおおおおおおお!!

すごい偶然だ。

なんとバキの作者である板垣恵介さんと誕生日が一緒だったのだ。

この板垣さんとは、よく俺がこのブログで好んで使う漫画のカットの作者。

こんなことが、、あったとは俺も驚きである。

読者の皆さんはあまり気持ちよくないかもしれないが、、

Resized imgeaa1ffb6d4ae27dcac333
Resized 20030922220231
俺は使い続ける。。非公式のこのブログで笑

この絵のタッチ、キャラクター、台詞、、全てが好きなのだ。




さてと、プールにいくか、、
Resized IMG_5302
Resized IMG_5301




板垣 恵介(いたがき けいすけ、1957年4月4日 - )は、日本の漫画家。北海道釧路市出身。本名・板垣博之(いたがき ひろゆき)。主に格闘技を題材とした作品を得意としている。 座右の銘は「不自然主義」。
来歴[編集]

少年時代から格闘家に対する憧れが強く、高校時代には少林寺拳法に励み、二段位を取得した。高校卒業後、一旦地元企業に就職するも間もなく退職、20歳のときに陸上自衛隊に入隊し、第1空挺団に約5年間所属。その間、アマチュアボクシングで国民体育大会に出場したこともある。
その後、B型肝炎を患って自衛隊を除隊。1年近い入院生活を送った後、職を転々としながらの生活を送っていた。1987年、漫画家として身を立てようと小池一夫主催の漫画教室『劇画村塾』に入塾(東京第六期生)。
小池一夫原作の漫画『傷追い人』の主人公・茨城圭介と自身の妻・惠子の名前からペンネームを取って『板垣恵介』とし、1989年、『メイキャッパー』でデビュー。1991年、週刊少年チャンピオンに『グラップラー刃牙』の連載を開始、2012年、シリーズ第3部となる『範馬刃牙』を完結させる。
代表作である『グラップラー刃牙』シリーズや『餓狼伝』のような、格闘漫画の分野において高い人気を誇っている。
絵柄に関しては池上遼一、谷口ジロー、鳥山明の影響を受けていると語っている[1]。また、女性の描き方はおおた慶文の影響が強いとのこと[2]。
作画時にボディビルの雑誌を参考にしているため、筋肉を緻密にかつ誇張して描く傾向が強い。これについては「ボディビルダーがあれだけ肉体美を持ちながら鑑賞のみにとどまっているのがもったいなく、自身の漫画の中では願望として格闘家の肉体もボディビルダー的に描いている」という旨の発言をしている[3]。また、板垣の作業机最下段の資料棚には、人体解剖学や医学の専門書が常備されているという。
キャラクターを手をヒジより先、足はスネより先を長く描くことを意識している。そうすることにより動きが速そうに見え、立ってるだけでスピード感のある絵になるという[4]。
キャラクター同士が対峙し、にらみ合うなどの緊迫した場面で、背景が歪む描写は自分が初めて行ったと主張している[5]。
まず原稿用紙のコマ割りを決めた後、コマを個別に切り離して一コマ単位で描き上げ、作業終了後それらを貼り合わせてページを作るという独特の手法で作品を制作している。これは、大勢のスタッフが手分けして作業できるよう編み出された工夫であるという。緊急時にはひとコマを複数に切り分けて作業分担する。
登場するサブキャラクターに多くの尺を割き、丁寧に(主に格闘技の試合などを)描写しているのも特徴。これは自身が読んでいた作品が、主人公以外の闘いは大幅に省略されていることに不満を持ったのが発端で、「『あしたのジョー』で力石とカーロス・リベラが闘ったらどうなるのか?」といったものを表現したかったと語る[6]。その影響で主人公が長い間登場しなかったり、狂言回し的な役割に徹することも少なくない。
ムエタイ、柔道といった一般的に『強い』といわれる格闘技の選手をかませ犬的に描写することが多い。これについて「強いとされている格闘技をあえて重要な斬られ役にすることで、キャラクターの強さを印象付けるため」と語っている[7]。
多くの格闘家、武道家と親交があり、自身の作品の中にもそれらが原型となった登場人物が多数登場している。
勢いに任せた作風に見えるが、勝敗等の部分はあらかじめ決めているとのこと。『グラップラー刃牙』の最大トーナメント編も、全試合の勝敗は決めていたが、「花山対克巳戦は、描いている途中で勝敗が変わりそうになった」と語っている。
時おり描写される極端な強さの表現などが、ギャグと捉えられることがある。板垣自身も「漫☆画太郎から同業者と呼ばれた」「ネットでは『刃牙は格闘技漫画の名を借りたギャグ漫画』と書かれている」と認めている。あまりに凄すぎる事柄に対しては「笑っちゃう様な」と言われる場合があるため、板垣自身もそうした表現を目指してるという[8]。

   ウィキペィアより
コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
4975
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/11/08(Fri) 15:57:32|-|URLMAIL編集/削除
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Numark portable scratch
  
ブログ内検索
  
リンク
  
Finis edge fins
  
Vasa Trainer Pro
  
スポンサーリンク
  
copyright(c) 2005 アサノエンターテイメント Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )