FC2ブログ
競泳戦国時代のど真ん中を歩きまくるコーチの日記!! この道をいけばどうなるものか!! 迷わずいけよ!行けば分かるさ♪
AET VLOG
check it out everyday every moments!
  
Youtube of Kohei
  
プロフィール

koheijapan

Author:koheijapan
浅野晃平(36)*Kohei Asano*
KSGトキワ~福岡大学~枚方SS~KSG広島ミドリ
~PALO ALTO STANFORD AQUATICS〜大阪体育大学水上競技部
親父を超えるべく、スイマーを導くべく
コーチング修行中!
チームでのボランティアコーチ二年間を経て、
USA Swimming の公認コーチになる。と同時に
PASAのアシスタントコーチに晴れて就任。
8シーズン。オリンピックイヤー。バーシティーグループコーチ。
2015-16年は50名の中学生、高校生スイマー達、そしてそれを共に応援してくれる保護者の方々と夢に向かって突き進む。
波瀾万丈、最高のコーチングライフ!

迷わず行けよ行けば分かるさ!

Kohei Asano

In 2007, he left his home country in order to pursue his goal in becoming a great swimming coach. He has a total of 12 years of coaching experience; 4 years in Japan and 7 years in the US. His passion for swimming and his cultural awareness makes him a unique and creative minded coach. In the few years that he has been here, he has adapted to the diverse coaching and managing styles of the American culture. His willingness to stand by the poolside 365 days shows his love and dedication to help his swimmers improve and overcome their challenges.

He has a special working visa that no one normally gets because one needs to get approval from the government. He is the only coach from abroad who is a H1-b visa holder also working at a swim club legally in USA. Kohei did not know any English when he moved to the United States. Now he can talk to everyone fluently. You will be surprised to know how much he was challenged to add English as a second language.

He appreciates all of the coaches who trust him by giving him the opportunity to coach the varsity group for the past 5 years. In addition to his responsibilities as the varsity group coach, he will continue to be the assistant to all coaches - Tony, Tisha, Carlene, Janet, Hilary and PASA pro team during the 2016 season. He will also be supporting all of Rinconada‘s programs this season.

Kohei is a fun and humorous guy with a lot of passion for swimming. He enjoys socializing with his Japanese and American friends during the weekends. He often attends BBQs and goes to the popular ramen joints in the bay area. He also enjoys watching mixed martial arts and professional wrestling and has an ever-growing collection of sneakers. He is married to his Japanese wife and they had their first baby this year. His son was born here, in the USA and his name is Kento. Kento is an American citizen!

Kohei Asano Rinconada site

Blog: http://koheijapan.blog71.fc2.com
Youtube: KOHEIJAPANREMIX
Instagram: SWIMCOACHKOHEI

  
月別アーカイブ
  
カテゴリー
FC2カウンター
  
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  
Youtubeプレイリスト
  
AET VLOG include youtube
check it out everyday!
  
何でもすぐ
2019/ 08/ 30 ( Fri ) 15:41:45
泳ぎのことなんか最も早くフィードバックした方がいい。

それが仕事なんやけん。


Final films session before Tokyo Inter collage! *side and front #OUHS SWIM FILM


Final films session before Tokyo Inter collage! *slowmotion 25% #OUHS SWI FILM

全てが一瞬すぎるのは目が慣れていないといけない。

スローでじっくり、スクロールしてじっくり。自分で理解する。

これが究極のテクニックワークなのだ。

_98A0469.jpg


一夜明け異常な盛り上がり
2019/ 08/ 29 ( Thu ) 23:34:09
ググッと上がるとちょっと下がる、平行線になりがちだが、、

何のその。どんどん上がる。底無しのスタミナ。無尽蔵の度胸。

今は対応する力があるし、何でも来いくらいな姿勢がチームにある。


井田健吾君!インスタのストーリーからアイデアパクったよ!

Relay end! This ideas from Mr Kengo Ida's instagram! #OUHS swim films

IMG_8494.jpg
ブログ13年目 祝6000投稿 選手に引退通告寸前
2019/ 08/ 28 ( Wed ) 23:03:30
おそらく、、、この言葉を大学4年生の選手にあげるのが一番辛い。

「本当にお疲れさん。もう泳がなくていい」

なんてことだけは絶対言いたくなかったし、その逆境を跳ね返してくれると信じたかった。

が、、ここ数ヶ月上がってこず。逆に遅くなる一方。

ヒゲダン宿命の歌詞ではないが、「大丈夫」や「頑張れ」って言葉に、アミを何度も苛つかせてしまったようだ。

周りが伸びていくプレッシャー、上がってこない重圧に耐えきれず、誰にも見せず涙することもあった。

今日の秋葉山練習、特別タイムトライアルはリレーの選考を兼ねていた。

上から4人を、、リアルに選ぶ。それは処刑台に上がるような気持ちだったかもしれない。


ーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

200のレース。もうラスト75から俺は涙でレースが歪んで見えた。

俺のコーチングイディアムが二年以上も入っている。頑張っていないやつはゼロだ。

怒涛の追い込み、長年の友人であるアキを差しきった。ラスト10mはバテバテ。美しくないフィニッシュ。

タイムを通告する同期のユキナの声も震えているように聞こえた。

水泳は嘘偽りない世界。本当にハッタリはないし、ハッタリふかしもすぐにバレる。

選手、ライバルの前で4番手を勝ち取った。役者は揃った。

この震えるレースにチームは涙した。讃えた。不可能なんてない。

ここで俺たちはチームも一気にビルドアップ。

誰も注目していない大阪体育大学。日本体育大学といつも間違えられる大阪体育大学。

高校生が見向きもしない、ど田舎の大阪体育大学を注目した方がいい。

IMG_0357.jpg

本当に全員ベストで今シーズン終わる。最強のチームでの最高インカレを迎える。


Official髭男dism - 宿命[Official Video]

心臓からあふれ出した声で
歌うメロディ 振り向いた未来
君から あふれ出した声と
合わさって響いた 群青の空の下

夢じゃない 夢じゃない 涙の足跡
嘘じゃない 嘘じゃない 泥だらけの笑顔
夢じゃない 夢じゃない 肩を組んで叫びたい
僕らの想い 届け!

奇跡じゃなくていい 美しくなくていい
生きがいってやつが光輝くから
切れないバッテリー 魂の限り
宿命ってやつを燃やして 暴れ出すだけなんだ

沈黙が続いたイヤフォン
自分の弱さに遠ざかってく未来
「大丈夫」や「頑張れ」って歌詞に
苛立ってしまった そんな夜もあった

夢じゃない 夢じゃない あの日の悔しさと
忘れない 忘れない 掌の爪痕
無駄じゃない 無駄じゃない それも全て讃えたい
もうあと少し

願いの熱さに 汗まみれになったり
期待背負って立って 重さに臆病になるけど
僕らの背番号 それは背中じゃなく 瞳の奥のアンサー
重なって 照らし合ってくFOREVER

緊張から不安が芽生えて
根を張るみたいに 僕らを支配する
そんなものに負けてたまるかと
今 宿命ってやつを燃やして 暴れ出す

届け!
奇跡じゃなくていい 美しくなくていい
生きがいってやつが光輝くから
切れないバッテリー 魂の限り
宿命ってやつを燃やして 暴れ出すだけなんだ

ただ宿命ってやつをかざして 立ち向かうだけなんだ
命揺らせ 命揺らせ
2019/ 08/ 27 ( Tue ) 13:46:53
このビートに、胸が熱くならないやつ。

最近はアーティストもすぐに動画をアップしてくれる。

もう早くファンに伝える方がいいビジネスなんだろう。嬉しい限りだ。

そしてアップされたキングヌーの「飛行艇」よくラジオでかかっていてチェックしていた曲。


King Gnu - 飛行艇



首を縦揺れにしないやつ。おる?

JOも終わり、いよいよ俺たちの出番だという感じがしてきた。

なんども、何年前のセイコーリザルトで過去のタイムや順位を見続けてしまう。

俺たちは、、行ける?残る?AもしくはB?体大らしく予選落ち当たり前?は?

このキングヌーの曲を聴きながらブログを更新している。なんどもリピートして聞いてしまう。

「過ちを恐れないで」この飛行艇の歌詞のように、とびっきり大暴れする準備をしている。


JOはやばかった。俺の魂は震えっぱなし。親父は夏の締めレース、JOでやり返した。さらにあげた。

ときわスイミングの中杉は51秒の壁を破りベスト。50−8で見事2位。

日本で2番のフリースタイラーになった。北九州からこれは熱すぎる。

そしてライバルとも試合が終わればノーサイド。このストーリーは続いていく。
IMG_3310 2
IMG_9226_201908271326476b8.jpg
IMG_0354.jpg

飛行艇

作詞作曲 : 常田大希

どんな夢を見に行こうか
正しさばかりに恐れ戦かないで

自由自在に飛び回って
ステップ・バイ・ステップ
ビートを刻んで
果ての無いパーティーを
続けようか

この時代に飛び乗って
今夜この街を飛び立って
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

この風に飛び乗って
今夜台風の目となって
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

代わり映えしない日常の片隅で
無邪気に笑っていられたらいいよな

無意味な旅を続けようか
ワン・バイ・ワン
一歩ずつでいいさ
歓声も罵声も
呑み込んで

この時代に飛び乗って
今夜愚かな杭となって
過ちを恐れないで
命揺らせ 命揺らせ

この風に飛び乗って
今夜名も無き風となって
清濁を併せ吞んで
命揺らせ 命揺らせ

大雨降らせ
大地震わせ
過去を祝え
明日を担え
命揺らせ
命揺らせ

この時代に飛び乗って
今夜この街を飛び立って
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

この風に飛び乗って
今夜台風の目となって
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

貴女の期待に飛び乗って
今夜この羽根で飛びたくて
この大空を飛びたくて
命生まれ 命生まれ

この風に飛び乗って
今夜名も無き風となって
清濁を併せ吞んで
命揺らせ 命揺らせ

いいコーチに巡り会えたら、人って変わるんですよ
2019/ 08/ 26 ( Mon ) 16:44:11
「晃平!」

久しぶり?ではないが、小島コーチが早稲田ポロでのプールサイドでの対面は久しぶり。

もうそうやって言われるだけでいい。少しの時間だが話せたのは良かった。

やっぱりこの人は、遠く離れていても俺を見てくれている。

いろんな選手が伸びまくっているのを知ってくれている。嬉しい限りだ。

今日は絶対いい結果にしたかったし、見て欲しかった。なかなか同じ土俵に立てない。立つ機会も少ない。

そりゃーレベルは低いかもしれない。試合中の一部分しか見えないかもしれない。

ただ、、、

選手は最大限の努力をしてくれた。

チームで約40%のベスト率!今回はニューヒロインが6人。その中でも強烈なスーパースター誕生が2人。

間違いない。俺たちが今回のプレインカレMVPチームだ(そんなんないけど)

憶測だが、小島コーチ率いる早稲田のプレインカレチームには勝っただろう。色々な意味を込めて。

勝ち負けは不透明だが、コーチングファイトは楽しくて仕方ない。

この結果もきっと見てくれているはず。このチームの勢いを見せれただけでいい。



終わったあとこそもっともっと話したかったが

家族がさき、パッと駆け寄った時はもう帰り際。早稲田ポロを脱ぎ、私服に着替え、

嫁さん、あつしくん、たいしくんとお揃いの服を着た小島コーチはパパの顔。

飛行場?へ向かう寸前だったようだ。ほんの数秒だったが、、、インカレでの再会を楽しみにしたい。

インカレはお互いやってやろう!!と握手を交わした。

ーーーー
ーーーーーーー
ーーーーーーーーーー

こんなにやる気を高めてくれるコーチおる?この魔法にかかったら終わり。

だから小島チルドレン(教え子達)は出世しまくる。やる気が違う。目が違う。

お互い歳はとったがその満ち溢れるエネルギーは俺がスイマーだった頃と変わらず。

なんかスッと肩の力が抜けた。ふつふつと燃えてきた。俺にさらに火が付いた。

インカレのA決勝だな。もっとも大きな舞台で横でコーチングファイトできたら最高だ。
IMG_0330_20190826163346202.jpg
お互いチームのスタッフポロで。

IMG_0340.jpg
IMG_0339.jpg
IMG_0327.jpg
IMG_0335.jpg

IMG_0322.jpg
今回のプレインカレは俺は三年目にして最高のベスト率。しょっぱなのリレーも優勝。

やっぱりリレー。ここで力を発揮する、燃えるのが体大生だ。リレーの虎という言葉がよく似合う。

幸先良ければ流れもいい。

50から200、400まで満遍なくベスト。最高。
IMG_0322.jpg


今回は他大学の昔の教え子も競泳人生ラストレース。

見届けたよ。よく頑張ったな!
655B24BB-F20F-4AFB-B285-8D31E965125C.jpg
IMG_0331.jpg
サキ、リョウタ、お疲れさん。またゆっくり食事でも行こうぜ!
小島コーチに見てほしくて
2019/ 08/ 24 ( Sat ) 22:17:31
明日本気選手、明日本気コーチングだ。

まずは、はや&魚太郎 泉州の郷

ってとこでランチ。縁起やゲン担ぎに。

はや=そりゃー速い!
魚=そりゃー魚のように速い!


プレインカレ組も目が良かった。どんどんFPがプロってきた。

やばいくらい出そう。そんな気しかしない。

そのあとは散髪。

勝負する前に刈り込むSTYLE、スキンフェードで挑んでく勝負。

選手も毎回楽しみにしている俺のヘアースタイル。笑って話題にしてくれたらいい。

今日は残っているインカレ組も異常に良かった。

本当に集中力が増してきたし、調整力がハンパない。明らかにキレがいい。

これぞ俺の求めていたもの。やっっっとパズルのようにハマってきた。

これならいける。インカレは度肝を抜ける。ありえないことが起こる。




明日のスペシャルゲストはなんといっても早稲田大学が殴り込みに来ているということ。

関西の試合だ。ここは体大テリトリーだ。秋葉山プールはいつもと違う空気感になるだろう。

こないだ秋葉山合宿で小島コーチにその情報を聞いてから、実はワクワクしていた。

恐らく、これは最後になる。俺と小島コーチが並んでコーチングファイトができることが。

俺自身が最高に仕上げた選手で競わす。しかも俺を学生の頃教えてくれた恩師と。

そしてコーチの道に引き込んでくれた恩師と。今は敵同士。これ以上に表現方法はない。

このチームを見てほしくてほしくて仕方ない。俺の作り上げた選手を、チームを、スタッフ陣、コーチ陣を。

選手の目、チームのムード、全員のやる気。俺は小島コーチが歩んできた道に憧れて、そのままその道を走り、

それ以上のキャリアを築いて日本に帰ってきた。

ねれるか?俺。気合?ワクワク感がヤバい。

明日はマジで魔法をさらにかける。勿論体大が会場をロックする。

強豪チームが横にいるくらいでビビることはない。むしろ燃える。なあ?
IMG_9968.jpg






どうだ!可愛いやろ!
2019/ 08/ 24 ( Sat ) 20:29:02
選手の保護者が体大に!

そりゃー娘の姿を応援したいに決まっている。

保護者の方々には間近くで成長を見て欲しい。

試合だけでなく、ぜひ練習も見に来て欲しい。

練習も盛り上がっているから試合も盛り上がっている。これがある意味秘密でもある。

下宿だとなかなか母ちゃん飯が食えない。遥々やって来たんだ。家族時間を楽しんでほしい。


スペシャルゲストには、

トレーニングに付き合ってもらった。

やばい!可愛すぎる!

"Baby" resist training! #OUHS swim films


IMG_0274.jpg
IMG_0276.jpg
インカレ組のみのトレーニングだったが、、

ベイビーは本当にパワーを運んでくる。

無茶苦茶身体が動いていた。明日のメインも楽しみだ。

、、、、
、、、、、、、、


というか俺が癒された。やっぱたまには家族に会いたいものだ。
(家族は福岡に帰省中、、、)



理路整然!レース直前!
2019/ 08/ 23 ( Fri ) 23:32:46
理路整然(りろせいぜん)とは

「物事が道理にきちんとあてはまっているさま」「物事が道理にきちんとあてはまっているさま。 話などの筋道が整っているさま。」 という意味。


プレインカレまであと2日。

テーパーはほぼほぼ終了。自信持って臨んでくればいい。



IMG_0246_20190823231954abe.jpg
IMG_0245.jpg
IMG_0242.jpg
IMG_0203.jpg
気性は荒い。もしかしたらブリンカーが必要かもしれない。

まるで虎。猫なんていない。俺たちは強い。横と並んだら負けない。

というかスタートから浮き上がりのテクニックが違う。だから並ばない。

ベスト?余裕で出る。

また圧倒したい。また会場をロックしたい。歓声で。応援で。
DAI TAI DAIのキズナ
2019/ 08/ 23 ( Fri ) 23:25:08
かっこいいのが出来ている。

しかもかなり巨大。これは体大生なら見れば燃える。

これは中央棟にかなりでかく掲示されている各部活動のキャプテンの部活シーン

が描かれていて組み合わせられている。かなりかっこいい。

IMG_0264.jpg
ヤスはダイブのシーン。スミレはスイムのシーン。

IMG_0265_20190823231955173.jpg
DAI TAI DAIのチカラ。

DAI TAI DAIのミライ。

やっぱここまでやってくれないと。俺たちは体育大学なんだけん。
信頼しているコーチにしか送りたくない
2019/ 08/ 22 ( Thu ) 23:20:10
本当だったらこういうのってダメ!

というか自分とこでやれよー、伸びてんだからいいじゃん、

うちは出しません、うちはうちの、、



と弾かれてしまうが、

ゲキ伸びしている今だからこそ、俺以外のコーチングを受けて欲しいし、

岩間コーチなら俺にないものを知っていて、最高のアプローチをしてくれる。

大学に入ってベスト出まくり、のびっのびの兵庫県出身の4選手を送り込んだ。

IMG_0263 2
お見事!イキイキして帰って来た。新しい知識とともに。

岩間コーチ、ゼッテー、、一生懸命コーチングしてくれたに決まってる。

大学生を教えるのはしかも楽しかったはず。

おまけにやる気スイッチも押してくれたみたいだ。

岩間コーチ、ありがとうございます!

今週の試合、ビビるくらいのベストタイム報告で感謝をお返しします!


「俺が若いころは…」系のおじさんたちへ
2019/ 08/ 22 ( Thu ) 22:53:13
備忘録に。

~スポーツは宗教じゃない~ 「俺が若いころは…」系のおじさんたちへ

私はお祭りが大好きです。特に地元の深川祭りは、私の人生の中核に位置している、と言っても過言ではないのかもしれません・・・

祭りのために私の人生のかなり大きな部分をかけ現在に至っているし、きっとこれからもその祭りのために私の人生の大きな決断をしていくのだと思います。



祭りをやっていると理不尽なことも多々起こるし、「なんでこんな環境に自分の身があるんだろうか?…」と疑問に思ってしまうこともあるのですが、”我に返ってはいけない”という、祭りに身を捧げる際の暗黙のしかしながら絶対的なルールがあるので、祭事関連の出来事に関して、明確な「理」を追求することは避けています。



「宗教だから仕方ない」、そうあきらめるに越したことはないのです。

そして宗教だからこそ、私はこの祭りに本気になって取り組むことができるのです。





その「宗教」と正反対のポイントに存在しているのは「科学」です。



科学とは、物事の性質や成り立ちに明確な説明をつけてくれるものです。

科学の実験で皆さんが経験した通り、その理の通りに再現しようと試みるとおおよその割合で再現することもできる、そういったものです。

その理に、祭り文化の中でよく見聞きする、「昔からそうだから…」とか、「あの爺さんがそういうんだからしょうがない…」とか、「そんなの粋じゃない…」とか、「そんなの祭りじゃない…」とか、そういった類の曖昧さは存在しません。

科学で”曖昧”な部分が残る場合は、その”曖昧”な結果が発生する理由についてもしっかりと言及され、改善に向けた今後の策もしっかりと説明される必要があるので、時間がたてばたつほど、物事はより明確になっていく傾向があるのも科学の特徴です。





ただ、科学と私が愛する江戸の祭り文化にはしっかりと共通点もあります。

「近代になり急速にその形が確固たるものに形成されてきた」、ということです。



江戸祭り文化は、ともすれば江戸時代から継承される事柄や決まり事を引き継いでいるような印象を与えますが、実は今我々が祭り文化として継承する事のほとんどは、江戸から残る文化ではなく、昭和時代になって発生した文化の名残であることが多いのです。

端的なものの考え方を言えば、今「おじさん」と呼ばれる方々のおじいさんたちの時代に築かれた決まり事や形式が、祭りを司るためのルールとなって色濃く今も残り、それを”江戸文化”とか”粋”とか”祭り”と認識していることがほとんどです。

その意外と若い文化の中で、「昔からそうだから…」とか、「あの爺さんがそういうんだからしょうがない…」とか、「そんなの粋じゃない…」とか、「そんなの祭りじゃない…」といったセリフが、多数決の何百倍も力強い”理屈”として存在しているんです… (だから祭りに関しては、”我に返って考える”はご法度なんです…)

でも、祭りはそれはそれでいいです。それで秩序が保たれている部分もあるし、実際に上で述べたような”力づくな”理屈が、実際に正義になり、みんながそれに納得するということもあるんです。

宗教だから。



祭りの話が若干間延びしてしまいましたが、近代文化の発達とともに確固たる成長を遂げてきたといえば、科学は宗教の比ではありません。

皆さんもご存知の通り、人々の寿命は延び、日常生活は便利になり、解明されない事柄がどんどん少なくなっていくのは科学のおかげです。

”曖昧さ”がご法度だからこその科学の進歩です。



しかしながら、昨今の高校野球問題を客観してしていると、物事をより合理的かつ的確にとらえるべき「スポーツ科学」を「祭り文化」と同様にとらえて能書きをブッこくおじさんたちの多いことに閉口してしまうことが多々あります…



「昔はこうだった…」

「○○をやらないから今の子供たちは弱い…」

「心の教育…」

「この瞬間にすべてを…」

「今やらないでいつやる…」

「走り込み…」

「百球超でも連投必須…」

「素振れ!投げ込め!…」

「根性…」

「気合…」

「あおり運転…」

「闇営業…」

(あれっ?)







様々な”曖昧さ”のオンパレード。

おじさんたちが昔やらされていたことに無理やり理屈をつけようと思ってもまったくもって理がつかないがために、自分の唯一の強みである「長く生きている」という一枚札を掲げて、どうにか科学と対抗しようとしている無様な姿の向こう側に「江戸」を感じずにはいられない…





スポーツも科学と同時進行で進化しています。

野球も含め、現存のメジャースポーツチームがタイムスリップして30年前の同レベルで競うチームと対戦したならば、どう考えても現在のチームのほうが格段に強いでしょう。

タイムを競う競技における現在と30年前の比較のほうがもっと明確ですね。

その現実に背を向け、昔話をされても、今ある現状に当てはまるはずはないのですが、そんなことにも気づかない理解力のなさ…



おじさんたちはやはり自身が積み重ねた年月に重きを置いてしまうのでしょう。人は過去の自分を美化してしまうものなのですから… もしかしたら、彼らは自分がやったことすらないトレーニングとされる内容を「昔話」の中に取り込み、それを話し続ける中で現実に起こったこととして記憶を組み替えてしまっているのかもしれません。実際はやっていないけれど、むしろやっていないからこそ、壊れることなく現役生活を全うできたのかもしれません…

事実は闇の中…





精神論に関しても、すごくいいサンプルが今朝のワイドショーであったようなので引用しますと、開星高校野球部元監督の野々村直通氏が、下記のような理屈をこねたそうです。

「自分の決めてた限界よりまだやれたという進歩した自分を発見する。」

「今はそこを優しくし過ぎてる。倒れさせるんじゃない。倒れる気でやれ、それだけ高校野球に没頭しなさいという事。この時期の教育に絶対必要。それをやらなくなって温室育ちになったから非常に弱い日本になった。」



まず「弱い日本になった」って、今日の日本はあなたの世代やあなたの育てた高校球児たちが作り上げた結果でしょう…

もう、おじぃさんったら…



まだまだ滅茶苦茶なことを言ってますよ、おじぃさん…

例えば、真夏の暑い中で長くきつい練習に耐えるから立派な大人になれるのでしょうか?

そんなに高校球児の将来を気にするのであるならば、可能な限り効率よく効果も高い練習プログラムを作成したうえで的確に指導もし、日々の練習だけでなく、夏休みといういつも以上に自分の時間を作りやすい時期に、それこそ彼らに勉強をする時間を提供し、野球以外の知識や技術を植え付ける機会を授けてあげればいいのです。

彼らの体力と時間をいたずらに奪い取るような過去の負の遺産を正義感たっぷりに肯定しつつ、現在の高校球児が作る将来の日本を憂いても、やはり説得力がないんですよ。



幼いころから真剣に取り組んだスポーツで一流というレベルまでよじ登り、高校はたまた大学まで懸命に競技生活に没頭した挙句、その競技生活以上の社会生活のレベルを獲得できないアスリートって多いのではないでしょうか?

それどころか、物覚えが悪い、一般常識を知らない、理解力がない、字が読めない、足し算できない、頭を使う課題に取り組むことができない元アスリートの子たちの割合って、受験勉強をして一般的にも名が知れた大学に入学した「スポーツ競技に高校生活を捧げなかった子たち」と比べたら、数倍じゃないでしょうか?



少なからず私は米国から帰国して、多くの学生運動選手を指導する立場になったときに、その2国間にあるその辺の差をまざまざと感じてしまいました。

米国で私が指導していた大学は、脳力としては平均レベル(もしくは中の上?)でした。それに比べ日本で職を得た大学の脳力レベルは(偏差値は)、国内の大学の中でもかなり下方に位置していたので、一概にその両大学間での経験を「アスリート」と「大学」という括りで縛ることはできないことも理解していますが、それにしても、日本での学生運動選手を指導した際のカルチャーショックは、私が米国で感じた諸々のカルチャーショックを大きく上回るレベルの高さでした。

「こんなにこの子達は物を知らず、しかも考える能力も理解力も低いのかぁ…」

と、悲しくなったほどです。





それは日本の”ダラダラ練習”の弊害の一つだと個人的には考えています。

長時間練習することは、直接的に学生の勉強する時間を奪い取るだけでなく、疲労回復する時間を奪い取り、授業中の居眠りや予習・復習欠如につながります。メリハリのないスケジュール自体が、選手たちのスケジュール管理能力の低下にもつながると思っています。(それなのに指導者はそのメリハリのなさを選手たちのせいにしちゃうのも見たことがある…)。そしてなにより、指導者や先輩に意見する事すら「禁止」される日本のスポーツ文化において「思考停止」が身を守るために存在してしまうのは当たり前なのでは… (それは宗教なんだよ…)

結果的に、学生運動選手たちは、一般的なレベルから比べると、学力だけでなく、社会人として必要な「考える能力」も劣ってしまうリスクに晒されているのだと考えています。

このような過程で競技生活を送り形成された人格と能力が、今度は競技指導者として選手たちの指導に当たるとすると、とんでもない悪循環しか生み出さないのではないでしょうか。そして現状を客観視してみるとあながち間違っていないのでは…

(留意) あくまで個人的経験からくる私的意見です。



***************

ダラダラ練習には、競技力に直結する弊害もあります。いつ終わるかわからない練習プログラムでは、選手は”本気”を出すことをためらうようになり、「全力で」という指導者の熱意は空振りに終わります。しかも、自分の持つ数割の力を出し続けると、その数割がその選手の実力となってしまいます。だからこそ、指導者は常に選手の「全力」を引き出すための質と量を考慮した練習プログラムを提供できるようにならなければなりません。選手たちに「倒れるくらいまでやれ!」と偉そうにほざくのは、最低限、そのレベルの練習プログラムを作れるようになってからです。

***************



科学と宗教は違います。

祭りに魅せられ、自身の人生の大きな部分を捧げている私が言うのですから信ぴょう性があるはずですが、「祭りに理屈なんかいらない」んです。



でも、スポーツ科学は違います。科学なのだから違います。

でも、その科学に宗教的な理由付けを持ち込み、しかも正論体で実践する輩たちの存在がある限り、その被害を受ける子供たちの体と心と脳は存在し続けます。



心身ともに困難に立ち向かう強さを育成する重要性、そのこと自体に何の反論もありません。

スポーツを通してその鍛錬に育むことにも、当然何の反論もないです。反論がないどころか、それが私の仕事です。



でも、私たちS&C指導者の後ろには科学があります。

我々S&C指導者は、科学を咀嚼し、効率よくその効果を選手たちに提供できるように形成してから、指導に当たります。

そこに強いプライドも持っています。



私の強い信条では、選手たちの時間や体力を無駄に消費するのは罪ですから。





昨今の高校野球問題で見かけるおじさんたちの背景には、どうしても私が祭りでお世話になっているおじさんたちの顔がチラチラします。

問題は、祭りで顔を合わせるおじさんたちのことは愛し尊敬もできるのですが、高校野球問題で出てくるおじさんたちには、憎しみにも似た感情が生まれます。

彼らは私の信条に反する事を日常的に行っている、もしくは行ってきた人たちだからです。

そして今後もそれを助長しようとしています。





科学は宗教ではない。

その真意がわからないってのは、おじさん、粋じゃないよ…
試合前でもテクニックテクニックテクニック
2019/ 08/ 21 ( Wed ) 21:59:38
見せることをめんどくさがってはいけない。

水泳以外のスポーツはもっと映像フィードバックがある。

それは根性で泳げより何十倍も効果がある。

GOPR1744.jpg
GOPR1764.jpg



Filmed Dive two view! w:Domeport


Filmed Dive two view! w:Domeport *slow 25%#OUHS SWIM FILMS
ここまでしてこそコーチ
2019/ 08/ 21 ( Wed ) 16:50:14
SNS主体になったが、

まだまだ紙、新聞等の媒体も大きな効果があるし影響力はある。

というか選手は喜ぶ。

ここまでコーチがしてあげないと。知らんぷり、出させただけ、ではもう良くない。

讃えてあげよう。地域に広げよう。

そして声をかけてやろう。GOODJOB一言だけでもいい。大きな試合での活躍や度胸は。

さすが親父だ。

IMG_0294.jpg
BAPE®️ が世界的競泳ブランドの arena とコラボレーション
2019/ 08/ 21 ( Wed ) 16:43:05
これは裏をかかれたしずるい。

約15年前。俺が学生の時なら飛びついていた。

水泳(競泳)とファッション、カルチャーはあまり結びつきがなかったが、、、

やってくれた。これは革命。

なんなら15年前は、、グッチやLVの水着なんかもトップスイマーの中で流行っていたし。


こうなると、、、

シュプリームなどのドメスブランド以外の超世界的ブランドも参入して欲しい。

意外性のあるコラボレーションでリリースの度に長蛇の列を生み出す〈A BATHING APE®(ア ベイシング エイプ)〉が、今度は世界的知名度を誇る水着ブランドの〈arena(アリーナ)〉とチームアップ。国際大会において数々のメダリストを生み出し、革新的な技術を誇る〈arena〉の歴史と伝統にトリビュートを捧げ、アスリート仕様のアイテムに〈BAPE®〉のオリジナルカモフラージュやブランドロゴを落とし込んだユニークなプロダクトを展開する。

水泳競技には特殊なルールがあり、「FINA(国際水泳連盟)」の規約で、選手が着用する水着は市販される商品と全く同じものでないといけない。すなわち、今回のコラボレーションは、100分の1秒の世界で凌ぎを削るトップスイマーたちが纏うギアと同スペックのプロダクトもコレクションを形成。ABCカモを中心に、〈arena〉の定番であるチームラインを〈BAPE®〉流にアレンジした本コレクションには、両者のロゴを施したセットアップやグラフィックTシャツ、メッシュバックなどのデイリーユースなアイテムはもちろんのこと、プールに映えるカモ柄のスイムウェアやバンドに“A BATHING APE®”の文字をプリントしたゴーグル、さらには大ぶりのロゴ入りスイムキャップ、APE HEAD型のビート板など、コレクター欲を駆り立てる〈arena〉コラボならではのプロダクトもラインアップしている。

〈BAPE®〉x〈arena〉は、8月24日(土)より『アリーナショップ東京』、全国の〈A BATHING APE®〉正規取扱い店舗および『BAPE.COM WEB STORE』、『ZOZOTOWN』にて発売開始。瀬戸大也、入江陵介、長谷川涼香という豪華〈arena〉アドバイザリー契約選手が登場するルックブックもお見逃しなく。

あわせて、浮き輪やビーチボールが登場する〈BAPE®〉のビーチコレクションもチェックしておくべし。


IMG_9488 2

親父の背中は広かった
2019/ 08/ 20 ( Tue ) 23:55:23
見事3位、表彰台、メダル!

快挙である。インハイで3番はきっとときわの生きる伝説、岡崎晃一郎以来か?

勿論3年目は伸ばした。さすが親父。

中杉からメダルをかけてもらったなんか最高中の最高じゃん!

これだよこれ。かっこよすぎる。


ビジネスあってのコーチは生涯現役!

好きなことをする。時間も作る。まだまだ若いのには負けん。

まるで俺に魅せつけるようだった。

二世代コーチは競泳界には結構いるが、

大概は自分のクラブに戻り、親とやっているコーチが多い。というかそれが普通。

俺は道を踏み外したか?いや切り開いた。

アメリカまで行った、帰ってきても戻らなかったし更なる上のキャリアを踏んだ。


そろそろ。近い将来。

お互いのスイマーを全国大会で競わすような、

コーチ席で並んでレース!なんてこともあるだろうな。それはある意味夢でもあるし

親父を超えたい願望なんかこの業界に入った時からある。


それとも。

同じチームで知識を共有しあい高め合うか。

IMG_3566.jpg
親父の背中は広かった。とはまさにこのこと。

本当におめでとう!親父!そして中杉!お前かっこよすぎ!勝負強すぎ!













#インカレまであと17日
2019/ 08/ 20 ( Tue ) 17:57:40
#ouhswim のツイッターに出演!

大阪体育大学のSNSから目をそらすな!

体大のツイッター

IMG_9484 2
甲子園だけじゃねえ!北九州から会心の一撃!
2019/ 08/ 20 ( Tue ) 13:40:40
さあ。中杉。いけ!

甲子園だけじゃねえぞ。頑張っている高校生は。

北九州は、ときわスイミング、常盤高校から一撃必殺。

100は4番残りである。高校3年生。最後の夏。魂の一撃を見せて欲しい。

決勝が楽しみだ。

IMG_9512 2
神様よ。勝たしてやってくれ。



世界が変わるのは一瞬
2019/ 08/ 20 ( Tue ) 01:34:05
朝倉海が勝ったか。しかも1分で。

咬ませ犬?セコンド兄の未来だけは全て見えていたのかもしれない。

アンチがファンに変わる瞬間だ。それと同時に話題も全部持ってった。世界がひっくりかえるとはこのこと。

本当に1発のパンチで何もかもが変わった。ほんの一瞬で。


恐れずいかんとな。お見事。

まさに相手を分析した一撃必殺。これだよこれ。

俺たちもしようよこれ!
IMG_9523 2

今週末は格闘技ウイークエンド
2019/ 08/ 18 ( Sun ) 11:58:30
G1クライマックスも終わり、次は年末に向けて格闘技が忙しくなってきた。

なんといっても今日の見ものはライジン。

「堀口vs朝倉海」

煽りVTRを見る限りでは、一波乱ありそうだ。

堀口が勝つ。そして、、「お兄ちゃん、日本の格闘技を盛り上げるために大晦日やりましょう!」

と未来選手に言ってほしい。これがクレイジービーとの大戦争になる(矢地選手が負けているから)

それと同時に女子格闘技も盛り上がってきた。俺個人的には日本の女子ファイター全員には頑張ってほしい。


海の向こうも熱い。

ダニエル・コーミエーvsスティーペ・ミオシッチのUFC世界ヘビー級タイトルマッチ。

さらに“悪童”ネイト・ディアスが、元ライト級王者アンソニー・ペティスを相手に3年ぶりの復帰戦に臨む。

カリフォルニア贔屓の俺としてはDCとネイトの、対戦者をボコボコにして狂気的な勝利を願いたいが、、


今日はスポーツバーにでも行きたい気分だ。

日根野、熊取にあるわけない。。泉佐野市も、、ないだろう。

市内にはある。やってるかなUFC。


IMG_9499 2
速攻アップデート!速攻やる気スイッチ!
2019/ 08/ 17 ( Sat ) 23:42:23
合宿が相当よかっただけに、その後はどうしても反動でダレてしまいがち、、

去年インカレのベスト率が低かったのも、もしかしたらここでの躓きだったのかもしれない。

だがそんなことはさせない!選手もコーチも!今年は目の色が違う。

インカレの借りはインカレで返す。倍返しせんと気が済まん。なあ?

、、、、
、、、、、、、
、、、、、、、、、、


今週も良かった。今日はアヤカ、アサヒ、クルミ、サクラがよく動いていた。

それに引っ張られて上級生も。

合宿パワーがもう出てきたようだ。楽しみになってきた。


浜上先生が持ってきてくれたオモチャが効いたか?

65インチのスクリーン登場!New toy has just arrived at Taidai pool! #OUHS swim films


昨日のスプリント!早速!

俺はなんでもすぐ使ってみることは超大事だと思っている。ビジネスでも。


65 inch Screen effected swimmers well! #OUHS SWIM FILMS


さあ。今日もゲストコーチが来てくれた。

俺たちは色々なアイデアを使いまくる。

フレディ!ありがとう!

OUHS swimmers always love to have guest coaches! #OUHS Swim films


IMG_0160_20190817234205c52.jpg
IMG_0155_201908172342036a6.jpg




合宿、動画編!
2019/ 08/ 17 ( Sat ) 00:48:05
全てアップ済み。

まずは解説抜きで見て欲しい。



One day workouts -relay ends *0810*- #OUHS swim films

これは1日の練習、タイムラプスで撮影。メインは長水路でリレー。




Entertainment race! #AETVLOG

勿論スタッフが楽しまないと。名古屋高校の長谷川先生も巻き込んでのレース笑




Double main swim day! #OUHS swim films

最終日一日タイムラプスで回した。おすすめは写真撮影のシーン。



Swam 22 sec!? We can't believe! So fast! #OUHS swim films

みゆりがやってくれた。22秒。まじはえー。これには痺れた!



MVP swimmers of swim camp!! #OUHS swim films

俺のお気に入り動画。最後のシーンに注目!

後半の動画@秋葉山編 である。

帰ってきてからも動きよし。明日のメインも楽しみだ。


今この瞬間、ケータイが鳴り止まない
2019/ 08/ 15 ( Thu ) 10:39:09
泉佐野市からは台風接近にあたり、、

うんちゃらこうちゃら、、、

♬ピピピピピーン、ピピピピピーン夕方はやばそうだな。

勿論安全を踏まえて練習は休み。大学生は自分で考えてアクティブかつスマートに生活してくれればいい。

無理してくるより、事故が起きる率を減らした方がいい。

そう思うと、世の中は少しづつだか変わり始めた。

学校からも、メディアからも、ケータイからも、スポーツメディアからも

ましてやJRや新幹線、飛行機、デパートや普段閉まらない店も、

思い切って休んでいる。働き方改革が少しづつ浸透しているんでは?

というか本当に今回の台風はでかくて危ない、毎年死亡者や自宅破損があるので、いい推測ができている。

もう「死ぬまで働けー」「人が休んでいる時こそ働けー」

という考えが変わってきたのかもしれない。

あとは今仕事ってのは自宅でできることも多くなってきたし、

と、いうかお盆だし、本来は家族で祖先の霊を祀る一連の行事だ。

俺はアスリートに関しては、最高のタイミングで台風が来たのでは?と思っている。


さて俺はというと、、、

窓閉め、ベランダのものを全て室内に取り込み、準備万端。

前は網戸が取れて4階から床に落下。ちょっと晩飯も早めに買っておいた方が良さそうな感じ。

自然の出来事に対応し、楽しもうと思う。





これは明らか反則ですよ
2019/ 08/ 14 ( Wed ) 23:24:25
この動画はちょっと、、反則ですよOfficial髭男dismさん

ほんっと楽しそうにやってんなー!しかも一緒に楽しんどるし!

高校生くらいかなー?これくらい目を輝かせるくらいしないと。

これぞコーチング。かっこいいよ。

そしてこの一体感。きっとこの高校生たちは一生忘れんよこの経験を。

そしてそして憧れてアーティストになるんやろうなー。

アートのように見入ってしまった。


Official髭男dism - 宿命 (Brass Band ver.)[Official Video]


IMG_9425.jpg
俺は憧れや夢をあげているか?

小島コーチが俺を導いた。コーチの道に誘ってくれたように。
熱すぎて熱中症になってしまう動画 ーカンカレ編、パート2ー
2019/ 08/ 14 ( Wed ) 15:11:56
戦いの記録。

動画編↓

Photos review 2019 Kankare! All photos by Teru Saiga #OUHS swim films

IMG_9474 2
熱すぎて熱中症になってしまう写真 ーカンカレ編、パート1ー
2019/ 08/ 14 ( Wed ) 15:09:03
だめだ。涙が。。

これ見るだけで。
IMG_9477 2
IMG_9448_2019081415022090e.jpg
IMG_9425.jpg

IMG_9426 3
IMG_9429.jpg
IMG_9432.jpg
IMG_9433.jpg
IMG_9439_201908141504524da.jpg
IMG_9442.jpg
IMG_9459 2
IMG_9467 2
IMG_9474 2
IMG_9484 2
IMG_9488 2
IMG_9491 2
IMG_9499 2
IMG_9517 2
IMG_9521 2
勿論紆余曲折あり。全てが最高だったわけではない。

だが転んでも起き上がる限り、俺たちは敗者ではなく勝者。

最後の最後まで諦めないし、俺には分かる。

こういう時は水泳の神様が見ている。最後には大笑いできるOUHSは。

俺の想像していることは、だいたいそうなる。
応援者を巻き込む。ドラマを映し出す
2019/ 08/ 14 ( Wed ) 15:00:43
ほとんどの卒業生が来てくれたのもいい要因。

やっぱり宣伝しないといけないし、プールに来てくれた人から、後輩の抱えるドラマに夢を託せるというもの。

俺はこのブログは広報も兼ねている。地方の人は会場に見にこれない。はずだが


今回のカンカレは過去最高人数のOBOGが集まってくれたし

選手の保護者の皆さんも大集合だった。

見えないサポートが選手の背中を後押しする。

特に遠方から来ていただいた保護者様には頭が上がらないし、なんとしてでも頑張る姿を見てもらいたい。

俺は密かに出し数えてはいないが

体大関係者のOBOG、保護者が一番多かったのではないかと思っている。

それくらい愛国心(自分の大学を愛するOBOG)が多い。

体大の血は濃い。みんなスポーツが好きなんだから。

IMG_9392.jpg
IMG_9370.jpg
IMG_9424_20190814143311eef.jpg
他大学でも応援してくれる。そんな嬉しいことはない。
自慢
2019/ 08/ 14 ( Wed ) 14:50:41
これは浜上先生がSNSで出してくれたメッセージ、データ!

俺も3年目のカンカレだがこのベスト率は驚異。嬉しい。過去最高。

普段のローカル試合以上だし、全く分けずに練習したカンカレに出ていない選手も

かなりの仕上がりだったので、全員が出場していたらもっと行っていただろう。

会心の一撃。申し訳ないがインカレ、プレインカレはまだ行く。だって合宿パワーがもう出てきている。


じゃあその秘密は?と言われれば勿論たくさんあるのだが

一つ俺が証明したかったのは練習回数、練習時間を、思い切って減らしたこと。

4月くらいからウエイト込み9回だったのを8回に。基本一日一回練習。2時間で終わらす。

さっきブログにアップしたネタではないが、、

練習回数を減らすのはか、な、り度胸がいることだ。

これでヘッポコだったら「おいおいおい」ってとこだが

そっちの方が集中してくれるし、吸収率もいい。

ローカル試合のベスト率、200リレーの日本一(今現在)、体大新記録4個塗り替え、

熟成ベスト多数などなど。勿論これだけが全ての要因ではないが

ゆっくり寝れたり、使える時間が多くなることで賢くなったことは間違いないことだろう。

IMG_9420.jpg

初めての関西インカレに行ってきました
関東も熱かったけど、関西も熱い!!
大阪体育大学女子チームは去年に引き続き1部4位。
上位3大学には力が及びませんでしたが、いつか追いつくために一歩ずつ確実にチーム力を上げていきます。
ベスト更新者:43.8%(7/16人)
ベスト更新レース:32.1%(9/28レース)

今回の熟成ベスト更新者(笑)は2人。
・1年(中3以来4年振り)
・4年(高3以来4年振り)※他距離ではコンスタントに更新
熟成ベスト保持者(笑)も数えるほどまで一気に減ってきました。スランプ全員脱出までもう少し。
まずは高校生たちから注目されるくらい「伸びまくる」チームへ。
次はインカレ!
好調な男子チームとともに全国に大体大をアピールします!


『何かを捨てる勇気を持とう』「競泳はまだまだ科学的に突き詰められるんです」
2019/ 08/ 14 ( Wed ) 14:18:12
自分自身へのメモに。

鳥取一の進学校・米子東をセンバツに導いた「超合理的思考法」とは――2019上半期BEST5
8/13(火) 5:30配信 文春オンライン
2019年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。スポーツ部門の第5位は、こちら!(初公開日 2019年1月25日)。

【写真】米子東ナインの写真(全8枚)を見る

*  *  *

 91回目を数えるセンバツ甲子園の出場校が発表された。

 ファンの間でも人気のある星稜(石川)や履正社(大阪)といったおなじみの高校や、激戦の関東地区を制した桐蔭学園(神奈川)など実力校が順当に選出される中で、ひとつ目を引いた高校がある。

 中四国地区代表の鳥取県立米子東高校だ。

鳥取一の進学校・米子東をセンバツに導いた「超合理的思考法」とは――2019上半期BEST5
昨秋の中国大会準優勝し、センバツ出場を決めた米子東。野球部員はわずか16人

ベンチ入りメンバーわずか16人の進学校
 米子東は毎年100人以上が東大、京大をはじめとする国公立大学へ進学する鳥取一の進学校。もちろんスポーツ推薦制度もない。

 こういった進学校のセンバツ大会への出場というと、21世紀枠での出場も多いのだが、今回の米子東は昨秋の大会で倉敷商業(岡山)や開星(島根)といった甲子園常連の実力校を撃破し中国大会準優勝を収め、正真正銘実力での選出となった。

 しかも今回のチームのベンチ入りメンバーはわずか16人。特別な練習施設があるわけでもなく、全体練習の時間は平均1日3時間程度。練習環境は多くの地方公立校と変わらない。ではなぜ米子東はセンバツ出場という成果を出すことができたのだろうか?

『捨てる勇気』を説く紙本監督
 大きな理由のひとつが、5年前からチームを率いる紙本庸由監督の存在だ。

「夏の大会後にチームに言い続けてきたのが、『何かを捨てる勇気を持とう』ということでした。同じ時間を使うならば、それをいかに効率的に使うのか。『何かをする』ということは、イコール『何かをしない』ということと同意だと生徒には言っているんです。ある時間で『野球をする』ということは、その時は『野球以外のことはしない』ということですよね。いま『何をすべきか』ということはよく言われるんですけど、『何をすべきでないか』の方が大事なんだと思うんです。いま『何をすべきでないか』という発想を持っていれば、野球の試合の中でもそういう思考でいられるんじゃないかと。するべきこととするべきでないことを明確にするということ、それがすべてなんじゃないかと思います」

 紙本は米子東高校OBで鳥取大学出身の37歳。現在は同校で体育教諭を務めている。大学まで硬式野球を続けていたものの「神宮なんて夢のまた夢」のレベルで「実績はなにもない」のだという。

「将来監督になった時に必要な下準備は何だろう」
 それでも、当時からいずれは野球部を率いて日本一になりたいという想いは抱いていた。そんな中で、大学卒業後に様々な高校でコーチをする機会があり、それが現在の指導の原体験になっているという。

「いきなり監督を任されると、やっぱり『強いチームの監督に話を聞こう』という発想になりがちだとは思うんです。でも、僕の場合はなかなか教員採用試験に受からなくて、講師をやりながらいろんな学校でコーチをやる期間が長かった。なので、その頃から『将来監督になった時に必要な下準備は何だろう』と考えて、まずは体のことを知るためにスポーツトレーナーの資格を取ろうとか、栄養の勉強をするために栄養士の方々と一緒に勉強会に参加させてもらおうとか、強化のための細かな要素から考える形になりました。強くなるための課題を細分化して、それをひとつずつ潰していく。今にして思えばその発想がすごくプラスになっていますね」

 やるべきこととそうでないことを区別し、限られた時間をいかに有効的に使っていくか。紙本の超合理的な指導論の土台は、コーチ時代に培われていった。

文武『両道』ではなく、文武『不岐』なんだ
 文武両道の学校らしい、スマートな指導法ですね――話を聞いてそんな感想を漏らすと、紙本は少し困ったように苦笑した。

「僕、文武両道という言葉がよくわからないんですよ。文武両道というのは、部活と学校の勉強は別物だという前提があるから『両道』という話になるわけですよね。でも、学校の目的ってテストで点を取るだけじゃない『学力』を身に着けることでしょう。その手段として部活があるんだと思うんです。国語、数学、社会とかの科目も、野球部での活動も、全部横並びで、等しく学力を養う手段に過ぎないと思うんです」

 野球部での部活動も学校の勉強もあくまで同じフィールドの一科目にすぎない。紙本はそう考えているのだという。

「だから僕は生徒に『文武は不岐だ』と言っているんです。文武『両道』じゃなくて文武『不岐』なんだと。要は学校の勉強を頑張ることが野球が強くなることにつながっていて、野球や甲子園で勝つために毎日頑張ることが、みんなの受験に活きるんだということですね。野球のためのトレーニングが最終的にはテストの点にもつながるんだと、そういう話をしています。大学入試でいい点を取ることと、部活に打ち込むことは、別に相反することではないでしょう」

24時間=1440分を使いきる人になろう
 こうした考え方自体は、多くの指導者も語っている。だが、紙本が特異なのは、その思考をしっかりと方法論に落とし込んでいるところだ。

 そこに野球部躍進の理由も見えてくる。

 ポイントは〝行動の習慣化〟だ。

「部活で言っているのは『24時間を使いきる人になろう』ということです。24時間は分で言うと1440分なんですけど、これを無駄なく使い切れるようにしようと。例えば毎日1440円を朝に受け取れて『使い切れなかったらゼロになります』と言われたら、すごく大事に使うと思うし、10円玉を落としたら拾うと思うんですよ。でも、人って10分をすぐに無駄にするんです。10円をかき集めたらすぐにジュースくらい買えるわけで、10分をかき集めたら結構なことができるはずなんです。でも人はなかなかそれができない。じゃあ、どうしたらできるようになるのか。大事なのは『習慣形成』なんです。要は習慣になっていないことをしようとするから苦痛を伴う。勉強や野球の練習を『やることが普通』の状況にもっていきたいんです」

「甲子園に行きたい!」ではなく「甲子園に行ったらどんないいことがあるの?」
 言葉で言うのは簡単だが、染みついた習慣を変えるということは非常に難しい。とかく人間は何事においても楽な方に流れがちだからだ。だが、順を追ってひとつずつハードルを越えて行くことで、すこしずつ変化がでてくるのだという。

「習慣形成をするためにまずやらないといけないことは『目標設定』なんです。ウチで生徒が目標設定をするときは『達成しているところが映像でイメージできる』ように設定するように言っています。映像で考えるには期日と場所が入っていないといけないので、目標の大会等があれば期日を調べるし、場所のイメージができない場合は『1回行ってみてごらん』と言っています。今はグーグルで画像も出て来るので、それでもいいですし」

 目標設定ができたら、次に必要なのが『目的の確認』なのだという。

「目的ってどういうことかというと、人は目標自体が欲しいわけではなくて、それが達成された時に得られる何かが欲しいわけですよね。感情とか、対価とか。『甲子園に行きたい!』という目標でも、甲子園に行くこと自体が目的ではなくて、甲子園に行ったときに得られる何かが欲しいわけです。なぜ自分はその目標を達成したいのかということを明確にするんですね。その目標を達成したら自分や他者、社会にどんないい影響があるのかということを理解する。これが明確になると、とにかく目標に向かう行動が加速するんです。ただ『甲子園に行きたいです』じゃなくて『じゃあ甲子園に出場したらどんないいことがあるの?』と考える。長くやっていればモチベーションが下がるときはどうしてもある。そういう時はこの目的に立ち返って、頑張る理由を再確認するんです。野球部では自分軸と他者社会軸、有形軸と無形軸という4つに分けて考えています。例えば他者の無形というカテゴリは、親が感動してくれるとか、学校全体が喜んでくれるとか、そういうことですね。それをどんどん表に書きこんでいく。ウチの選手だと40個とか作っています」

『ダラダラする』時間込みでタイムマネジメント
 こういった大きな枠組みができてくることで、学生の頭の中でやるべき行動が細分化され、クリアになっていく。

「ここまで来るとどんな目標を達成したくて、どんなことを成し遂げたいのかが見えてきて、1日のルーティーンを考えることができるわけです。例えば『目標達成にはパワーが足りないから朝、自主練で筋トレをする。その後、教室に上がったら英単語勉強をする』とかですね。『授業の合間の10分休憩は英単語を勉強する』『家に帰ったら○○をやる』みたいなものを5W1Hで全部紙に書きだしてスケジュールを考えるわけです」

 ただ、高校に入って来たばかりの生徒にいきなり部活も勉強もバリバリやるようなルーティーンを組ませても、当然実行は無理なのだそうだ。

「だから最初は『積極的にダラダラしてね』と言っています。時間が空いたからダラダラするんじゃなくて、タイムマネジメントの中にダラダラすることを入れる。スマホを使うとか、ダラダラすることとか、そういうことも積極的に時間を決めて習慣にしてくんです。毎日書く生徒のタイムマネジメント表を見ると、ダラダラっていっぱい書いてありますよ(笑)。ウチだとエースが1番多いですね。そのルーティーンを決めると、実際に自分で毎日のタイムマネジメントをし始めます。授業の合間も休憩時間が来て『休憩時間はなにをしよう』と考えるのと『今日の休憩時間はコレをやろう』と予め決めているのとでは全然違うんです」

土日の全体練習は朝10時半には終わりますよ(笑)
 何事においても事前に準備をしておくことが、紙本の考えだ。

「今まで言ったことって基本的には勉強に活きることですよね。授業の間の空いた時間に勉強するとか。でも、このスケジューリングを習慣にしておくと、野球も強くなるんです。自分に打席が巡ってきて『この打席、どうしよう』という発想じゃなくて『次の打席はこうしよう』と思える。これも1つの習慣だと思うんですよね。思考の習慣。人って結構、無意識に考えていることが多い。無意識に先のことを考える、マネジメントをするということにつながる。これがさっき言った『文武不岐』ということなんじゃないかと。野球のことでもこうやって目標設定させると、本当に効果絶大ですから」

 こうしてルーティーンができ、目標に向けた努力が習慣化すると、学生たちは凄まじい力を発揮するのだという。

「ここまで来ると生徒は勝手にいろんなことをはじめます。だからこっちはもう、ブレーキだけですね。練習しすぎはダメだというくらいで。とにかく食事、休養は練習より大事だよと言い続けていますね。ウチにある唯一の決まりは『睡眠時間を7時間以上取ること』ということだけです。そうしないと夜遅くまで練習したり、勝手に朝練し始めたりしちゃうんで……グラウンドが使えない日は、ひたすらはやく練習を終わります。最低限のトレーニングだけして、土日だと8時から全体練習をはじめて10時半とかに終わりますよ(笑)。でも結局、夕方まで彼らは自主練習するんです。残りの時間をどう使うかは自分でマネジメントしろよと。エースの森下(祐樹/2年)なんかはそこでダラダラするのが多いんですけど、そういう力の抜き方も上手だと思いますよ。だから監督は練習が終わったらすぐに帰ります。僕らが見ていると『監督が見ているからもうちょっと残ろうかな』みたいな外発的な動機になっちゃうので、とにかく早く姿を消します(笑)」

野球はまだまだ科学的に突き詰められるんです」
 紙本の話を聞いていると、野球監督というよりも、若手のビジネスマンと話しているような印象だ。高校野球という伝統が重みをもつ競技だからこそ、それがとても新鮮に感じられた。

 日本全国から選手が集まり、プロ野球選手の予備軍のような私立高校もあるのが、現在の高校野球の現実でもある。

 それでも紙本は、米子東のような地方の公立校でも、十分に戦えると語る。

「この前、ある大学の先生が言っていたんですが、野球って非常に未成熟なスポーツなんだそうです。例えば陸上の100mなんかは1000分の1秒を削り出すために科学的にいろんなことが分かってしまっている。そうなると、どうしても最後は生まれ持ったものが必要になってきます。でも、野球はまだまだ科学的に突き詰める要素がいくらでもある。だからこそ、ウチの様な地方の公立校でもいくらでもやりようはあると思います。

 例えばいま、ウチの部員は16名です。でも、その少なさこそが1番のウチのストロングポイントだと思います。短時間でたくさん練習できますし、中には中学校でレギュラーじゃなかった子だっているわけです。でも、そいつが本気でセンバツのレギュラーになろうと思っている。だって、16人ですから。誰1人としてぶら下がっている選手がいないんです。これはチームとしてデカいですよ。みんなが本気なんです」

 自分で必要なものを見定め、自らで日々の練習をマネジメントしていく――そんな日常を続けることで、選手には狙い球を絞る習慣ができた。無理なものは無理と割り切る。そんな思い切りの良さもあり、中国大会では勝った全試合が2点差以内という僅差の勝負で圧巻の粘り強さを見せた。

 その快進撃はどこまで続くのか。

 米子東高校がセンバツで見せる戦いが、楽しみになってきた。

写真提供=米子東高校
科学兵器投入
2019/ 08/ 13 ( Tue ) 16:34:49
65インチのスクリーンを浜上先生が持ってきてくれた!

もちろん水上競技部のために!


65インチのスクリーン登場!New toy has just arrived at Taidai pool! #OUHS swim films

答えは水の中。

またコーチングがクリエイティブになる!


IMG_9975.jpg
歴代最強最高になる4年生と!

2年半くらい?俺のコーチングをみっちり受けた選手も秋葉山練習ラスト。と言うより合宿自体がラスト。

一人一人と過ごした時間は長い。さあもう少し。頑張ろうぜ!
ファンの「こうなるんじゃないか」という予想をしっかりと裏切ってみせた
2019/ 08/ 12 ( Mon ) 22:12:15
俺は飯伏vs内藤。そして優勝は内藤と思っていたんだけどなー。

飯伏vs.ジェイ からの飯伏。となると、、、

なんかいきなりってのもなんだから、飯伏vs.鈴木を挟んで

飯伏vs.オカダのイッテンヨンになると読む。

こういう時はレビューサイトや予測サイトを見ない。

自分で考える時間が、ファンにとって最も楽しい時間でもある。

IMG_9985.jpg

さあ体大ヘイターやファン、OBOGの皆様!

「おいおい、最強世代が抜けて弱くなっとるんやねーの?」と思っている皆さん!


よーくカンカレの結果を見てほしい。

そして一般者が見れない合宿の様子等。

ま、ず、は、

プレインカレ組のいつも以上のありえないベスト率や伸び率。

ここを見てもらいたい。

そして後25日後に迫るインカレ!

「どーせインカレはショボンだろ?」

という予想をしっかりと裏切ってくるので楽しみにしといてもらいたい。




ーーー
ーーーーーー
ーーーーーーーーー

今日は海へ。360度カメラデビュー。

めっちゃいいやん。

こういう時は引きこもって寝まくってうまいもん食ってゴロゴロ。。。

ノーノーノー!!

人生初、サーフィンを3ラウンドってやつ?

大自然の中遊ぶことでリフレッシュ。これだなやっぱこれ。

さあ充電完了。
IMG_0002.jpg
ひろゆき!サンキュー!色々話聞いてくれて!

Numark portable scratch
  
ブログ内検索
  
リンク
  
Finis edge fins
  
Vasa Trainer Pro
  
スポンサーリンク
  
copyright(c) 2005 アサノエンターテイメント Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )