FC2ブログ
競泳戦国時代のど真ん中を歩きまくるコーチの日記!! この道をいけばどうなるものか!! 迷わずいけよ!行けば分かるさ♪
AET VLOG
check it out everyday every moments!
  
Youtube of Kohei
  
プロフィール

koheijapan

Author:koheijapan
浅野晃平(36)*Kohei Asano*
KSGトキワ~福岡大学~枚方SS~KSG広島ミドリ
~PALO ALTO STANFORD AQUATICS〜大阪体育大学水上競技部
親父を超えるべく、スイマーを導くべく
コーチング修行中!
チームでのボランティアコーチ二年間を経て、
USA Swimming の公認コーチになる。と同時に
PASAのアシスタントコーチに晴れて就任。
8シーズン。オリンピックイヤー。バーシティーグループコーチ。
2015-16年は50名の中学生、高校生スイマー達、そしてそれを共に応援してくれる保護者の方々と夢に向かって突き進む。
波瀾万丈、最高のコーチングライフ!

迷わず行けよ行けば分かるさ!

Kohei Asano

In 2007, he left his home country in order to pursue his goal in becoming a great swimming coach. He has a total of 12 years of coaching experience; 4 years in Japan and 7 years in the US. His passion for swimming and his cultural awareness makes him a unique and creative minded coach. In the few years that he has been here, he has adapted to the diverse coaching and managing styles of the American culture. His willingness to stand by the poolside 365 days shows his love and dedication to help his swimmers improve and overcome their challenges.

He has a special working visa that no one normally gets because one needs to get approval from the government. He is the only coach from abroad who is a H1-b visa holder also working at a swim club legally in USA. Kohei did not know any English when he moved to the United States. Now he can talk to everyone fluently. You will be surprised to know how much he was challenged to add English as a second language.

He appreciates all of the coaches who trust him by giving him the opportunity to coach the varsity group for the past 5 years. In addition to his responsibilities as the varsity group coach, he will continue to be the assistant to all coaches - Tony, Tisha, Carlene, Janet, Hilary and PASA pro team during the 2016 season. He will also be supporting all of Rinconada‘s programs this season.

Kohei is a fun and humorous guy with a lot of passion for swimming. He enjoys socializing with his Japanese and American friends during the weekends. He often attends BBQs and goes to the popular ramen joints in the bay area. He also enjoys watching mixed martial arts and professional wrestling and has an ever-growing collection of sneakers. He is married to his Japanese wife and they had their first baby this year. His son was born here, in the USA and his name is Kento. Kento is an American citizen!

Kohei Asano Rinconada site

Blog: http://koheijapan.blog71.fc2.com
Youtube: KOHEIJAPANREMIX
Instagram: SWIMCOACHKOHEI

  
月別アーカイブ
  
カテゴリー
FC2カウンター
  
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  
Youtubeプレイリスト
  
AET VLOG include youtube
check it out everyday!
  
Day 4 end! ー余韻ー
2018/ 12/ 30 ( Sun ) 23:18:31
冷めやまず!

それくらいいい合宿だったなー。

IMG_3724_20181230231132989.jpg
IMG_3752_20181230231133b01.jpg
IMG_3753.jpg
IMG_3766_201812302311500d0.jpg
IMG_3762 2
IMG_3761_20181230231148c31.jpg
IMG_3759.jpg
IMG_3758.jpg
IMG_3757.jpg
IMG_3756.jpg
IMG_3755.jpg
IMG_3754.jpg
きっと今頃筋肉痛地獄。だろうみんな笑



近大からパクる予定のスプリント!

こんなんばりオレらん得意やし!

Swim sprints ideas "3flip and breakout" from KDU #OUHS swim films
DAY 4 end...
2018/ 12/ 30 ( Sun ) 00:54:09
その空間は常軌を逸したものだった。

最後の練習はクレイジーダイブ(イージースイムなし)だったが、

本当にマジでお世辞抜きにみんな良かった。

こんなことは一年に一回あるかないか。1番証明したい人に、チームに

体大が来ている理由はこれかというのを見せれた。

近大とともに関西を、いや全国をビビらせたい。



家に帰ればバタンキュー。ケータイを触っていたらガクッと落ちてしまったZZzz

我に帰れば夜中。今日は写真だけアップして

この近大合宿のことはじっくり記事にしたい。

無事2018は走り抜けた。平成最後の練習は1番強く雰囲気も最高潮。

明日は福岡に帰って家族とゆっくり、、、

なんてしない!ときわスイミングスクール忘年会がある!オレは騒ぐ笑
GPTempDownload 16
ゴープロで自撮り。チームバージョン。お気に入り。


IMG_3765_20181230004838b37.jpg
今日のメンバー。ゲキきつメニューもなんのその。


IMG_3746_20181230004828698.jpg
スタッフ。コーチ達。山本監督は上から見ている!


IMG_3763_20181230004825137.jpg
IMG_3764_20181230004816d1d.jpg
本当にいい合宿になった。

さて二度寝するか笑 何度でも寝れそうだ。今日は。


DAY4 FINALDAY
2018/ 12/ 29 ( Sat ) 13:00:49
疲労困ぱい。動きません。サボります

なんて言えるわけない。

近大生は真のポジティブ、練習からハングリーだ。

体大に本当に必要なものを

プールサイドで全員が感じている。いいやん。これぞ相手の陣地に乗り込んでの合同合宿。

1日だけの単発よりも、腰据えてたくさん知れたことはいい化学反応になる。
IMG_3716.jpg
大人数の前で話すのもなんのその。度胸もリーダーシップも付いてきた。

IMG_3730_201812291245116b9.jpg
最終練習前に山本監督からモチベーショントーク。

オリンピックメダリストの言葉が突き刺さる。

さあ。最終練習開始まで後3時間。

IMG_3720.jpg

Day 3 ー折り返し地点ー
2018/ 12/ 29 ( Sat ) 12:51:53
ただ我武者羅に、長くタフに、二部ともスイムだけを

なんて馬鹿げたことだけはしない。

こういう時こそ考えて、テクニックをおろそかにして欲しくないし

合宿ならではの新しい技術や考え方も取り入れないと

ただ泳ぐだけのツマラナイものになる。それでは大学生らしい合宿ではない。

コーチは工夫が必要だし、腕組んでいるだけでもだめ。

オレと山本コーチは工夫の達人。組めば最強のアイデアが湧き出てくる。

勿論エンターテイメントも導入。やる気や学びどころ。マネする能力も高めてほしい。
IMG_7266.jpg



オレの三日目お気に入りパートは

山本コーチが体大生、オレが近大生をコーチングするパート。
IMG_2460.jpg
IMG_2472_20181229124514348.jpg
すぐに化学反応が起こる。1番とびっきりのことを教えるにきまっている。


練習はあと2回。

関西最強と寄り添って高め合って。
IMG_3722.jpg
DAY4、最終日へ続く。


DAY2 ー過去最大のワークアウト強度ー
2018/ 12/ 28 ( Fri ) 00:31:32
ボコボコ。でしょんぼり。。

なんてするわけない!昼の休憩が長いのでなんぼでも蘇る。

超回復するくらい切磋琢磨し競いまくっている。強くなる。

合宿も後半戦。後4回練習。

どんどんチャレンジしてほしい。

IMG_3710.jpg
IMG_3686.jpg
IMG_3691.jpg
IMG_3693.jpg
IMG_3698.jpg
IMG_3703.jpg
IMG_3708.jpg


ほら
2018/ 12/ 27 ( Thu ) 00:52:27
初日。フルスロット、全開で行った!

オリンピアンメダリストのメニューDIS8500、それ以外は6500。

初日から死んだ!ガハハー!

だが、何度でも蘇る。体大生特有、無限の明るさ。

早くも変化に対応してケロッしている。

スーパーサイヤ人のように超回復して明日にチャレンジ。

ハイライト写真をどうぞ

新しいものはすぐに試す!
IMG_3675.jpg
ランニングダイブからローププルアップ。

これやらしてみたかったんよねー。


IMG_3677.jpg
IMG_3680.jpg
競いまくった。初日からいい練習ができた。強くなったはず。お互い。

オレたちは喋りも上手い。


夜は江口コーチに誘われてヒッサビサゆっくり銭湯。

いつもケントと一緒ですぐ上がらないといけないが

今日は久々ゆっくり自分のペースで。しかも水泳コーチと。

話が弾む弾む。汗が噴き出す。湯船で延々と一時間半競泳と人生の話。

1、5キロ痩せたんやけど笑
IMG_3681.jpg
最高のDAY1。DAY2に続く。
平成最後の秘密兵器解禁
2018/ 12/ 26 ( Wed ) 00:34:32
もちろん初の経験になる。

西日本最強、近畿大学に出向いて合同合宿である。

向こうは万年関西優勝。こっちは二年連続関西4位。格上挑戦。

山本コーチとはいつか一緒に、単発練習ではなく長期でしたいと望んでいたところ一致。

最強のコンビネーションが平成最後の東大阪で起こる。

是非見にきてほしいし、注目してほしい。


体大はここで大きく変わる。目の色を変える。

明日からフルスロットでいくために、驚異的に量も質も追い込んだモンスターウイークを乗り越えた。

準備はできている。この融合がワクワクでしかない。


ちょうど一年前に思い切って一発連れてってフルボッコにされたが、、

今までそんな経験したこともなかったので

そっから限界の壁が外れた。

Highlight 2017/12/23 @Kindai pool *OUHS SWIM FILMS

自衛隊も参加、オリンピアンも参加のいい練習会。



OUHS vs KDU 4/50 Free Relay (ガチ) *OUHS swim films

このリレーはマジで勝ちに行った。女の負けん気意地が出て滅茶苦茶異様な空気。

こういう時に体大らしさが出る。勝つかと思った。盛り上がった。



OUHS vs KDU (ガチンコ)*OUHS swim films

大逃げをかましたが最後にやられた。後少しでいつも関西最強を名乗れない。

が近づいてきていることは確か。確信。


さあ!競おう!そして関西を盛り上げようぜ!

IMG_3652_20181225142933f3f.jpg

ワクワクが止まらんすぎてやばい
2018/ 12/ 25 ( Tue ) 14:48:02
今シーズン最後のウエイト後は

ミズノGX4の試着、試泳会。どこよりも早く。

試して欲しかったゴーグルやセパレートの水着も。
IMG_3657.jpg
OBのリュウジが来てくれた。説明もさすが。

ジョークを交えながらの説明は、体大生の心を掴む!

IMG_3662.jpg
IMG_3658.jpg
中野さん!今回の企画から全てありがとうございます!

セパレートの水着もいい感じ。腹筋?余裕で割れてますけど何か?

やっぱりアパレルが変わるといい。モチベーションも変化する。

ここも進化させたい。止まっている時計をとにかく動かし続けないと。


GX4を穿いてのチームフォトセッション。
IMG_3652_20181225142933f3f.jpg
オフィシャルフォト。笑顔なし。真剣。

かっこいいやん!さあいくぞ!って感じ。


ーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よりっ

やっぱ俺たちはこれだな!こうでないと!
IMG_3654.jpg
体大生らしく。無限の明るさ!笑い途切れたことなし!何度でも蘇る!

これで俺たちは進化し続ける。
大阪公演新日本プロレス
2018/ 12/ 24 ( Mon ) 22:26:54
Going to watch NJPW Osaka Power Struggle! #AETVLOG


俺が感じたのは

本当にロスインゴのファンが多いということ。

しかも俺世代。内藤の背景を知るだけにみんな何かを期待しているのだろう。

そしてこの何も言えない社会に反発してやろうと思っているのだろう。

俺もその1人。

気づけば、、、

内藤VSザックの時、隣の人と夢中で応援している自分がいた。

そしてその頑張りが、人を動かすことを再認識した。

「一歩踏み出す勇気」

かあー。

ーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メインはジェリコVSイービル

むちゃくちゃ面白かった。


ケントに新日本プロレスを見せれてよかったな。マジで。

IMG_3637.jpg

こんな時代だからこそ。なあ。
2018/ 12/ 24 ( Mon ) 11:42:47
俺も学生の気持ちになって行事を

大切にしたい。し楽しみたい。

今日は練習中の音楽もクリスマス系で。

IMG_3606.jpg
IMG_3602_201812241129496de.jpg
IMG_3603.jpg
IMG_3604_201812241129527f0.jpg
二回練習の予定だったが夕練はカット。

朝一しっかり泳いでもらったので、あとは各々クリスマスを楽しんでほしい。

IMG_3607 2
IMG_3608.jpg
ハッピークリスマス!




🎄 Christmas Hip Hop Music Mix 🎄 Best Xmas Rap Trap Songs | X-Mas Party Remix | DJ Noize Club Mix

一週間くらい前からこれかけとったんやけど、、

あんま人気なかったなー笑
狙った獲物は逃さない
2018/ 12/ 23 ( Sun ) 23:26:02
なんでもすぐいかないとダメだ。

これは勝利の鉄則。俺は石橋を叩かず走って渡る。ここと決めたら。

いかに相手が芸能人だろうが。ナンパは続ける。



ジャーン!
IMG_3641.jpg
早速スピンマスターさんのスクラッチスクールに行ってきました!

大人になって習うことってまずない。俺が指導者だけに新鮮。

なんか異常に楽しかったなー。憧れの人から習うなんて。


Debut! Class of scratch from DJ Spinmaster (A-1)! #AETVLOG

Class of scratch from DJ Spinmaster (A-1)x8! #AETVLOG

今度は水泳教えます!なんちって。


IMG_3629.jpg
IMG_3626.jpg
IMG_3622.jpg
IMG_3620.jpg
IMG_3616.jpg
IMG_3631.jpg
IMG_3637.jpg
俺はケントに水泳教えたことないからなー。

音楽には興味を持ってほしい。


KIXKICKS
594-0083 和泉市池上町 4丁目 8-32
ははっ!
2018/ 12/ 23 ( Sun ) 23:08:09
NANJAMAN...行きたきゃ行け


が、うん十年の時を経て、、


いたけりゃいろ / J-REXXX 【FULL MV】JAP jam INTERNATIONAL


まねされるのはいいこと!

昔ナンジャマンよく聞いていたな。カラオケでも定番ソングだったこの失恋ソング!

ははっ。なんか最近レゲエ聴いてなかったな。また聞こう。

IMG_3265.jpg
やっぱ出てくんか 本当いままでお前に心配かけてきた
楽しい時もくるしい時も いつも二人で一緒にいた
行きたきゃ行け いたけりゃいろ そんなの自分で勝手に決めろ
行きたきゃ行け いたけりゃいろ そんなの自分で勝手に決めろ
5656投稿かあ
2018/ 12/ 23 ( Sun ) 00:39:17
たまたまこの日は1219(胃にいく)の日

ラジオでそんなことを聞いた。忘年会シーズンに最適な言葉になってきているとのこと。

それなら、、、

最近泉佐野駅近くにできた

いきなりステーキにでも。

メインのステーキがオープン記念でちょっと安くなっていた。

うまかった。400G食いごたえあり。次の日朝練なのでニンニクはのかす。

IMG_3570.jpg


日本の子どもたちに必要なものは「余白」であることを大人たちはわかっているようでわかっていない【サッカー外から学ぶ】
2018/ 12/ 22 ( Sat ) 16:57:56
備忘録に。忙しすぎる子どもたち

今の大学生にも言えることである。

自由を与えて、考えさせて

自分で成長するための方法。自分で自分を伸ばせる方法が確かに必要である。




忙しすぎる子どもたち

「日本の子どもたちは忙しすぎますよね」

 橋井さんが日本の教育の大きな問題として挙げたのが、スケジュールがぎっしり詰まった子どもたちの忙しさだ。

「小学生のうちから、学校では時間割に沿って時間を過ごし、それが終われば部活や塾にいく。日本の小学生たちは、子ども時代からサラリーマンのように決められたスケジュールを忙しく過ごしています。子どもたちに必要なのは、余白の時間。なんでも好きにやっていい自由な時間なのに『教科』という考え方がない幼児保育でも小学校と同じようなことをしています」

 橋井さんの著書の中にも「自由時間は絶対に削らない」という項目がある。これは著書をつくるにあたり必ず入れなければいけないと思っていた外せない項目の一つだったという。

「何年か前、自分の園の保護者に『削ってもいい時間は何ですか?』というアンケートをとったんです。あれもやらせたい、これもやらせたい、こういうことをやってほしいという要望が多かったので、では「削っても良いのは何ですか?」という質問をしたんですね。この回答見て愕然としました。圧倒的に「自由時間を削ってください」という答えが多かったんです」

 ここを根本的に変えないと自分が目指す幼児教育、子どもたちの真の成長はあり得ないという思いで一杯になった。

「いまでは、保護者の方もだいぶ理解してくれるようになりました。昨今は、とにかく習い事がいくらでもあります。子どもの友達を見ればいろいろなことを始めているという環境なので、どうしても隙間の時間を全部埋めたくなってしまうんです」

 早期教育の有用性が強調される世の中では、その真の意味を理解せずにさまざまな習い事を詰め込みたがる親が増えている。これも前回(日本に蔓延する「完璧主義」の幻想は子どもの頃から始まっている)紹介した「完璧主義の弊害」なのかもしれないが、日本では「子どものために習い事やお稽古事、通信教材で学ぶ機会を与えること」が必要以上にクローズアップされている。

「選択肢が多いことは子どもたちにとって悪いことではありません。ただ、スケジュールをぎっしり詰め込むことで、何をするか決まっていない自由時間が奪われるのは実は非常にもったいないことなんです」


“自由時間”をつくることの真の価値

 橋井さんは『自由時間』の中にこそ、人間力を鍛える本質的な成長のチャンスが眠っているという。

「多くの親や先生が誤解していますが、問題解決能力、コミュニケーション力や、やり遂げる力といった“非認知能力”を伸ばすのは、カリキュラムに沿った教育プログラムの時間内ではなく、偶然の出来事が頻発し、ときにはトラブルやアクシデントが起きる自由時間にしかないということです」

「目に見えにくい力」とも言われる非認知能力は、学校のテストの点数やIQといった数値化できる能力とは性質そのものが違う。子どもたちが正解にたどり着くための解法や公式などの“テクニック”を教わることにそれなりの意味はあっても、本質的な成長にはつながらない。

「出された課題をこなせるように組まれているカリキュラムをこなしていけば、親の方はうちの子は成長している、上達していると感じるかもしれません。しかし、これはレストランで注文しなくてもどんどん料理が運ばれてきているようなもの。子どもたちにとっては食べたいかどうかもわからない料理を何も考えずにただ食べているだけなのです」

 この話もサッカーにそのまま当てはめることができる。平日はクラブのトレーニングでは物足りず、スキル特化型のスクールに通う。毎週土日は試合に明け暮れ、子どもたちは学校に通いながらプロ選手のようなスケジュールをこなしている現状がある。

 指導者も新しい練習メニューやドリルの導入は熱心だが、子どもたちの自主的な取り組みは「ダラダラするな」「遊んでないで練習しろ」と叱責してしまう。これではサッカーに必要な創造性、とっさの時の判断力が身につくとは言い難い。

 自由時間には、好きな遊びを自分で見つけ、自分で自分を伸ばしていく本当の意味での自由がある。時間はかかるかもしれないが、自分で決めた課題に向かって努力を積み重ねる経験が得られるというわけだ。

「自由時間が必要というと、気分転換や休養時間が必要という意味にとらえる人が多いのですが、First classroomで取り入れている自由時間の意味するところはそれとはまったく違います。子どもたちが一斉に始めて一斉に終わる、スタートやゴールだけでなく途中のチェックポイントまで決められているような受動的な体験ではなく、自分の好きなことに集中できる自由時間が大切なのです」

 橋井さんが園長を務める幼児園では、絵画でも造形でもズバ抜けた“傑作”が生まれるのは決まって自由時間の時だという。

「〇〇をつくらなければならないという課題があるより、自由時間のなかで自らつくろうと思い立ってそれに没頭した作品の方が素晴らしいのは当たり前のことですよね」


休養」は能動的なやる気を生む

 もう一つ、橋井さんが続けて指摘したのが、休養の大切さだ。

 サッカーでも心ある指導者は、「休んだ方がパフォーマンスがアップする」と休養の有用性を説き、子どもたちに休息をうながしている。それでも不安な子どもや親たちが貴重な自由時間をスクール通いなどで埋めてしまう問題があるが、休養こそエネルギーを溜めるために必要な大切な時間だと橋井さんは言う。

「自由時間でも同じですが、マイペースが許される環境であることが何より大切なんですね。子どもたちが『これやりたくない』と思えば、やらなくてもいい。休みたいときに一旦停止を許せるかどうかなんです。本人がやりたくない、休みたいと言っているのに、みんながやっているからという理由で同じことをさせる。こういうやり方で伸びる子はほとんどいないんです」

 小学校低学年でサッカーをはじめたばかりの子どもなら、練習中に一人で土いじりを始めてしまったり、周囲の輪から外れて別のことをしたがる子もいる。そんなとき、どう対応するかで、子どもの将来が決まっていくという。

「サッカーの練習でも無理に周囲に合わせて同じことをやる必要はないと思います。休みたいと子どもが思うなら休ませてあげてもいい。これはいろいろな人に言っているのですが、私は休んだからと言って“休み癖”がついた子どもを見たことがありません。大人でもそういう時はやっぱり休むのがいいと思います。自分のことを思い返しても、休みたいのにウンウン唸りながら仕事をするよりも、思い切って休んだときの方が絶対にいい結果につながっています」

 休養はただ身体や心を休めるだけでなく、自発的な行動をうながすエネルギーを蓄える時間にもなるという。

「子どもたちは、休んでいる時に自分を振り返ったり、次に何をしようか、どんなことをやりたいかを考える余裕ができます。そこで生まれたモチベーションは、能動的、自発的に生まれたものですから、次にその子が動き出すときにすごい力を発揮するんです。休憩時間、休んでいる時間をサボっているとか、単に身体を休めているととらえずに、温かく見守ってあげるといいと思います」

日本には『留年制度』も必要?

 自由時間のなさと並んで、橋井さんが日本の教育システムの構造的欠陥だと指摘するのが、画一的な進級制度だ。一定の年齢になったら4月に揃って入学し、すべての子どもが学習指導要領に従い、同じカリキュラム、同じタイムラインで進んでいく。こうした良く言えば“平等”なシステムが多くの子どもを苦しめる要因になっている。

「同じ時間割、同年齢クラス、一斉進級……。幼稚園、小・中・高すべてそういう風に設計されているので、いくら『自由でのびのび』とか『個性を大事に』と言っても限界がありますよね。たとえば、小学校なら、7歳を迎える年になったら全員が一律に小学校1年生という土俵に立たされます。こうなると、成長の速度にかかわらず、戻ることも先に進むこともできなくなってしまいます」

 他人と比べることの弊害はサッカー、スポーツに限らず子育てでも盛んに指摘されているが、12ヵ月の幅がある同級生と同じ舞台に強制的に挙げられてしまう現行の教育制度では、どうしても子どもたちの足りないこと、遅れていることに目が行ってしまう。

「この環境では比べたくなって当然ですよね。最大で11ヵ月の差がある子と同じスピードで進むことが求められる。もっと言えば、子どもによって成長スピードはそれぞれまったく違うのに年齢という指標だけで画一的に区切られてしまう。これでは、“突出した個”なんて生まれるはずがありません」

 橋井さんは、海外で導入されている飛び級制度、年齢だけを基準にしない教育が必要だと訴える。

「それぞれの進度に合わせるという意味では、飛び級と同じくらい留年制度が必要だと思っているんです。留年というと聞こえが悪いのですが、伸びるタイミングを待つための準備期間を子どもたちに与えて上げて欲しいんです。私の園でもあと1年、小学校に上がるの遅らせてあげたら、5年生、6年生になったときにむしろ同学年の子より成長しているんじゃないかと思う子がたくさんいるんです。子ども本人も、親も『小学校はもう半年から一年あとでもいいかな』と思っている。小学校へ入学する年は、本来は子どもによって±1年ぐらい猶予があっていいわけです。それは足踏みではなく、本来のポテンシャルを生かすための“助走幅”なんです」

 日本ではスポーツでも勉強でも早熟をもてはやす傾向にある。成長が早い子は上のカテゴリーで同じレベルを経験する飛び級制度は、サッカーの世界でも浸透しつつあるが、飛び級制度だけでは、成長スピードが鈍化した時に対応ができない。早熟な子は飛び級したとしてもまた戻ってこれる。成長が遅めの子はゆっくり準備するが、成長が追いついたときにはそれに相応しいカテゴリーに進級する。年齢ではなく、レベルや成長に応じた「ちょうどいいところ」で力を発揮することが成長につながるのは間違いない。

 サッカーの世界の話をすると、飛び級とまではいかなくても、レベルの高いクラブに挑戦した結果、補欠として試合に出ることなく時間を無駄にするケースも少なくない。上にはいけるが戻ってこれない、成長スピードに応じた適切な成長の場が提要されないことが、チャレンジや人材の流動性を阻んでいる。日本のジュニアサッカーの自由な移籍を容認しないシステムも学年による画一的な指導法と同じ課題を抱えている。


子どもたちを低く見すぎていないか?

「自由時間、休養、留年もそうですが、子どもたちにはとにかく自由を与えることが重要です」

 橋井さんは、大人によって型にはめられてしまった子どもたちが、自分で考えて行動する力を失っていることを危惧している。

「なぜ自由を与える必要があるかというと、それは『自分で自分を伸ばせる方法』を身につけるためなんです。決められたこと、周囲と同じこと、大人が教えてくれることをこなしているだけの子どもはこれからの時代に生き残っていけません」

 自分で自分を伸ばす方法とは、子どもたちが主体的に考えながら行動していく方法に他ならない。親であれ指導者であれ、子どもたちだけではできないから文字どおり保護のために保護者として関わらなければいけないと思いがちだが、子どもたちは十分、自分たちで学びながら成長していく方法を探すことができると橋井さんは言う。

「うちの園でもやっているんですから、小学生は十分できますよ。むしろ12歳までに自分で自分を伸ばす方法をしっかり身につけないと中学生、高校生になったときにとても困ることになります」

 橋井さんが子どもたちだけでもできるという例として示したのは、自由時間で目にした光景だった。

「例えば、鬼ごっこです。高いところにいる間はタッチできないと言うルールでやっていたようなんですが、大人が何も言わなくても、どんどん役割をチェンジして、ルールも自分たちでどんどん変えて行くんですよ。子どものことだからいじめのように偏ったルールになることを心配する方もいるかもしれませんが、子どもは自分たちが面白いと思うことしかしません。だから、むしろ公平なルールができていくんです。誰かが圧倒的に負けたり、一人だけ勝つようなことがないように自分たちで工夫しているんですよ」

 サッカー指導でも教える過ぎることと放任、受け身と自主性の「ほどの良さ」は頻繁に話題に上るが、橋井さんは大人が教えなければいけないのは「物事のやり方や上達法」ではなく、「自分で成長するための方法」だという。

「まっさらな子どもたちは何も教えなくてもそれができる。子どもに任せる場合は、大人の側に予定を変更する力が必要です。教える側としてはこういうことを予定していたけど、子どもから提案があったら柔軟にそれに対応できるようにしておく。子どもの提案はバカにできないどころか本質を突いているんですよ」

 幼児教育を主戦場にしている橋井さんにこう言われては、ジュニアサッカーの現場で「子どもたちには早すぎる」とは言えない。

「練習でもなんでも、プログラムをまるごと人に委ねているというのは、自己管理を他人任せにしているのと同じなんですよね。こうしたメニューづくりをすべて大人に委ねていれば、社会に出たときに自主性がないと言われるのは当たり前のことです。子どものうちに『自分はどんな状態になれば集中できるのか』『どういうやり方で伸びていけるのか』を試行錯誤しながらつくっていく。そういう子どもがこれからの時代に伸びていける子です」

 次回は、これもサッカーに大いに関係する勝利至上主義と競争意識についてお送りする。
動画日常編
2018/ 12/ 22 ( Sat ) 01:02:13
家族編。ゴープロヒーロー7で。


浅野家の日常!#AETVLOG



Anri&Mairi jumped in pool first time! #AETVLOG


IMG_3147.jpg
今日はBCGワクチン注射
2018/ 12/ 20 ( Thu ) 23:12:19
AM9:15 泉佐野市役所

一斉にゼロ歳児が集まる空間はまさに無法地帯。

そこで針が10本ほどのハンコ注射をバコンと二発。

泣くに決まっている。

しかもそこから30分動くなとの指示。

そこはカオスな空間だったな、、


泣いた反動でアンリマイリ爆眠。

チャンス。俺も少し眠ろう。少しだけ。

IMG_3358 3
競泳以外ネタ
2018/ 12/ 20 ( Thu ) 22:56:14
もちろん俺のことをもっと

知ってもらいたいし、趣味も共感してほしいし

あったことない人も気軽に話しかけてほしい。

もちろん笑ってもらっても結構。


こう自分を見返すと、、

「はいっ。えーっと」という癖や異常な北九州弁なことに気づく。

プレゼンも上手くなりそう。色々やってみらんとな。

このゴアテックスをテストする動画は

結構気にっている。





First impression! "My protain" #AETVLOG



まじ最高。しまむらで新日本プロレスアパレルを購入!#AETVLOG



Bought some north face gears (Mountain jackets light) @Northface play hibiya




Tested gore tex series from North Face #AETVLOG



Review "Levis skateboarding Work pants" #AETVLOG



Unboxing Supreme × Clarks Weaver


IMG_3308.jpg

変化を恐れずに歓迎し創造すること
2018/ 12/ 20 ( Thu ) 22:41:22
かあ。

なんか切り抜いてしまったのは俳優窪塚洋介さんの言葉。カルチャーについての話。

HYPEBEAST

あえて変化を歓迎する。かあ。




IMG_3463.jpg
この写真は大学の部活動紹介につかうため?

こうやってどんどんプロモーションも積極的に大学がやってくれる。ふむふむ。


IMG_3505.jpg
家の目の前のレタス畑。色合いが綺麗。


IMG_3304.jpg
バコーンと校内に張り出せれているアンナ!

就職祝いでもせんと!自慢の生徒である!



Swim sprint set! "surf back ver" #OUHS swim films
バレエ発表会
2018/ 12/ 19 ( Wed ) 22:37:52
あの踊る方のね。

もちろん初。スーツを着て、浅野家全員で。

誘ってくれたのはカノちゃん夫妻。サンフランシスコで大親友になった方。

癌患者だったが、治療で克服。本当に力強いショーで、、

涙なしには見れなかった。

IMG_3248.jpg
息子さんのあやたくんもショーダンサーとして出演(3歳)

こんなことできるんだなーと感心。


舞台前の楽屋?に潜入。

ケントから頑張れの花束贈呈!
IMG_3237.jpg
IMG_3238.jpg
IMG_3239.jpg
IMG_3240.jpg
IMG_3241.jpg
照れまくり。。普段遊んどるやん!(ツッコミ)

IMG_3242.jpg
俺もまさかバレエを見るなんて、、、しかも結構な舞台。

いい経験でした。面白かったな!
熊取だけに熊珈琲?
2018/ 12/ 19 ( Wed ) 22:15:25
早速行ってみた。

ベアーコーヒー。

IMG_3555.jpg
IMG_3557.jpg
IMG_3556.jpg
IMG_3558.jpg
焙煎機あり。こじんまりとした落ち着いた空間。

コーヒーへのこだわりはかなりっぽい。

初めて嫁さん、ケントなし、アンリマイリだけ連れて行ってみたが、、、

余裕ではなかった泣

どっちかは泣くし、ウンチはするし、必殺の離乳食はこぼすし、、

散々なデビュー戦だった。。


がコーヒーは本当にうまかった。

オススメは3種のコーヒー800円。

味の違いがはっきりしたもの3種類飲めるのは普通にあり。

久々に熊取に珍しいカフェ。

駐車場も広い、集客しまくって流行ってほしいな。



BEAR COFFEE-Coming Soon
https://bear-coffee.com/
Translate this page
大阪府泉南郡熊取町野田 1-5-5 TEL : 072-424-3239 OPEN:11時ー19時 CLOSE: 日曜日

密かなハッピーバースデー
2018/ 12/ 19 ( Wed ) 22:07:24
細々と誕生日を迎えた俺の友人がいる。

レスリングでスポーツ科学委員の黒崎先生。

同じ福岡出身でよくランチで色々話すし

また格闘技通で話も合う。

IMG_3216.jpg

こんな時代だからこそ

サプライズで!



Surprise birthday! #AETVLOG
日本社会=体育会体質
2018/ 12/ 18 ( Tue ) 21:37:03
かなり共感。備忘録に。

日本社会=体育会体質/爲末大学

大阪市立桜宮高バスケットボール部主将が体罰を受けた後に自殺した事件に始まり、女子柔道選手への暴力やパワーハラスメントも発覚し、日本のスポーツ界が揺れている。自ら取材、執筆を手がける責任編集の為末大(34)が「スポーツと教育」をテーマに、その問題点に切り込んだ。<1>人間に限界はない

 勝負どころはもっと頑張れという根性論がスポーツにはいまだに根強くある。戦略というのはすべてに限界があり、それをどう分配すれば最も効果が高まるかというのを考えるところから生まれる。時間にも限界があり、モチベーションにも限界がある。

 今回、女子柔道が五輪前のすべての試合に選手を出していたというのも、この「モチベーションに限界はない」とする考えに基づくのだと思う。五輪が第1目標なら、そのために勝たなくてもいい試合を作ったり、欠場するべき試合もあるはずだ。何でも気持ちで解決しようとするチームで育った選手は「頑張ります、気合を入れます」という精神論に陥る。戦略的思考が抜けがちで、みんなが限界までやっているとは限らないレベルでは通用しても、より高いレベルでは効率が悪い練習から抜け出せず、通用しなくなっていく。限界まで頑張っているのが当たり前の世界では、効率を重視した者が勝ち残る。<2>苦しくなければ成長はない

 体罰も含め、強制的な厳しい指導を肯定する人には、成長には必ず苦しみが伴うという考えを持つ人が多い。確かに苦しみを乗り越えて成長を実感する人は多いが、それはあくまで成長に苦しみが伴うことが多いだけで、苦しみ自体を目的にするとずれる。体罰を繰り返す学校の多くが、成長の副産物である苦しさが、目的にすり替わっている。

 例えば「プライオメトリック」という台から飛び降りて、着地後すぐ跳ね上がるという練習がある。これは体感的にまったくつらくない。でも陸上の練習の中では、かなり負荷が高い練習になる。苦しさと練習効果には関係がない。中には苦しくなければ強くなっても意味がないと考える人もいる。トレーニングはつらさではなく、練習効果をもとに作られるべきだ。

 むしろ練習効果としては、苦しいと考えながらより楽しいと考えながらの方が同じ2時間の練習でも練習効果が高い。苦しさより楽しさの効能を、もう少し重視すべきだと僕は思う。<3>管理されなければ人間は怠ける

 人間は怠ける生き物で「管理されることによって努力する」という根強い考えが多い。確かに管理されれば人間をある程度頑張らせることができるけれど、それは個人のモチベーションを削ったり、自発的に考えることを選手から奪う。外から懲罰を与え、モチベーションを外部からの圧力によって引き出そうとすれば、短期間では成果が出るかもしれないが、将来的に選手は燃え尽きるか、伸び止まることが多い。

 管理して型にはめることではなく個々人の主体性を大切にし、特徴を生かすのは難しいけれど、それをやってこそのコーチングだろう。最終的に自分の特徴を生かし、考えられる選手の方が強いと僕は思う。<4>みんな同じ目的でなければいけない

 スポーツの定義は本来とても大きな範囲に及ぶ。日本は学校教育とスポーツの結びつきが強く、スポーツは教育だと思っている人が多い。けれどスポーツ発祥の欧米では、スポーツは娯楽という考えの方が根強く、その一部に教育の側面もあるという考え方をしている。散歩がスポーツだというと驚く日本人は多いけれど、本来のスポーツの定義からすればむしろオリンピックを目指すようなチャンピオン型のスポーツの方が規模は小さい。「デポルターレ(deportare)」というスポーツの語源と言われる言葉の意味は「発散する、表現する」だ。

 僕の友人でスポーツは嫌いだけど、友達との散歩は好きと言っている人がいた。日本のスポーツはつらさや苦しさに耐え、誰かに勝ちに行くという文化を学生時代に教え込まれるから、ただ楽しむということはスポーツと思っていない人が多い。楽しむためにやるのも、成長のためにやるのも、勝つためにやるのも、暇つぶしのためにやるのも全部スポーツだと僕は思う。<5>人には上下があり逆らってはならない

 古くからスポーツ界では、年齢が上のものや地位が上のものが絶対で、下はそれに何があっても従わなければならないという因習がある。体罰やパワハラがなぜ深刻化するかというと、力関係が絶対的に決まっているところで下のものが追い込まれるからだ。

 もし海外でパワハラのようなことが起きた場合、選手たちが自由に訴えを起こせる第三者機関が存在する。当然、代表を選ぶ権利を持っている協会の方が力が強いから、弱い立場の選手たちが逃げ込める場所が必要だからだ。

 実は日本にもスポーツ仲裁機構という独立した第三者機関があるのだけれど、全柔連は今このスポーツ仲裁機構に加盟していない。だから、まず各協会はこういう第三者機関に加盟し、選手たちが思いを訴える行為と場所を認めるべきだと思う。黙ってついてこいという時代は終わり、誰もが発言することができ、話し合いで決めていく時代が来るべきだ。<6>思いさえあれば手段は問わない

 確かに体罰は悪いことかもしれないけれど、その背景にあった思いは本当に選手のためを思っていたはず―。体罰を罰することに抵抗感がある人の違和感は、ここにあるのではないだろうか。確かに体罰を振るった指導者は熱意ある人なのかもしれないが、指導者の本当の思いが分からないように、体罰を受けている生徒の本当の思いもまた分からない。体罰を受けても嫌ではなかったという人もいるかもしれないが、嫌だという人も当然いる。

 日本は動機が純粋であれば行為には寛容なところがあるけれど、動機が純粋であったかどうかを証明するのはとても難しく、だから行為で線引きするしかない。それをギスギスしていると感じる人もいるかもしれないが、人を尊重するというのはそういうことだと思う。

1つ、僕には疑問がある。これだけ世の中から問題あると言われる体育会体質なのに、どうして体育会出身者は企業からいまだに人気が高いのか。なぜ、スポーツは人気があるのか。

 僕は体育会的体質は、実は日本社会的体質とも言えるのではないかと思っている。歯を食いしばり苦しみに耐え、指導者に必死でついていき、熱い思いで勝利を目指す。そういう姿を社会はスポーツ界に期待して、そしてスポーツ界もそれに応えていた。

 いわゆる体育会的性質とは、礼儀正しく、限界を作らず、忍耐強く、空気を乱さず、上には逆らわず、熱意を持って動く。日本のスポーツ界は、こういった資質を持つ人間を育てる仕組みとしてはすごくうまく機能していて、ある意味で日本社会に最も適した人材育成の役割をスポーツが担っていたのではないか。

 でも時代は変わりつつある。グローバル化により年齢や地位を恐れず、自分の考えを主張し、議論できるタイプの人間が必要とされるようになった。イノベーション(物事の新機軸)やクリエーティビティ(独創的なアイデア)が必要とされ、無理やり1つの型にはめ込もうとする教育に抵抗が強くなった。そして1人1人の権利が重要視されはじめた。そういう社会の流れにスポーツ界はついていけていない。

 体罰は禁ずるべきだが、もっと深いところに問題の本質はある。これからは人間を型にはめて管理しやすくする教育観から、個人の権利と個性を尊重し、生かす教育観にスポーツ界も意識を転換すべきだ。むしろスポーツの世界から日本社会をリードするような理念を打ち出してほしい。指導者も選手も本当は日本をスポーツで豊かにしたいという同じ思いを持っているはずだ。どうか今回の事件を、世界に胸を張れる新しい日本スポーツ文化を生み出すきっかけにしてほしいと、強く願っている。(為末大)

 ◆為末大(ためすえ・だい)1978年(昭53)5月3日、広島市生まれ。広島皆実高―法大。男子400メートル障害で世界選手権で2度(01、05年)銅メダル。五輪は00年シドニー、04年アテネ、08年北京と3大会連続出場。自己ベストの47秒89は現在も日本最高記録。昨年6月の日本選手権を最後に現役引退し、現在は社会イベントを主宰する傍ら、講演活動、執筆業、テレビのコメンテーターなどマルチな才能を発揮。爲末大学の公式サイトは、http://tamesue.jp



初めて30分越えの動画
2018/ 12/ 18 ( Tue ) 17:59:49
へー。何分でもできるとは。

確かに一時間とかのやつもあるもんねー。

でも容量をかなり食う。しかもアップロードの時間も激長。

寝る前にずっと付けっ放しにしといて待つというやり方をしないといけない。


今回のフレディーのセッションをほぼノーカット。ゴープロ7で。1400。書き出す時は700。

スプリンターもディスタンスもマネージャーも。勿論俺も。

新しいことにチャレンジするこの雰囲気を

動画を通じてみんなに知ってもらいたい。


Full bodies workouts from Guest trainer Frederick Henderson! (Full) #OUHS swim films

IMG_3487.jpg
IMG_3485.jpg
IMG_3490.jpg
IMG_3482.jpg
爆動画アップ
2018/ 12/ 18 ( Tue ) 00:41:01
溜めていたのを放出!

ただいま動画を6本アップ。ほぼ水泳ネタ。2018最大量アップ。

subscribeしてね。

KOHEIJAPANREMIX

IMG_3367.jpg
実は一週間以上も体調を崩していました
2018/ 12/ 16 ( Sun ) 22:21:56
重度の蓄膿症

これが医者が突きつけた診察結果だ。

「入院する?」と言われた時は焦った。

確かに無限に人間から出るか?と思うようなあおっぱなが永久に出てきたし

ハンマーで殴られ続けているような頭痛。高熱も一週間。というより

こんなこともよくあるし、3日で治る、余裕、、、、

と甘く考えていたのが間違い。俺も歳をとった。若くはない。

一週間で治らないので薬局でチクノール購入。治る感じはあったが効かず。

やはりプロに見てもらい、プロの処方箋、薬は違う。

一撃で鼻がスーッとひき、ハンマーがぴこぴこハンマーに変わり

治っていった。


自分で自分を分析するとストレスもある。

黙っていられない怒りが熱に変わり、長引かせたということもある。

そのこともやっと話すことができた。歳をとればとるほど毒はためない方がいい。


今日はゆっくり子供に時間も費やせた。

トイザラスへサンタクロースからもらうプレゼントを選ぶことだけに

行ってみた、、、が最後!

物心がつき始めたケントにとってそこはディズニーランド以上の場所だったようだ笑

引き離すのに時間がかかった。

アンリマイリはまだクリスマスを分かってないから、、うまい離乳食でも食べさそう!かな!


さあ。年末前の最後の一週間。

俺も体調は万全。

モンスターウイークの始まり始まり。
IMG_4755.jpg


満足感、達成感
2018/ 12/ 16 ( Sun ) 03:41:15
しっかり今週も9回練習終了。

説明するまでもない。よくやれている。この調子で平成もあと二週間かあ。

いよいよ2018年も終わろうかしている。

あー今年も色々あっ、、、

と振り返るのはまだ。

今週の名付けて”モンスターウイーク”を通過してもらう。覚悟!



この動画を見てもらいたい。

初めて音楽をAETチャンネルでドロップ。ものの15分でできた完成度の高いレコーディング。

生まれて初めて俺で韻を踏んでもらったパートは

むちゃくちゃ気にっている。



最高に面白かったなー。


一網打尽 REMIX *Suguru, surf and Ren #AETVLOG

一網打尽 REMIX

おれが体大の校長
名前は福山 どーも
スイムは今日も絶好調
そのまま目指していくゴールを
そしてもらう、メダルならゴールド
陸上だったら ウサイン・ボルト
水泳ならもちろん北島康介
あいつ超すげえ

yo俺ならば超スゲ
yo見せてくだけ競技で
俺らの先駆者は浅野晃平
この人には無い不公平

そこに生まれる可能性あるのは1つ多動性
広げてく可能性
使ってくぜ右脳左脳 これがリアル無造作の

YO 俺らは大体生
かけてるHIP HOPにワンマイクで
練習週9足んないぜ
ほらみとけよ俺らが関西勢

つまりはOUHS
ご視聴ありがとうって
こうゆう礼儀です
これが俺らのやり方
知ってる水と音の乗り方!!

リスナー、スイマー、ビッチも同じ
一人残らず一網打尽 ナーミーン?
Hold up 一網打尽、一網打尽、一網打尽
We back on seen
again , again , again
俺らが泳げば上げ上げだぜナーミン?
Hold up 一網打尽、一網打尽、一網打尽


予測できないこと
2018/ 12/ 14 ( Fri ) 23:22:42
を瞬時に合わせて夢中にオールアウトすることが

本当に使える強化である。


予想をはるかに超える出来。フレディー!GOODJOB!

勿論こんな片言日本語もみんなは理解した。

まさに融合である。

IMG_3485.jpg
IMG_3487.jpg
IMG_3483.jpg
IMG_3490.jpg
一リットルは汗をかいてくれた。これでいい。

ありえないくらい盛り上がった。明日は動くか?笑

動画も撮ったので近いうちに紹介できたらと思う。


イベントの数世界一。大阪体育大学!

ゲストが来る率世界一。大阪体育大学!

発信力世界一。大阪体育大学!

やる気世界一。大阪体育大学!

に近づいた。
IMG_3482.jpg
世界初。ウエイトバーにゴープロ!
2018/ 12/ 13 ( Thu ) 22:36:06
こんな動画見たことない!

こんな角度から見たことない!

見たいのもゴープロならできる。


Gopro view from weights bar! #OUHS swim films

ウエイトもやってます。

スイムはもっとやってます。

1月の試合大爆発したいんですけど何か?

IMG_3433.jpg
仕掛け⑴
2018/ 12/ 13 ( Thu ) 22:33:09
明日を待ち望んでいた。

どきつい強化期の頭の切り替えにもなってくれたらいい。

ただ泳ぐだけの泳ぎこみ期?それすらもぶっ飛ばす。

もう数発目のイベント。フレディーにドライランドをお願いしている。

オレはすぐ起用する。コーチング起用もスピードが命。

これは頭が揺れるはず。脳の壁が外れる。大きな化学反応が起こる。

なぜなら、、、日本語もままならないままハンド部を日本一に導いた。

まさにトニーやリッキーがオレにしてくれたこと。

外国人はチャンスを楽しむ。期待に応える。それを選手は理解する。

またこのこともブログでレポートしたい。
48358582_2062502890473536_8961037212531556352_n.jpg
まだきて半年も経っていないだろう。

早くもハンドボールマガジンに載る。


IMG_3367.jpg
Goproのある生活はやっぱ
2018/ 12/ 13 ( Thu ) 10:00:04
にちょっと憧れていて、、

でもオズマポケットという対抗馬も出てきて、

浮気しかけたところ、

やっぱり君に決めました。

GOPROヒーロー7ブラック!

自分へのクリスマスプレゼント。

それはまるで玉手箱を開けるようだった。

説明書なんていらん。ガンガンまずは使ってみよう。

アマチュアブロガーには最適!



テスト動画。

GOPRO hero 7 black tested first time lapse! #AETVLOG

まずはタイムラプス機能。もうちょっと撮り続けるくらいの方が良さそう。



GOPRO hero 7 black tested first time ”Stabilization"! #AETVLOG

これが驚きで改善されたスタビライゼーション機能。

オレもスケボーに乗ってこれ。本当に揺れが軽減されている。



GOPRO hero 7 black tested outside with strider set on side #AETVLOG

これはストライダーに直接つけてみた。もしかしたらタイムラプスでない方が良かったかも。

普段注目しないところに付けれるってのは大きいし、みたいワクワクもある。


楽しみである。

IMG_3458.jpg
子供の成長もたくさん撮ってやりたい。きっと今はあっという間。
Numark portable scratch
  
ブログ内検索
  
リンク
  
Finis edge fins
  
Vasa Trainer Pro
  
スポンサーリンク
  
copyright(c) 2005 アサノエンターテイメント Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )