FC2ブログ
競泳戦国時代のど真ん中を歩きまくるコーチの日記!! この道をいけばどうなるものか!! 迷わずいけよ!行けば分かるさ♪
AET VLOG
check it out everyday every moments!
  
Youtube of Kohei
  
プロフィール

koheijapan

Author:koheijapan
浅野晃平(36)*Kohei Asano*
KSGトキワ~福岡大学~枚方SS~KSG広島ミドリ
~PALO ALTO STANFORD AQUATICS〜大阪体育大学水上競技部
親父を超えるべく、スイマーを導くべく
コーチング修行中!
チームでのボランティアコーチ二年間を経て、
USA Swimming の公認コーチになる。と同時に
PASAのアシスタントコーチに晴れて就任。
8シーズン。オリンピックイヤー。バーシティーグループコーチ。
2015-16年は50名の中学生、高校生スイマー達、そしてそれを共に応援してくれる保護者の方々と夢に向かって突き進む。
波瀾万丈、最高のコーチングライフ!

迷わず行けよ行けば分かるさ!

Kohei Asano

In 2007, he left his home country in order to pursue his goal in becoming a great swimming coach. He has a total of 12 years of coaching experience; 4 years in Japan and 7 years in the US. His passion for swimming and his cultural awareness makes him a unique and creative minded coach. In the few years that he has been here, he has adapted to the diverse coaching and managing styles of the American culture. His willingness to stand by the poolside 365 days shows his love and dedication to help his swimmers improve and overcome their challenges.

He has a special working visa that no one normally gets because one needs to get approval from the government. He is the only coach from abroad who is a H1-b visa holder also working at a swim club legally in USA. Kohei did not know any English when he moved to the United States. Now he can talk to everyone fluently. You will be surprised to know how much he was challenged to add English as a second language.

He appreciates all of the coaches who trust him by giving him the opportunity to coach the varsity group for the past 5 years. In addition to his responsibilities as the varsity group coach, he will continue to be the assistant to all coaches - Tony, Tisha, Carlene, Janet, Hilary and PASA pro team during the 2016 season. He will also be supporting all of Rinconada‘s programs this season.

Kohei is a fun and humorous guy with a lot of passion for swimming. He enjoys socializing with his Japanese and American friends during the weekends. He often attends BBQs and goes to the popular ramen joints in the bay area. He also enjoys watching mixed martial arts and professional wrestling and has an ever-growing collection of sneakers. He is married to his Japanese wife and they had their first baby this year. His son was born here, in the USA and his name is Kento. Kento is an American citizen!

Kohei Asano Rinconada site

Blog: http://koheijapan.blog71.fc2.com
Youtube: KOHEIJAPANREMIX
Instagram: SWIMCOACHKOHEI

  
月別アーカイブ
  
カテゴリー
FC2カウンター
  
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  
Youtubeプレイリスト
  
AET VLOG include youtube
check it out everyday!
  
さあ体大チャンピオンシップ直前!
2019/ 10/ 31 ( Thu ) 10:26:56
やっぱりホームプールで試合しないと!

毎年参加者は増えているが今年は爆発。

約700名、200種目追加、かなりのビッグミートに成長した。

そりゃーそうだ。できたばっかの時から言っている。このプールは日本一泳ぎやすいって。

だ、か、ら!

選手もやる気になるし燃える。

だ、か、ら!

ベストがバンバン出る。



ジュニアスイマーにはこの最初のシーズンでJOくらい切ってほしいし

泳ぎやすいし、短く見えるし、バンバンベスト出るしリレーもあるし。

とにかくOUHSプールは色々な人に見せないといけない。


勿論来てもらいたいので今日は少しだけ練習を早く終わっておめかし!
IMG_2677.jpg
試合用コースロープへ張り替え。

さあさあさあさあ。

ようこそ大阪体育大学へ。一年に一回?いや来年は二回?

熊取町で思い出を作ってほしいね!
今日は29日(肉の日)
2019/ 10/ 30 ( Wed ) 00:35:35
今日は肉の日だからなー。

ウエイトの日と重なったなー。

ほくほくの最新動画をどうぞ⇩


ぶっきらぼう店長に新日本プロレスTシャツをプレゼント!#AETVLOG

10月29日(火)17:00~22:00(LO21:00)は
肉の日イベント開催!
・リブロースステーキ300g
・サーロインステーキ300gが
通常2400円のところ特別価格の1800円(税別)となります!
皆様のご来店をお待ちしております
☎072-488-7203
ご予約はお早めにお願いいたします。


自主性が芽生えてきた
2019/ 10/ 29 ( Tue ) 23:43:56
小さい声や小さいやる気に耳を傾ける。

失敗してもいいから思い切ってやらす。

背中見て学べ、俺がいいって言うまで、、、

なんか言ってたらきりがない。遅い。戸惑う。恐れる、今の子は。

コーチがグッと言いたいことを我慢して、口出さないほうがいいことは多々ある。

大学生は何でも自分達でやる。それが大学チームでやる大きなメリットでもある。


最近はマネージャーのハレ、シモが率先して選手のサポートや見本となってやってくれる。

いいやん。


体大マネージャーが作るワークアウト最強説!#OUHSSWIMFILM


俺はサヤカやユキナのコピーロボットを作りたくない。

新しいアイデアやその人にしかできないスペシャルホールドを

チームに落とし込みたい。自信持ってこの調子でやってほしい。
IMG_0845.jpg
GOOD JOB!
ゲスト!とレビュー
2019/ 10/ 28 ( Mon ) 23:20:03
なんでも一人より二人だ!

やばいのもうまいのもいいのも、

俺は独り占めしたくない。共有、共感する方が好きなのだ。

スペシャルゲストはコーチでありトレーニーでもありスイマーでもある

待望論でまくりのOUHS水上先生!

その感性とコメントもどうぞ。


やばいのが入っているプロテインを飲む!#AETVLOG

IMG_2308.jpg
本腰入れる。スイッチオン
2019/ 10/ 28 ( Mon ) 23:07:26
さあ。進化したコーチングのお披露目だ。

約二週間預けた。状態はどうなってるかな?

安心したよ。目はギラギラしている。さあその眼をさらに見開け。

申し訳ないが、俺が入ると全く別のチームになる。俺はゲームチェンジャー。全てやる気を高める。

さあ行こう!次の世界へ。
IMG_2488 2

IMG_2491 2
強化すべきはスイムだけではない。ウエイトも。圧倒的に。

シーズン直後の測定であったが、、、体重超過もチラホラ。

しつこく言ってただけにちょっとだけショックだったが、

俺がいなかったのも原因。誰かが見ていた方がいい。

IMG_2519.jpg
IMG_2518.jpg
シェア。年に3回。安田トレーナーにお願いしてデータを測定。

色々な人の脳みそは使いまくる。大人の眼は何個もあった方がいい。

ジムに懸垂バーが増えていたので懸垂の数値だけは下げたくなかったが

チーム平均も10回越え。全部活女子で最高数値だった。よっしゃー!


浅野の血
2019/ 10/ 28 ( Mon ) 05:46:16
弟がナイキとコラボレーション!

さあ。東京へ。


NIKE KICKS LOUNGE #5 lee (asano+ryuhei)

“今後TOKYOのアートシーンを率先するであろう12人のアーティストが12ヶ月連続でNIKE KICKS LOUNGEに登場”

半蔵門にあるアートスペースANAGRAが、NIKE KICKS LOUNGE OMOTESANDOにて行われている企画、“NIKE BY YOU”のキュレーションを12ヶ月連続で行う。この企画は今後TOKYOのアートシーンを率先するであろう12人のアーティストが本企画の為に描き下ろした作品をTシャツやパーカーの好きな場所にプリントできるというもの。アーティストは1ヶ月ごとに更新され、さらに店舗では展示も行われる。
今回は購入者限定でleeによる手書きのステッカーをプレゼント致します。





まさに裏イベント!永楽ダム公園ワンダーフォレスト!
2019/ 10/ 28 ( Mon ) 05:41:58
俺たちが雨山祭で、、

ワークアウトと文化祭を楽しんでいる時に、、
IMG_2527.jpg
IMG_2529 2


その体大から走って10分。ランニングコースの先でワンダーフォレストというローカルイベント。

去年初で今年は二日間開催。駐車場に車を止めるまで二時間というマンモスイベントと成長なるか?

IMG_2548.jpg
IMG_2550.jpg
これは初日。目玉はナイトシアター。しかも外。

寝袋を持って寝っ転がって観る。これは成功してほしい。
IMG_2562.jpg
フードトラックも。ここのホットドッグ、うまかったな。


DAY2はなんと大盛況!
IMG_2577.jpg
IMG_2578.jpg
IMG_2579.jpg
IMG_2580.jpg
去年の主催者発表5000人は余裕で越えている感じ。

泉州の泉佐野市熊取町なんやけんイベントなんか打って打って打ちまくった方がいい。

これは大盛況。田舎かもしれないが、ここからしか発信できない何かがある。

だからローカルイベントはヤメられない。

IMG_2587.jpg
IMG_2590.jpg
IMG_2597.jpg
アンリマイリも初めての生バンドに大興奮!

締めの一曲は「今夜はブギーバック ー熊取REMIXー」これはまじで良かった。



さあこっからは本邦初公開。アイフォン11での写真!
IMG_2613.jpg
IMG_2614.jpg
IMG_2602.jpg
IMG_2615.jpg
IMG_2609.jpg
IMG_2607_20191028053320c4e.jpg
ポートレートって、、すげー!驚


IMG_2619_20191028053354539.jpg
IMG_2620_201910280533556b8.jpg
IMG_2618_20191028053357f30.jpg
IMG_2621.jpg
収穫はケント。目覚めるようにアートに夢中。浅野の血を引いている。

IMG_2622.jpg
ほう。芸術が爆発しているな!!



毎年の楽しみ、雨山祭
2019/ 10/ 27 ( Sun ) 06:48:25
勿論体大。スポーツ中心の特殊な文化祭なのだが、、

歌を歌ったり、大笑いしたり、模擬店を出したり

その時は毎年試合だから、、行きません!行ったことありません!はなし。文化祭は面白いんだから。

とにかく楽しんでもらいたい。学生ライフも目を瞑るな。
IMG_2545.jpg
IMG_2539.jpg
施設の広さを使って総合スポーツを土日の二日間で。

汗だくになる。試合ばりに笑


IMG_2533_20191027064437a66.jpg
前日の風景。ステージ。






マジなブレイキングニュース!
2019/ 10/ 25 ( Fri ) 10:49:08
速報!たった今これで4年生の進路が全員決まった!

ユキナ!早稲田大学大学院!
IMG_2512_2019102510470366b.jpg
みんなの進路が決まって行くなか不安や焦りもあっただろう!解放!そしてビッグニュース!

よく頑張ったな!本当におめでとう!
読んでほしい卒論!
2019/ 10/ 21 ( Mon ) 23:00:16
実は!

天理大卒、枚方スイミンググループ、現ナックル校でメキメキと力をつけている松尾コーチが、

オレをモチーフにした卒論を書いてくれた。

若いコーチ、女性コーチには特に興味深い記事になると思うので

是非読んでもらいたい。


恐らく、、、

松尾コーチ(NACL)、茶屋コーチ(天理高校)は若手ナンバーワンの競泳マニア。

頭の中をのぞいてもらいたい。それくらい色々なことを取り入れ吸収しているマニアだから。


I. はじめに 2

II. コーチ 3
1. コーチ、コーチングの定義 3
2. アメリカと日本のコーチの資格の比較 3

Ⅲ. アメリカの強さ(競泳の場合) 5
1. リオ五輪までのメダル獲得数. 5

Ⅳ.アメリカのスポーツ文化 6
1. 施設面、ボランティア 6
2. 黒人と水泳 6

Ⅴ. コーチング時の言葉の力 8
1. 褒める言葉、コミュニケーション 8
2. 言葉の伝え方 9

Ⅵ. 今後どう活かしていけるのか 9
1. 自分の今の指導はどうなのか 9

Ⅶ. おわりに 10

アメリカと日本のコーチングの違い
─アメリカの文化をふまえて─

Ⅰはじめに

今回、アメリカと日本のコーチングの違い-アメリカの文化をふまえて-という題目で卒業論文を執筆するにあたって、この題目を選んだ理由は、自分は0歳6ヵ月からプールに入り、1度けがで現役を退くまでの約20年間、競技者としては約11年間水泳をしてきた。おもな競技成績でいうと中学2年生の時に初めてジュニアオリンピックに200m個人メドレーで出場、中学3年生で全国中学水泳競技大会に200m個人メドレーで出場。高校3年生の時に全国高等学校総合体育大会水泳競技大会に800mフリーリレーで出場した経験がある。大学へ入学後も水泳部で競技を続けていたが大学1年生の冬に腰椎椎間板ヘルニアを発症し、半年のリハビリを続けながら競技を続けていたが、回復のめどが立たないため競技から退いた。その後、自分の中での迷いや、満足いく引退の仕方もできなかった悔いなどもあり水泳から少し離れていたが、単純に水泳が好きという事、水泳から離れたくないという事もあり、昔指導いただいていたコーチからの誘いもあり2年ほど前からアルバイトであるが、スイミングスクールのコーチとしてコーチングを行っており。今現在、ジュニアコースでは4歳から13歳ぐらいの年齢層、ボビング、バタ足から4泳法泳げる子供まで曜日、時間別ではあるがトータル約190人程度の子供の指導を行っており、また成人のレッスン、選手コースのアシスタントコーチとしてのコーチングを行っている。スイミングスクールでコーチを始めた当初自分は、物心ついた時から水泳に触れていて泳げない感覚を覚えていなかった為、コーチングはとても難しかった。また、感覚だけではなく分かりやすく理論などを組み込んで伝えないといけないので始めた当初はとても難しかった。今では、伝え方や自分のやり方も見つけてきたので始めた当初よりはコーチングを出来ているのかと思う。しかしまだ満足していないし、今後もコーチングに完全に満足することはないと思う。自分がスイミングスクールでコーチとしてコーチングをしている中で日本のコーチングは海外などから客観的に見てどうであろうか、アメリカのコーチングはどういったことが行われていてどういう風にしているのかだろうと思い始めた。
また、現在日本のスポーツ界ではコーチ、監督による体罰問題、パワーハラスメント、危険な反則行為強要などが大きく問題になりニュースなどでもよく取り上げられている。実際自分が選手でやっている時代は、怒られたりきつい言葉を投げつけられたりもしていた時代であった。また、特に今年は、例年より多く大きな問題があったのではないかと思う。具体的に例を上げていくと2018年1月レスリング日本協会からの強化本部長からの女子選手へのパワーハラスメント問題2018年5月アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦にて、日本大学の選手がプレー中断後、関西学院大学の選手に監督、コーチの指示で背後からタックルをして怪我をさせた事件。2018年8月体操女子選手に対してコーチからの暴力行為、体操協会役員によるパワーハラスメント疑惑(https://www.asahi.com/articles/ASL9D4TGGL9DUTQP028.html)そういった日本スポーツ界の問題などを考えたときに果たして日本のコーチングを主観的にしか見ることができていないのはよくないのではないかと思い、アメリカと日本のコーチングの違い、文化の違いを考察し比較し客観的に見ていいと思うところは取り入れ、今後の自分のコーチングに取り入れていきたいと思いこの題目を選び執筆を始めた。
また、アメリカの文化を調べ考察する中で、スポーツと黒人の問題は触れずにはいれない問題であると思う。アメリカのスポーツ文化の題の所で、日本人に人気のあるベースボール、バスケットボール、アメリカンフットボールなどの主要なプロ球技スポーツや陸上競技陸上競技での黒人選手の存在感に比べると、水泳が黒人に疎遠に見えるスポーツであると書き出した。おそらく、競技のトップ選手に黒人が他の日本人に人気のある競技に比べて少ないであろう、競泳にフォーカスを当てて調べて、考察してこの卒業論文の中に組み込んでいこうと思い取り入れた。この上記の事柄がアメリカと日本のコーチングの違い-アメリカの文化をふまえて-という題目で卒業論文を執筆する理由である。


 コーチ

1. コーチ、コーチングの定義

現在では、スポーツを指導する立場にある人をコーチと呼んでおり、指導する行為そのもの事をコーチングと呼んでいる。もとをたどれば、コーチとは元々の語源はハンガリー北部の村「KOCS」に由来し、この村では、伝統的に四輪馬車が作られており、村の名前が四輪馬車の代名詞となり、村の名前にちなんで「KOCSI」と呼ばれ「KOCSI」が英語に入っていき「COACH」になったとのことである。なので、元々は四輪馬車を意味するものであった。その後、指導をする立場の者が「学習者を運ぶ道具」と例えられたということから、馬車を意味している「コーチ」が学業やスポーツを指導する立場の者の事を意味するようになった。それが、19世紀初期のイギリスにおいて、家庭教師を意味する言葉として使われるようになり、さらにはスポーツの場面全般的にも使われるようになっていったとされている。また、教育に関連してこの言葉を使うようにしたのは、パブリックスクールや大学のスポーツマンであったとされている。やがてそれが、スポーツ全般にひろがっていったとされている。なので「大切なものを送り届ける」という意味で馬車を語源とする説が定説となっている。(二杉 3項)(日本コーチング学会12~13項)

2 アメリカと日本のコーチの資格の比較

アメリカと日本とのコーチの資格の比較をしていきたいと思う。コーチングするにあたっての資格について述べていきたいと思う。ここでは、水泳のコーチの資格を例に挙げ取り上げて比較していきたいと思う。日本では、公認コーチと上級コーチの二種類の資格が公益財団法人日本水泳連盟から発行されている。まず一つ目の公認コーチとは、公益財団法人日本水泳連盟の規定の中で「科学的・合理的な水泳指導理論を身につけており、競技者の発掘・育成・指導に当たることのできる能力を備えたものであることを本連盟が公認したコーチをいう。 またジュニア遠征派遣コーチは、この資格が必要となる。」(公益財団法人日本水泳連盟 公認コーチ・上級コーチ規定http://swim.or.jp/upfiles/1523512898-コーチ規定20180401改訂版.pdf)とされている。また、公認コーチの資格を取得する為の受講資格と方法は公益財団法人日本水泳連盟によって「4月1日現在満20歳以上で、(公財)日本スポーツ協会が行う共通科目講習会、(公財)日本 水泳連盟が行う専門科目講習会を受講し、検定試験およびレポート審査に合格した場合 にコーチの資格を取得することができる」(公益財団法人日本水泳連盟 公認コーチ・上級コーチ規定http://swim.or.jp/upfiles/1523512898-コーチ規定20180401改訂版.pdf)となっている。二つ目の上級コーチとは、公益財団法人日本水泳連盟の規定の中で「豊かな実戦経験あるいは優秀競技者・チーム等の育成実績をもち、かつ高度な専門 知識・技量・指導力を有し日本を代表する競技者の育成・指導の経験を有するとともに、人格・識見とも優れた日本を代表するコーチとして本連盟が公認したコーチをいう。またジュニア遠征派遣ヘッドコーチおよびナショナルチーム遠征派遣コーチは、この資格が必要になる。」(公益財団法人日本水泳連公認コーチ・上級コーチ規定http://swim.or.jp/upfiles/1523512898-コーチ規定20180401改訂版.pdf)とされている。また、上級コーチの資格を取得する為の受講資格と方法は公益財団法人日本水泳連盟によって「4月1日現在満22歳以上で、コーチ資格を有するものが、各競技種目ごとに定めた 基準を充たす競技者・チーム等を育成し、(公財)日本水泳連盟が行う資格審査会に 合格後、(公財)日本スポーツ協会が行う受講者審査および共通科目講習会、(公財)日本 水泳連盟が行う専門科目講習会を受講し検定試験およびレポート審査に合格した場合 に上級コーチへ昇格することができる。ただし、4年以内に講習会を受講しないものは 受講資格を取り消すものとする」とされている。また、公認コーチ、上級コーチともに公益財団法人日本水泳連盟に登録しているコーチは毎年公益財団法人日本水泳連盟が主催している研修会に参加して研修を受けなければならないという決まりがある。次はアメリカのUSA SWIMMINGが発行しているコーチングするためのコーチのライセンスについてだ。まず、最初に述べておこうと思うがアメリカのコーチのライセンスのルールは日本と違い安易なものではない。それを踏まえたうえで述べようと思う。また、USA SWIMMINGが発行しているコーチのライセンスの規約だが日本語に訳し要約し基準する。7つのステップがありそれをすべて完了させた者しかライセンスを取得することができない。1つ目は犯罪歴がないかのクリミナルチェックがある。過去に一度でも犯罪を、犯した事がある人はライセンスを永久に取得することができない。また、ライセンスを既に持っている時に犯罪をおかしてしまった場合ライセンスは永久に剥奪される。2つ目は、CPR(心肺蘇生法)とAEDの講習を受け認定証をもらわなければならない。3つ目は水泳のコーチとしての安全トレーニング要するに溺れている人を泳いで助けに行けるかなどで、ライフセーバーみたいなものである。4つ目は自分の所属する地域のスイミング委員会を決定すること。5つ目6つ目は会費の支払い、CPRとAEDの認定書を所属する地域のスイミング委員会に送ること。7つ目は1年目、2年目は指導者になるための基盤を作るための講習、問題の解答をしなければならない。この7つのステップを完全に完了したものだけがUSA SWIMMINGが発行しているコーチのライセンスを習得することができる。また、この中の一つでも漏れてしまうとライセンスを取得することができない。(https://www.usaswimming.org/docs/default-source/coaching-resourcesdocuments/coach-membership-requirements/coach-requirements.pdf)上記に記述した日本のコーチの資格の規定アメリカのコーチのライセンスの規定をもとに比較していきたいと思う。まず、根本的にアメリカのライセンス取得の規定に対して日本のコーチの資格取得の規定がいかに少ないかということである。その中で特に比較し考察しようと思った内容が二つある。一つ目は日本のコーチの資格取得の規定では、CPRやAEDなどの講習を受けなくてもなれるがアメリカではなれない。何かプールなどで事故が起きた時のための予防が徹底しており日本もやるべきだと思う。もし、日本のプールで急な事故が起きた時に適切な対応を瞬時にできる日本のコーチが何人いるのだろうかと思った。二つ目は犯罪歴がないかのクリミナルチェックがあるかないかである。日本にはなくってアメリカにはある。また、アメリカでは過去に一度でも犯罪をおかした事がある人はライセンスを永久に取得することができない。また、ライセンスを既に持っている時に犯罪をおかしてしまった場合ライセンスは永久に剥奪されるということがあるが、日本の場合規定にそういった内容がないため極端な話犯罪歴があるものでもコーチの資格を取得することができる。例えば、アメリカのどこかのスクールでパワハラの問題を起こしてしまったコーチがいるとしよう、そのコーチはライセンスを剥奪され二度とコーチをすることができない。たとえ、所属するスクスクールや地域のスイミング委員会を変えても二度とコーチという職業に戻ることはできない。だが日本の場合は違う。日本の場合例えばAスイミングスクールでパワハラ問題を起こしてしまったとしてもコーチの資格をおそらく剥奪されることもなくAスイミングスクールでコーチをできない状況になってもBスイミングスクールでコーチング業をすることができる。上記に記述した事柄から、日本のコーチや指導者のパワハラ問題や体罰問題が多くアメリカではそういった事件がほとんど聞くことがないという事に関連しているのではないかと考える。もしアメリカで、コーチや指導者のパワハラ問題や体罰問題を起こしてしまうと二度とコーチ業をできない賠償金がかなり高額になるというリスクがある為安易な考えでしないのではと思う。逆に日本の場合所属を変えるなどしてまたコーチ業を続けようと思えばできてしまう要するにバックグラウンドが無茶苦茶であるということに関連しているのではないかと考える。

Ⅲ アメリカの強さ(競泳の場合)

まず、この章に入るにあたって何故アメリカと日本の比較アメリカの強さを競泳の場合を軸として執筆したかという理由だが、自分自身が長年選手として競技をして触れていたスポーツだからという点と、今現在、その競泳のコーチとしての活動を行っているためであるという点。また、競泳はバスケットボールや、ベースボール、アメリカンフットボールなどのチームスポーツとは違い、リレー種目を除き主に個人競技でありタイムで順位も決まるので、他の競技スポーツと比較などをする際にもシンプルで分かりやすいだろうという点と、競泳の中の種目によれば日本人選手が速いタイムで泳ぎ、メダル獲得などして勝てる種目もあるので、他の競技スポーツに比べて良い比較は、まだできるのではないかという点。また、競泳でのアメリカのメダル獲得数が強さを比較するにおいて圧倒的だったためということで、上記のことから数多くある競技スポーツの中から競泳というものを選んだ。

1. リオ五輪終了時までのメダル獲得数

 リオオリンピック終了時までの競泳金メダル獲得数は合計246個それに加え銀メダル172個銅メダル135個合計553個。
 メダル獲得数2位のオーストラリアの金メダル60個銀メダル64個銅メダル64個の計188個である。3位はドイツの金メダル38個銀メダル32個銅メダル22個の計92個で4位に日本金メダル22個銀メダル26個銅メダル32個の計80個である。アメリカのメダル獲得数は2位のオーストラリアの約3倍でありアメリカの強さは圧倒的であることが分かる。(https://ja.m.wikipedia.org/wiki/オリンピックの競泳競技)
グラフ1:「リオ五輪終了時までの上位4か国のメダル獲得数」
Ⅳ アメリカのスポーツ文化

1. 施設面、ボランティア

施設面で述べると、無料の施設が充実しており、その施設の多くはボランティアにより支えられており、アメリカ国民のボランティア意識が高いこともつながっている。施設が安価や無料で使えるため、様々なスポーツが気軽にできるようになっている。日本とは違いいろいろなスポーツに気軽に触れることができる。
また、日本では試合があると選手の待機場所やチームの場所取りなどはコーチが抽選に行きコーチが行い、試合に出場する際のエントリーをするのはコーチがやらなければならないし、試合会場の設営準備、試合中の競技役員など本来コーチの仕事ではない仕事がたくさんある。しかし、アメリカのスイミングチームでは、保護者が主にするきまりが各チームにあるといわれている。例えば、PASA(PALP ALTO STANFORD AQUATICS)では選手をPASAに所属させる際には、保護者が年間10時間のボランティアをしなければならない決まりがある。役割分担などをしたりする。警備係、食事係、タイム取る係などがある。そうしたが故に、保護者もチームの一員となる意識ができるから、文句や理不尽なクレームなどは言われなくなる。コーチの仕事も減る。〜アワードとか作って表彰してあげたり、PASAではいっぱい手伝ってくれた人を表彰したりしていた。大人の方ほどそう行った機会がないので嬉しいと思われる。コーチはレースのラップをラップ表に書いている時点で、そのレースの瞬間を見ることができていない。アメリカの水泳チームは、保護者がボランティアをするというシステムがほとんどあって、それが保護者からのクレームがない理由でもある。例えば、昼時になると選手の保護者の方がコーチ昼ごはん食べましたか?といってボランティアの担当に当たっている保護者が持って来てくださることもあるらしい。

2.黒人と水泳

 日本人に人気のあるベースボール、バスケットボール、アメリカンフットボールなどの主要なプロ球技スポーツや陸上競技での黒人選手の存在感に比べると、水泳、競泳が黒人に疎遠に見えるスポーツであることは間違いないと思う。過去にオリンピックに出場した黒人選手が全く存在しなかったというわけではない。しかし、かつてその存在が、「黒人は泳げない」という意識付けを強化するという皮肉を招いた出来事もあった。2000年のシドニーオリンピックに赤道ギニアの代表として100m自由形に出場したエリック・ムサンバーニの場合がこれにあたる。3名からなる赤道ギニアでの代表選考予選会に出場したムサンバー二は、他2名がフライングで失格した為、100m を1人で泳ぎ、結果的に勝者となり赤道ギニアの代表としてシドニーオリンピック競泳競技に出場した。しかし、そのタイムは1分52秒72という、他の出場選手の平均タイムを2倍以上上回るタイムであり、また、彼の泳力や泳ぎ方は、特にレースの後半疲労のせいもあってか、オリンピックに出場する選手のものとは思えないような泳ぎであり、その為全世界の視聴者の同情的な失笑を買う結果となった。その映像がはからずも「泳げない黒人」という印象を強くしたことは想像に難しくない。
しかしながら、黒人選手がオリンピックの競泳競技においてメダル全く獲得していないわけではない。黒人の父と白人の母の間に生まれたアンソニー・アービンという選手は、2000年のシドニーオリンピック競泳競技においてアメリカ水泳初の黒人系代表選手になり、50m自由形において金メダルを獲得している。また、その翌年、日本の福岡で開催された2001年世界水泳選手権においては50m自由形で金メダル、また100m自由形でもその当時かなり有名であったオーストラリアのイアン・ジェイムズ・ソープやオランダのピータ・コルネリス・マルタイン・ファン・デン・ホーヘンバンドを抑え優勝を手にした。しかしながら、その後競技からはなれ2012年に競技に復活し2012年のロンドンオリンピック競泳競技の50m自由形に出場し5位に入賞。その後の、まだ記憶にも新しいであろう2016年リオデジャネイロオリンピック競泳競技50m自由形に出場し2012年ロンドンオリンピック競泳競技の50m自由形の金メダリストであるフランスのフローラン・マナドゥに勝ち金メダルを獲得した。この時、アンソニー・アービンは35歳でオリンピック競泳競技の50m自由形での金メダルは史上最年長であった。また、黒人の女性選手にも結果を残した選手がいる。こちらの話もまだ記憶にも新しいであろう2016年リオデジャネイロオリンピックでの出来事である。リオデジャネイロオリンピックの競泳競技の100m自由形においてアメリカ初の黒人女性金メダリストが誕生した。彼女の名前はシモーン・マニュエルだ。シモーン・マニュエルは52秒7というオリンピックレコードで100m自由形を制した。ちなみに、この種目はカナダのペニー・オレクシアクという選手と同着1位であった。また、アメリカの選手のオリンピック競泳競技の女子100自由形での金メダルは1984年のロサンゼルスオリンピック以来であった。それにより、ニューヨークタイムズでは歴史を作ったと称賛された。競泳競技のトップ選手層に黒人が他の競技に比べて少ないかという理由について、どうせつめいされてきたのか。あくまで上記に挙げたオリンピックにおいてメダルを獲得している選手の事柄もあるため、よく世間で言われている黒人は根本的に泳ぐのに向いていない体質だとか、泳げないということは断定することはできないと私は思う。しかし、身体の体質や構造上や速筋、遅筋の割合の関係において競泳の種目のなかでの得意不得意は多少なりともあるかもしれないと考える。それは、やはり長距離選手を見ることがないからだ。上記に挙げたアンソニー・アービン選手やシモーン・マニュエル選手はともに短距離の選手であり俗にいうスプリンターである。また、メダリストとは程遠かったがエリック・ムサンバーニ選手も100m自由形に出場していたので短距離の選手の部類に入る。なので、長距離、短距離の向き不向きは多少なりとも関係しているのではないかと私は考えるが一概には言えないと思う。上記の事から水泳、競泳が黒人に疎遠に見え相対的にメダリストが多くはないスポーツであることは、黒人コミュニティにおける、とりわけ児童、学童に対する水泳のための機会、施設の相対的欠如、その結果としての相対的未発達、根底にある人種主義例えば黒人と白人が同じプールに入れないとか黒人の貧困問題などが理由にあり競泳が黒人にとって疎遠と思われているのではないかと考える。

Ⅴ コーチング時の言葉の力

1. 褒める言葉・コミュニケーション
 「叱ることには限界があると思います。叱りすぎると、叱られた側は、たぶん壊れてしまいます。壊れなくても、水泳を嫌いになるとか、水泳をやめてしまうとか、怪我をしやすくなるとか、練習に身が入らなくなる、言い訳が多くなるという状態になります。叱ることが当たり前になっている環境では、ほとんどの人がストレスを抱えながらスポーツをしているのではないかと思う。しかし、褒めることにはおそらく限界はないんです。もう いくら褒めてもいい。選手たちは、縛りなくのびのび練習していました。それでいて、タイムは伸びる。止まらない。その結果、PASA(PALP ALTO STANFORD AQUATICS)は全米で一番強いクラブチームに成長しまった。また、怒るという行為は選手への威嚇。怒り方は、時代の流れによって変わってきているから、怒る事がある際はマニュアルに沿った方がいい。」(浅野晃平 大阪体育大学水上競技部女子コーチ 11月26日松尾インタビュー)日本のスイミングスクールでコーチをしたのちにアメリカのスイミングスクールPASA(PALP ALTO STANFORD AQUATICS)へ行きH1という就労ビザを外国人で初めてスイミングコーチで取得しアメリカでコーチングを行っていたコーチのインタビューの中にこの言葉があった。自分はこの話を聞いてとても心に響いたのを覚えている。自分が現役で競技をしていた時のことを思い出したが、コーチに怒られたほうが多かったと思うし、自分 では、練習を考えて自主的にやっていたと思っていたが、よく考えると、もしかしたら怒られることや、厳しい言葉を言われることによってやらされている練習を行っていたのではないかと思った。また、実際日本の指導者、コーチは選手、生徒をほめるより怒ることや、厳しい言葉を言うことによってやらしていると思う。インタビューを受けてくださった大阪体育大学水上競技部女子コーチをしている浅野晃平氏はアメリカへ行く前はやはり怒ったりする俗にいう日本でほぼ主流になっている指導をしていたそうだが、アメリカに渡り、アメリカのコーチングに触れることにより変わり今では全く怒らない指導をお行い、選手を褒める事には限界がないので、ほめ殺す勢いで褒める指導、コーチングを行っているそうだ。実際、浅野晃平氏がコーチングを行っている現場を見学させていただいたが一切怒ることや、厳しい言葉を選手に言うこともなく、選手のプライドを傷つけるような発言は一切していなかった。その中で、選手が伸び伸びと練習をしていたと自分は感じた。またそれが結果につながっている。大阪体育大学水泳競技部女子は関西学生選手権にて過去役10年間6位のチームだったが2018年度は4位まで順位を上げている。そういった実例も出ているのでやはり選手を褒めて指導、コーチングするということは間違えてはいないと考察する。インタビュー後自分がコーチをしているスイミングスクールでの選手コースのコーチのコーチングを見るとやはり怒り、厳しい言葉を言っているのが多いかと思われた。また、浅野晃平氏はインタビューの中で「怒る、厳しい言葉を言うという行為は、選手とコミュニケーションを自分が取れていないから怒ることや、厳しい言葉を 言うことで、選手にやらすという風になってしまう」(浅野晃平 大阪体育大学水上競技部女子コーチ 11月26日松尾インタビュー)と言っていた。また、「コーチは選手に対して上から目線ではなく、敬意をもって接する態度が信頼関係の構築には大切である」  (二杉 121項)と述べられている。やはりコーチや指導者が生徒や選手に対して偉そうに上から目線できつく高圧的に接していても選手は心を開きにくいと思われる。また、上記に挙げたような上から目線できつく高圧的に接してくるコーチ、指導者と誰が信頼関係を築きたい、自分の話をしたいと思うのだろうかとおもう。確かに指導者、コーチと選手、生徒の間のコミュニケーションは、大事だと思うし、調子が悪かったり、タイム、結果などでない原因は一つではないと思うし、特に女子、女性の選手の場合体の発育発達が特に関わってきたり原因、要因は一つだけ解決すれば変わってくるという単純なものだけではないと思われる。その中で、コーチ、指導者と選手、生徒コミュニケーションを取り話すことによりモチベーションに大きく関わっていき大いに刺激を与えるのではないかと思う。調子が悪い原因や、タイム、結果などが出ない要因をコーチ、指導者が熱心に親身に聞いて選手、生徒と共有し共に考えて解決するための方法を見つけていく中で、また更にコーチ、指導者と選手、生徒との信頼関係を構築や強めていくことができるのではないかと思う。またその際には、取り除けて良いように選手を持っていけると思うので選手、生徒とコミュニケーションをとり信頼関係を築いていくことはコーチング、指導をするうえで必要不可欠であると思う。


2. 言葉の伝え方
 
言葉の伝え方についてだが、アメリカでは、話をしていて言葉、思いを伝えたいときに、ただただ淡々と言葉を話すだけではなく、ジェスチャーや手をたたくなどして音を出したりして、注目させて伝えようとするということが多いといわれている。確かにそうかもしれない。自分は、その話を聞いて何人か頭に浮かんだ。例えば元アメリカ合衆国大統領バラク・オバマ氏や現在アメリカ合衆国の大統領ドナルド・トランプ氏の演説の最中手などを動かし力強い印象がある。また、Apple社創業者元CEOの故スティーブン・ポール・ジョブズ氏のiPhone発表のプレゼンテーションなどもそうであると思う。浅野晃平氏のインタビューの中でこう言った話があった。アメリカへ行ったときのPASAのヘッドコーチであるトニー氏にある日「何故晃平は目をみひらいて相手を見たり、ジェスチャーを取り入れたり見せるコーチングをしないのか?なんでもいいからジェスチャーを入れた方がいい。」と言われたらしい。また、アメリカでは話の伝え方ジェスチャーの使い方を学ぶ授業があるらしい。日本ではそういった事もないし誰も教えてくれない。ジェスチャーを話している中に組み込むことによって話を聞かしたい相手を飽きさせない、注目させるということに対して、とても効果的ではないかと思う。思い返せば、日本のコーチであまりコーチングの際にジェスチャーなどを組み込んでやっているコーチはあまり見ないかなと思った。自分はそれにならい、レッスンの時や人と話すときに手を動かすことや、ジェスチャーを組み込んでやるようには心掛けている。それを実践することによって、自分がコーチングしているスイミングスクールの生徒や、レッスンに来てくださっている成人会員の方や、選手コースの選手に分かりやすいといってもらえるようになることが普通にやっていた時よりも増えたと思うので。この、ジェスチャーを伝えるときに組み込むことがいいということは実践して効果が出ていると思う。

Ⅵ 今後どう生かしていけるのか

1. 自分の今の指導はどうなのか。

今現在、自分自身の指導を見て考察したときに、やはり今まで受けてきた指導、コーチングの影響もあると思うが、まだ叱ることがあるなと思われる。それは、自分が担当として受け持っているクラスの場合だ。レッスン中に話を聞かずに水の中で潜ったりして遊んでいてやることを間違っていたり、他の生徒の邪魔をしている子などに対して叱ることがある。その中でも、浅野晃平氏の話を聞いたことこの論文を執筆する上で自分の指導、コーチングの形を変えていこうと思い、徐々に褒めたりする事や、生徒を叱らないようにするために、どうしたら選手、生徒に伝えることができるのかどうすれば理解してくれるのかを考えることが増えた。また、自分が今までに受けてきたコーチング、指導とのギャップがあるため自分の中の葛藤がとてもあるのが正直今の自分の状況である。その中でもとても感じたのは、怒らずにほめるだけでコーチング、指導することはとても難しいと痛感した。特に、自分が担当しているクラスの時に思う。だが、選手コースの選手を見ているときはほとんどそういう葛藤はないと思う。それはなぜだと述べると、自分はあくまでアシスタントコーチなのでという考えがある。メインのコーチが選手に対して怒ったりするのならば、自分が選手の逃げ道ではないが怒られたりされた選手に対してフォローしたり何故メインコーチがそういうことを言ったかということをわかっていなかった場合、分かるように導いていくことや愚痴を聞いたりすることが自分のアシスタントコーチとしてやるべきことだと思うからである。また、怒ったり、叱ったりするという方法で選手をがんばらせることではなく、泳ぎの面、気持ちの面でアドバイスをすることによって選手にアプローチしたり、練習などをがんばれるようにしていけるようにすることが、自分がコーチとしてやるべきことなのではないかと思う。

Ⅶ おわりに

今回アメリカと日本のコーチングの違い-アメリカの文化をふまえて-という論文を制作していく上で自分自身コーチングというものを考えているつもりであったがまだ表面しか見ることができていなく浅はかであったなと思った。
また、論文制作の上で新たに得た知識が多かった。論文制作の為に協力してくださった大阪体育大学水上競技部女子コーチ浅野晃平氏にインタビューさしていただいたことは特に自分の刺激になった。また、論文制作の為でなく自分のコーチングに対して向き合うことが出来たこと、生でアメリカのコーチングを触れて関わってきた人に話を聞くことが出来たのはとても有意義になった。
 日本のコーチ、指導者は変わっていかなければいけない、確かに日本特有の文化、伝統は必要かもしれない。しかし、選手、生徒に対して厳しく怒ることや、体罰は必要でない。そんな伝統、文化はいらないと思う。しかし、まだ一部のコーチ、指導者はそれが正しいと思っているかもしれない。従来守ってきた礼儀などの大事な伝統は守る。不必要な伝統は切り捨て新しいこと、やり方、方法を取り入れていくことが必要であると私は思う。また、従来やってきた事から違うことをする、取り入れるということは抵抗があるかもしれない。しかし、今のままでは何も変わることはなく変わることがなければ進歩はないと思う。2020年には日本で東京オリンピックが行われるそれをきっかけに日本のコーチング業界が変わっていくことに期待したいと思う。



憧れのゴールドジム一号店!
2019/ 10/ 21 ( Mon ) 10:25:00
ついにゴールドジム一号店に辿り着く!

And I tested Uber bicycle!! #AETVLOG


いきなりジョーカーが出てきたのもびっくり、、はしない。

ここはサンタモニカ。多様化の総決算の街でもある。異文化とも共存しないと。



あと初めてウーバーバイクも。

どこで乗ってもいいし、どこで乗り捨ててもいい。画期的サービス。

GOPR1963 2
実は10時間。ロサンゼルスで次の飛行機まで待機時間があった。

勿論ウーバーで街までひとっ飛び。ある意味小島コーチの故郷?ロサンゼルスへ。

この時間はマジで良かった。フロリダは、、ちょっと、、、

何も無さすぎた。。な!

ただいま!
2019/ 10/ 20 ( Sun ) 15:47:59
家を長く開けるよりお土産を楽しみにしているみたいだが笑

まあそれでいい。オレには帰る場所がある。

小島コーチなんか単身赴任でコーチしとるけんねー。家族と会わないのは本当に体に毒だ。

ケントへのお土産は恐竜のフィギア。一つはリモコン式。これには喜んでくれたようだ。
IMG_2404.jpg
IMG_2423.jpg
IMG_2425.jpg


アンリマイリにはハロウィンコスチューム。

お気に召さなかったようだ、、悲
IMG_2462_201910201546507a2.jpg
IMG_2463.jpg
IMG_2464_201910201546497d8.jpg
IMG_2465.jpg

無事帰国
2019/ 10/ 20 ( Sun ) 06:12:43
フロリダ州からカリフォルニア州

そっから大阪まで12時間。JALで良かった。締めのフライトは快適だったし

何より飯が米ってだけで良かった。うまかった。

今から時差ボケ地獄に陥りそう。さすがに移動時間がやばかった。

いろんなことが初尽くめ。余韻がやばい。

いいものも観れたし、いいことも知った。

一番のハイライトは毎4年間で20人のオリンピアンを出すトロイコーチとじっくり食事に行けたこと。

ドレッセルやロクテを見るのも最高だったが、やっぱり俺たちはコーチの話が聞きたい。

思想や理念を聞きたい。その成功の秘密を知りたい。

アメリカのコーチは教え上手。包み隠さず全てに答えてくれた。

そりゃーオレの脳みそ化学反応が起きるに決まっている。

それと繋がり。フロリダガーターズこそ育成がうまいチーム。大学へ送るシステムもうまいし、そのままプロにも。

仕組みができている。クラブチームとしても成り立っている。それを見れたのはでかい財産だ。
IMG_2456_20191020055357b0a.jpg
初日にステーキをご馳走してもらった。ワニの尻尾も喰わされた笑


IMG_2286_20191020055519dd4.jpg
ロバートとアダム。やりたいねー合宿を。日米交互に。


IMG_7513.jpg
もし5大会メダルを獲得すれば、、前人未到 ロクテ。

罪は償った。二児のパパスイマー。頑張ってほしい。応援したくなる。

IMG_3296 2
そりゃー写真撮る!2020の目玉。世界一のテクニックだった。またナイスガイだ。

IMG_3299_201910200557582d4.jpg



でもさ、何よりさ、、

小島コーチとこうやって計画しあって、一週間旅に出て、お互い知らないものを学び合って、

会話して、話聞いてもらって、

みんなは歴史を知らない。オレの師匠だぜ。こうなりたくてコーチしてるみたいなもん。

ドレッセルよりロクテより、トロイコーチより、オレにとっちゃー小島コーチは世界レベルクラス。

一週間くっついて色々話せだだけで満足だ。そりゃー変化するし、夢を持つ。

学生以来コーチングを喰らった。まだまだ成長できそうです!
GOPR2009.jpg
フロリダ大学、コーチングトリップ!完!

はっきり言って一番面白かったな。マジで。



大移動前には必ず自分のトレーニング!
2019/ 10/ 20 ( Sun ) 05:39:57
健康維持兼アンチエイジング

を目指して何が悪い。

毎日バーガーにポテトにメキシカンに。というかそれ以外の選択はない。

最後の晩餐はフルーツや野菜、軽いもの中心。もちろんビールで流し込んだが、、笑

週二回のトレーニングは止めなかった。


Workouts anytime anywhere! Try to hit everyday! No lazy! #AETVLOG

バキバキのまま飛行機へ。

ここでハプニング。本当は大流行している、お土産用瓶のこんぶ茶を4本機内に持ち込もうとしたが、、

アウト。持ち込めず、全て捨てなければいけなかった。

残念。一時間前にそういうものは専用ケースに入れておかないとらしい。

参った。がそういうことは良くある。知らなかったオレが悪い。

GOPR0386.jpg
さらばフロリダ!
最後の朝練
2019/ 10/ 20 ( Sun ) 05:10:36
競泳コーチは朝だけは早い。しかも余裕。


Going to morning practice! @Florida university #AETVLOG

時差ボケが重なっているがコーヒーを飲めば余裕。

朝練参加の多さ=いい指導者 特にジュニアの指導者なら。

と言っても過言ではない。なぜなら保護者の信頼も必要だから。


さあ。帰るか!

そろそろ家族や選手達に会いたくなってきたし!

IMG_2156.jpg
週末メインは良かったようです
2019/ 10/ 20 ( Sun ) 05:00:45
遠い、、、遠すぎる、、、

IMG_2391 2
このマイアミからロサンゼルスが効く。同じ国内で時差があるというのも不思議だ。

寝っぱなし、、というのも意外と出来ないものだ。


IMG_2420.jpg
IMG_2421.jpg
IMG_2422.jpg
ISLレースは良かったようだ!

楽しんで速くなればいい。それに越したことなし。

その工夫を常にしないといけないし模索しないといけない。

新しいことにはどんどんチャレンジしてほしい。
ISL skins race!!
2019/ 10/ 19 ( Sat ) 07:31:26
そりゃーする!

これは浜上先生のアイデア!

どう考えても旬で

どう考えてもいい練習である!

3本くらいいけんとねー!
IMG_2406.jpg
IMG_2407.jpg


ドレッセルやコーチトロイの練習や考えを聞くと、、、

ガーターズプロは1本で死なないし、違う種目違う距離を混ぜてやっても

勝つ。特にタイマンになっても。



Caeleb Dressel has Never Done a Skins Race Before
買えない。。せめて写真だけでも
2019/ 10/ 17 ( Thu ) 14:17:45
買った気でいさせて。。。
IMG_2268.jpg
レジストの手作りアイデア。これならできそうだ。この中に重りを入れて引っ張る。


IMG_2360.jpg
IMG_2361.jpg
IMG_2362.jpg
アパレルは本当に強化したい。もうダサいのはこりごり。

アメリカのスポーツウエアは安い。ボディもしっかりしているし形もいい。

これにOUHSやAETを付ければ間違いなくかっこいい。


IMG_2363.jpg
IMG_2364.jpg
IMG_2365.jpg
ワークアウトグッズも。色々新しいものも入れたい。



IMG_2366.jpg
IMG_2367.jpg
音楽作りも興味あるしやってみたい。ケントにもさせたい。MPC、、、チャレンジしてみたいこと。


IMG_2299.jpg
IMG_2301.jpg
IMG_2308.jpg
バーもこれくらいつけてみんなでせんと。一本じゃダメだ。懸垂も競わせたい。


IMG_2337.jpg
もちろんバーガー!


IMG_2339_2019101714075119b.jpg
IMG_2340_201910171407524da.jpg
スタバもトリプルショットまで、、本当に寝れなくなるなこれ飲むと、、



IMG_2353_20191017140754fcc.jpg
IMG_2354.jpg
IMG_2355.jpg
IMG_2356_20191017140758b34.jpg
IMG_2357.jpg
IMG_2358_20191017140801d5b.jpg
IMG_2359.jpg
安いんよねーやっぱり。




コーチング、スイマーのための海外行きパッキング!#AETVLOG
競泳以外!も大事でしょ!
2019/ 10/ 17 ( Thu ) 14:04:32
ざっと写真だけ。オレの興味があることを知ってもらえたらいい。
IMG_2123 2
リーバイスとグーグルのジャッケット


IMG_2164.jpg
IMG_2165.jpg
IMG_2166.jpg
アパレルも強化したい。やっぱカッコよくて可愛いやつ、しかも派手なのが体大には必要。


IMG_2174.jpg
IMG_2175.jpg
IMG_2176.jpg
IMG_2177_2019101713574170f.jpg
IMG_2178_20191017135743764.jpg
IMG_2179.jpg
湿地帯だらけ。野生のワニを見に。


IMG_2180.jpg
IMG_2182.jpg
IMG_2185.jpg
近くのモールで。プロテインとハロウィンの衣装。


IMG_2212.jpg
IMG_2213.jpg
あれはサニブラウンやったんかな?

日本人はサニブラウンと堀口恭司くらいしかフロリダにはいない。

それくらいみんなが行かない場所なのだ。


IMG_2266.jpg
バサトレーナー10個以上。



コーチング、スイマーのための海外行きパッキング!#AETVLOG


GOOD IN GOOD OUT
2019/ 10/ 17 ( Thu ) 00:59:51
プロから大学女子、男子からジュニア、クラブチームマネージングまで。

朝から晩までどんどんチームが入ってくる。

ざっと写真のみ。

IMG_2190.jpg
IMG_2191.jpg
IMG_2193.jpg
IMG_2194.jpg
IMG_2197.jpg
IMG_2198.jpg
IMG_2205.jpg
IMG_2219.jpg
IMG_2224.jpg
IMG_2231.jpg
IMG_2271.jpg
IMG_2274.jpg
ブログでは詳しく書けない。もっと将来を見て、全てを文面にする。

誰にでもシェアできるようにしたい。Good in good out

この見たことをオレだけのものにしてはいけない。


新しいカテゴリー ”レジスト”
2019/ 10/ 16 ( Wed ) 10:56:58
Workout generations slightly shifted to "RESIST" mainly

時代はレジストへ。しかもしつこく。

3ー4段階くらいある。もっとバリエーションも増やしたいし、引いてる時間も伸ばしたい。

アイデアが湧き出てくる。


無事到着!生きています!
2019/ 10/ 16 ( Wed ) 03:12:28
コロンブスの日あるいは

コロンバス・デー(英語: Columbus Day)は、アメリカ州の多くの国々における祝祭日である。1492年10月12日にクリストファー・コロンブスによるアメリカ大陸への発見および到着を祝う。アメリカ合衆国では「Columbus Day」(コロンブスの日)、ラテンアメリカでは「Día de la Raza」(民族の日)と呼ばれ、、、、
        ウイキペディアより抜粋

この日はまさに俺たちの日だ。フロリダに無事到着したことを祝おう笑

遠かった、、マジで。

アメリカ国民の祝日で街や大学はガラーンとしている。

スタンフォード、CAL、USCを思い出すではないが、、

お金のかけ方やこの施設の巨大さを目の当たりにする。

ただこれは普通。スポーツの強さや伝統によって施設の大きい小さいはあるが、

基本これくらいはどこにでもある。
IMG_2141.jpg
IMG_2142.jpg
IMG_2143.jpg
IMG_2144.jpg
IMG_2151.jpg
IMG_2149.jpg
新しいとこでの施設見学は目が覚める。


IMG_2154.jpg
壁一面のワニ。


IMG_2155.jpg
IMG_2156.jpg
IMG_2157.jpg
IMG_2160.jpg
IMG_2159.jpg
IMG_2158.jpg
クラブチーム、大学チーム、プロチームと同時運営。外にも長水路が5本。

シルバーメダルクラブチーム。とんでもなく速いスクールレコード。

IMG_2161.jpg
ロクテの名前が普通に書いてあるホワイトボード。

35歳のパパスイマー。1−57で全米選手権取ったもんなー。今年もオリンピックにいけるか?





ノースキャロライナ州シャーロット空港
2019/ 10/ 16 ( Wed ) 02:53:02
トランジット。

アメリカ内でも時差がある。

空港内に木が立っているし、白い椅子が無数においてあるし、
IMG_2133.jpg

タコス、ピザが有名らしいが、、
IMG_2134.jpg
IMG_2135.jpg
IMG_2137.jpg
朝からまあまあ人が入っている。(AM5:00)バーも。

とにかくアクティブだし、ありえない光景だし

自分の頭の中の壁が外れているのが分かる。


IMG_2136.jpg
めちゃくちゃ広い。


過去最高の機内食
2019/ 10/ 15 ( Tue ) 03:29:31
JALだと、、このレベルなのか驚
IMG_2101.jpg
この後に季節限定のハーゲンダッツ。強烈。

格安航空しか使ったことない俺たちはタマゲタ。

IMG_2103.jpg
経由のロサンゼルスまで12時間。そこから初上陸のノースカロライナ州のキャロット空港。

そこからフロリダ大学最寄りのゲインズビル空港へ。

本当に30時間近くかかった。椅子で寝るのも、、、慣れたもんだ。

無事到着。
IMG_2132.jpg
拝啓世界一のスイマー、ケイレブドレッセル様
2019/ 10/ 15 ( Tue ) 03:16:37
「晃平。世界一のスプリンター、ドレッセルを見たくないか?」

小島コーチにそう言われたのは一年も前、半年前にコーチにアプローチをかけたが、、返事もなし。

しつこくメールして一通コーチから返ってきたものが

「世界選手権前、集中したい。そのあとなら。」名将コーチ、クレッグトロイから。

ただそのアプローチも本当になった。後々に伝説になる。世界選手権では6つの金メダル。

7冠とはいかなかったが「帝王」の名をほしいままにした。


ーーー
ーーーーー
ーーーーーーー
見たくないやつ?おる?


思い立ったらすぐ。これは絶対成功するコーチング旅になる。

オレはの知りたい願望は、その場で、自分の目で見ないと。そしてその場で脳に染み込ませないと。

どどーんと居座り、知ったかぶりで、学んでいないコーチと一緒にしてほしくない。

EMAILもSNSもしないコーチ。しかも異国の人と連絡を取るのは超至難の技。

がオレなら出来る。英語で文面でのコミュニケーションも慣れてきた。

こうなったらチケット握りしめて行くだけ。

8年いたカリフォルニアに行くのとは訳が違う。全てが初のところに飛び込んでいく。

おそらく誰も行ったことのないアメリカの反対側。フロリダ州。道にワニがいるんだってよ?

しかも治安も悪いんだってよ?アジア人ゼロ。キューバの近くで犯罪者、亡命者だらけでメキシカンだらけ?


ただ今回は、一人ではない。小島コーチとともにだ。

この世界の第一人者。英語もいける。俺たちはレポーターではない。

話も聞くことができる最強タッグだ。

IMG_2099.jpg
関西空港で。家族と。そういや小島コーチに初めて娘たち見せたなー。
ヒヤヒヤワクワクレース
2019/ 10/ 14 ( Mon ) 13:07:07
この最終種目の400フリは

久々の稀に見る接戦だったのでは?

オレも刺されるー、逃げろーと興奮したよ。大会新でトキワが優勝。

ミドリとは永遠のライバル関係にある。


[KSG選手権2019]第35回KSGグループ選手権水泳競技大会 第2日目 決勝

4時間08分くらいから見て欲しい。


GOPR0159.jpeg
人生は旅ではなく冒険だそうです。
2019/ 10/ 13 ( Sun ) 13:54:15
なるほど、そう考えるとこれまでのこともこれからのことも「だって冒険だもの」と前を向けるような気がします。

玉山コーチのSNSに放った言葉が鮮明に頭に残る。

冒険かあ。

旅は人を成長させる。最も旅マニアのオレが言うんやけ間違いない。

さあ、旅の時間だ。極上の空間やまだ見ぬ世界に飛び出していこう。

ちょうどウズウズしてたとことだ。
IMG_2083.jpg


この写真は今のアップルウオッチのスクリーン。

インカレ前からまだ変えてなかったな。この写真はお気に入りだったし!
IMG_2084.png
さあ、関空へ。

KSG選手権をマジでみた方がいい!を解説!
2019/ 10/ 13 ( Sun ) 02:54:49
まさにテレビ中継のようなYOUTUBEライブ配信!

これはいいよ。スタッフもよく考えている。

オレが保護者ならこれでいい。こっちに写ってくれた方がよっぽど大きく見えるはず。会場組より。

KSGのスタッフにはあっぱれである。


2019KSG選手権をライブ配信で見ろ!間違いないぞ!#AETVLOG

さあ初日を終えてトキワは2位。ミドリ?柳川?速く引きずり落として欲しい。

一気に優勝してくれんと!そろそろ!

IMG_9420.jpg
初めてヒッチハイカーを乗せてみた
2019/ 10/ 12 ( Sat ) 23:49:16
日本でやってるのは初めて驚

しかもパーキングエリアの出口で。ある意味賢い。

見るからに学生。もちろん話に耳を傾ける。即答「乗れ!!」

IMG_2041.jpg
束の間だったが楽しかった。

無事目的地までつくといいねー。SNSを交換。1日後、目的地の大阪に到着したそうだ。

丁重にお礼のメールもくれた。
第35回!KSG選手権2019開催中!
2019/ 10/ 12 ( Sat ) 10:56:12
すごい熱気だ。

台風はコントロールできない。今日はこれとRIZINとONE見て過ごすか。


[KSG選手権2019]第35回KSGグループ選手権水泳競技大会 第1日目 予選

メダリスト坂井選手も出場。年々レベルも熱気も上がってきている。

IMG_0517.jpg
Numark portable scratch
  
ブログ内検索
  
リンク
  
Finis edge fins
  
Vasa Trainer Pro
  
スポンサーリンク
  
copyright(c) 2005 アサノエンターテイメント Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )