FC2ブログ
競泳戦国時代のど真ん中を歩きまくるコーチの日記!! この道をいけばどうなるものか!! 迷わずいけよ!行けば分かるさ♪
AET VLOG
check it out everyday every moments!
  
Youtube of Kohei
  
プロフィール

koheijapan

Author:koheijapan
浅野晃平(36)*Kohei Asano*
KSGトキワ~福岡大学~枚方SS~KSG広島ミドリ
~PALO ALTO STANFORD AQUATICS〜大阪体育大学水上競技部
親父を超えるべく、スイマーを導くべく
コーチング修行中!
チームでのボランティアコーチ二年間を経て、
USA Swimming の公認コーチになる。と同時に
PASAのアシスタントコーチに晴れて就任。
8シーズン。オリンピックイヤー。バーシティーグループコーチ。
2015-16年は50名の中学生、高校生スイマー達、そしてそれを共に応援してくれる保護者の方々と夢に向かって突き進む。
波瀾万丈、最高のコーチングライフ!

迷わず行けよ行けば分かるさ!

Kohei Asano

In 2007, he left his home country in order to pursue his goal in becoming a great swimming coach. He has a total of 12 years of coaching experience; 4 years in Japan and 7 years in the US. His passion for swimming and his cultural awareness makes him a unique and creative minded coach. In the few years that he has been here, he has adapted to the diverse coaching and managing styles of the American culture. His willingness to stand by the poolside 365 days shows his love and dedication to help his swimmers improve and overcome their challenges.

He has a special working visa that no one normally gets because one needs to get approval from the government. He is the only coach from abroad who is a H1-b visa holder also working at a swim club legally in USA. Kohei did not know any English when he moved to the United States. Now he can talk to everyone fluently. You will be surprised to know how much he was challenged to add English as a second language.

He appreciates all of the coaches who trust him by giving him the opportunity to coach the varsity group for the past 5 years. In addition to his responsibilities as the varsity group coach, he will continue to be the assistant to all coaches - Tony, Tisha, Carlene, Janet, Hilary and PASA pro team during the 2016 season. He will also be supporting all of Rinconada‘s programs this season.

Kohei is a fun and humorous guy with a lot of passion for swimming. He enjoys socializing with his Japanese and American friends during the weekends. He often attends BBQs and goes to the popular ramen joints in the bay area. He also enjoys watching mixed martial arts and professional wrestling and has an ever-growing collection of sneakers. He is married to his Japanese wife and they had their first baby this year. His son was born here, in the USA and his name is Kento. Kento is an American citizen!

Kohei Asano Rinconada site

Blog: http://koheijapan.blog71.fc2.com
Youtube: KOHEIJAPANREMIX
Instagram: SWIMCOACHKOHEI

  
月別アーカイブ
  
カテゴリー
FC2カウンター
  
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  
Youtubeプレイリスト
  
AET VLOG include youtube
check it out everyday!
  
辛かったことBEST3
2009/ 02/ 17 ( Tue ) 12:37:32
あー腹立つ。かー腹立つ。コンピューターの前で四苦八苦!

オンラインでビザ取得のための面接日を決めんといかんのやけど

まじ意味分らん。

無理やり必要項目を埋めて、さーきたか!?と思ったら

プリントアウトが必要ですって

俺んちプリンタねーし!!!!!ややっこしーー!




最近よくいろんな人に質問されること

Q,辛かったことはなんですか?死にそうになったことベスト3は?

うーん

4位、道に迷いまくるけん辛い。いかんせん土地勘がないけんねー。

もう毎日がファミコン版ゴエモンの迷路。






3位、プールサイドが寒くて死にそう。

だって外やし、普通に雨も降るし。。





2位、みんなが何ていいよるか分らんのが苦しい。

スローリーとかワンモアーとかもう俺はオジイサンか!?ってくらい聞き返す。

あと恥ずかしいけど、分かったふりをしてしまう自分がいる。





1位、飲み会がサンタクララであって、その帰り終電がなくて、よしチャリで気合入れて帰ろう!

っと思い、雨が土砂降りになり、道も分からず、3時間くらいさまよった。

あれは初めて半泣きになった。結局戻って車で送ってもらった。






うーんでもやっぱ裏リアルブッチギリ一番は

うまくコミニケーションできないということだろうか…


俺ははっきりいってコミニケーション命型コーチだ!

俺は話すのが好き。

俺の話は選手のテンションをあげ、回りの人間に熱を与え、チーム力を高める。

俺は会話と表情で選手の状態を理解する。



しかしそれができない。目を見りゃ青だし(笑)

もー話せない、うまく伝えれないというのは

俺にとってそーとー辛かった。

これ一位かなー!








あー話が暗い。。思い出す。。楽しかった話★


アルカトラズ島へ。

サンフランシスコ市街からフェリーで15分ほど、2.4km離れた
沖合にある島。
昔、悪名高い囚人たちが投獄された刑務所があります。
今では観光名所として、ありのままの刑務所跡を見ることができます。


孤島にあるこの刑務所に収容された有名極悪人と言えば
アル・カポネやロバート・フランクリン・ストラウドなど。

周りの潮流が早いこの孤島からの脱出はなかなか難しく
実際に成功したのは3名のみ。
未だに指名手配になっているらしいです。

映画にもなっています。
『アルカトラズからの脱出 Escape from Alcatraz』
『告発 Murder in the First』
『終身犯 Birdman of Alcatraz』など。


事前にチケットを予約購入し、船が出るPire 33に向かう。
この日は平日でお天気もあまり良くなかったのもあり、
かなり空いていた。
ちょっと早めに着いたので、受付でチェックインすると同時に
一本前のフェリーで向かうことに。

遠くから見ていたこの島を今目の前で見ている。
わくわく感から次第にドキドキ感へと変わる。
なんだろ?ちょっと不気味で何かを訴えかけてくるような。。。
古いし、汚いし。。。

船を降り、係の人の説明を聞き、
早速中へ。
初めに到達する建物では
簡単にこの刑務所の内容を説明する映画?案内?を見ることが出来る。
それを終え、少し坂を上ったところにいわゆる牢屋がある。

薄暗い通路を通り、建物の中へ入り、まずはオーディオガイドを受け取る。
これは日本語もあるので必ずゲット。
それをはめて、スタート地点まで歩き、スイッチを押す。
みんなに同じ内容の案内が流れる。
ちょっと小芝居が入ったガイドで面白い。



いやー初めて刑務所の中に入ったけれど
こんなに狭くて無機質な空間だと思わなかった。
まぁ温かみのある空間なわけがないのだけれど
それにしても狭いし居心地のいいものは一つも見当たらない。
トイレも小さいし、ベッドも小さい。
それぞれ、昔のまま残っている部屋もあれば、何もない部屋もあって
年期が入っているというか、とてもグロテスクというか。。。
一応、その部屋の中に入ることができる。
ちょっと躊躇するけど、観光地!だと思って入ってみた。
うーん。あまりいい気はしないな・・・

鉄格子からの陽が入るのはごく一部で、ほとんどの部屋には陽が入ることはない。
サンスランシスコ、孤島の冬の気温は相当寒いだろう。
もちろん、暖房器具とかも無かったんだろうと思う。


前にも書きましたが、脱獄を試みた囚人は何人もいたそうです。
その中にスプーンを使って壁に穴を掘り、1年がかりで脱獄した二人は
今もまだ見つかっていないそうです。
スプーンで人が一人通れる穴を掘ったんです。すごい!
そのあとはちゃんと残っていました。

ほかの囚人は自分のダミーを作り、
ベッドに寝かせて、見回りの目を盗んで
夜中に脱獄したそうです。
そのダミーの顔を模ったマグネットとか
お土産で売ってたりして・・・・微妙・・・


当時の署長や監視員たちは

どうしてこんなところで昼夜関係なく囚人たちの見回りをしているんだ・・・
少し離れたサンスランシスコの街では自由にレストランで食事をしたりお酒を飲んだり
楽しめることがたくさんあるのに。。。

と常にうらやましく感じていたようです。



人生で初めての体験をしました。
とても興味深く面白い内容でした。
でも、心のどこかで辛さを感じることもしばしばあり、
そういった意味でも、いい経験をしたというかんじです。


毎年夏に開催される

アルカトラズ・シャークフェスタ・スイム

という大会があって、
いわゆるアルカトラズからの脱出に挑戦!
的なスイミングイベントです。

私の友人がエントリーするようなので
是非ゴールで応援したいと思います。

いやぁ~
アメリカってすごいことばっかり!




一緒にいったセレブ夫妻のブログ


さーて ザ・ロック借りにいこーっと★
北九 017
MDRF 059




コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Numark portable scratch
  
ブログ内検索
  
リンク
  
Finis edge fins
  
Vasa Trainer Pro
  
スポンサーリンク
  
copyright(c) 2005 アサノエンターテイメント Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )