FC2ブログ
競泳戦国時代のど真ん中を歩きまくるコーチの日記!! この道をいけばどうなるものか!! 迷わずいけよ!行けば分かるさ♪
Youtube of Kohei
  
プロフィール

koheijapan

Author:koheijapan
浅野晃平(36)*Kohei Asano*
KSGトキワ~福岡大学~枚方SS~KSG広島ミドリ
~PALO ALTO STANFORD AQUATICS〜大阪体育大学水上競技部
親父を超えるべく、スイマーを導くべく
コーチング修行中!
チームでのボランティアコーチ二年間を経て、
USA Swimming の公認コーチになる。と同時に
PASAのアシスタントコーチに晴れて就任。
8シーズン。オリンピックイヤー。バーシティーグループコーチ。
2015-16年は50名の中学生、高校生スイマー達、そしてそれを共に応援してくれる保護者の方々と夢に向かって突き進む。
波瀾万丈、最高のコーチングライフ!

迷わず行けよ行けば分かるさ!

Kohei Asano

In 2007, he left his home country in order to pursue his goal in becoming a great swimming coach. He has a total of 12 years of coaching experience; 4 years in Japan and 7 years in the US. His passion for swimming and his cultural awareness makes him a unique and creative minded coach. In the few years that he has been here, he has adapted to the diverse coaching and managing styles of the American culture. His willingness to stand by the poolside 365 days shows his love and dedication to help his swimmers improve and overcome their challenges.

He has a special working visa that no one normally gets because one needs to get approval from the government. He is the only coach from abroad who is a H1-b visa holder also working at a swim club legally in USA. Kohei did not know any English when he moved to the United States. Now he can talk to everyone fluently. You will be surprised to know how much he was challenged to add English as a second language.

He appreciates all of the coaches who trust him by giving him the opportunity to coach the varsity group for the past 5 years. In addition to his responsibilities as the varsity group coach, he will continue to be the assistant to all coaches - Tony, Tisha, Carlene, Janet, Hilary and PASA pro team during the 2016 season. He will also be supporting all of Rinconada‘s programs this season.

Kohei is a fun and humorous guy with a lot of passion for swimming. He enjoys socializing with his Japanese and American friends during the weekends. He often attends BBQs and goes to the popular ramen joints in the bay area. He also enjoys watching mixed martial arts and professional wrestling and has an ever-growing collection of sneakers. He is married to his Japanese wife and they had their first baby this year. His son was born here, in the USA and his name is Kento. Kento is an American citizen!

Kohei Asano Rinconada site

Blog: http://koheijapan.blog71.fc2.com
Youtube: KOHEIJAPANREMIX
Instagram: SWIMCOACHKOHEI

  
月別アーカイブ
  
カテゴリー
FC2カウンター
  
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  
Youtubeプレイリスト
  
日本社会=体育会体質
2018/ 12/ 18 ( Tue ) 21:37:03
かなり共感。備忘録に。

日本社会=体育会体質/爲末大学

大阪市立桜宮高バスケットボール部主将が体罰を受けた後に自殺した事件に始まり、女子柔道選手への暴力やパワーハラスメントも発覚し、日本のスポーツ界が揺れている。自ら取材、執筆を手がける責任編集の為末大(34)が「スポーツと教育」をテーマに、その問題点に切り込んだ。<1>人間に限界はない

 勝負どころはもっと頑張れという根性論がスポーツにはいまだに根強くある。戦略というのはすべてに限界があり、それをどう分配すれば最も効果が高まるかというのを考えるところから生まれる。時間にも限界があり、モチベーションにも限界がある。

 今回、女子柔道が五輪前のすべての試合に選手を出していたというのも、この「モチベーションに限界はない」とする考えに基づくのだと思う。五輪が第1目標なら、そのために勝たなくてもいい試合を作ったり、欠場するべき試合もあるはずだ。何でも気持ちで解決しようとするチームで育った選手は「頑張ります、気合を入れます」という精神論に陥る。戦略的思考が抜けがちで、みんなが限界までやっているとは限らないレベルでは通用しても、より高いレベルでは効率が悪い練習から抜け出せず、通用しなくなっていく。限界まで頑張っているのが当たり前の世界では、効率を重視した者が勝ち残る。<2>苦しくなければ成長はない

 体罰も含め、強制的な厳しい指導を肯定する人には、成長には必ず苦しみが伴うという考えを持つ人が多い。確かに苦しみを乗り越えて成長を実感する人は多いが、それはあくまで成長に苦しみが伴うことが多いだけで、苦しみ自体を目的にするとずれる。体罰を繰り返す学校の多くが、成長の副産物である苦しさが、目的にすり替わっている。

 例えば「プライオメトリック」という台から飛び降りて、着地後すぐ跳ね上がるという練習がある。これは体感的にまったくつらくない。でも陸上の練習の中では、かなり負荷が高い練習になる。苦しさと練習効果には関係がない。中には苦しくなければ強くなっても意味がないと考える人もいる。トレーニングはつらさではなく、練習効果をもとに作られるべきだ。

 むしろ練習効果としては、苦しいと考えながらより楽しいと考えながらの方が同じ2時間の練習でも練習効果が高い。苦しさより楽しさの効能を、もう少し重視すべきだと僕は思う。<3>管理されなければ人間は怠ける

 人間は怠ける生き物で「管理されることによって努力する」という根強い考えが多い。確かに管理されれば人間をある程度頑張らせることができるけれど、それは個人のモチベーションを削ったり、自発的に考えることを選手から奪う。外から懲罰を与え、モチベーションを外部からの圧力によって引き出そうとすれば、短期間では成果が出るかもしれないが、将来的に選手は燃え尽きるか、伸び止まることが多い。

 管理して型にはめることではなく個々人の主体性を大切にし、特徴を生かすのは難しいけれど、それをやってこそのコーチングだろう。最終的に自分の特徴を生かし、考えられる選手の方が強いと僕は思う。<4>みんな同じ目的でなければいけない

 スポーツの定義は本来とても大きな範囲に及ぶ。日本は学校教育とスポーツの結びつきが強く、スポーツは教育だと思っている人が多い。けれどスポーツ発祥の欧米では、スポーツは娯楽という考えの方が根強く、その一部に教育の側面もあるという考え方をしている。散歩がスポーツだというと驚く日本人は多いけれど、本来のスポーツの定義からすればむしろオリンピックを目指すようなチャンピオン型のスポーツの方が規模は小さい。「デポルターレ(deportare)」というスポーツの語源と言われる言葉の意味は「発散する、表現する」だ。

 僕の友人でスポーツは嫌いだけど、友達との散歩は好きと言っている人がいた。日本のスポーツはつらさや苦しさに耐え、誰かに勝ちに行くという文化を学生時代に教え込まれるから、ただ楽しむということはスポーツと思っていない人が多い。楽しむためにやるのも、成長のためにやるのも、勝つためにやるのも、暇つぶしのためにやるのも全部スポーツだと僕は思う。<5>人には上下があり逆らってはならない

 古くからスポーツ界では、年齢が上のものや地位が上のものが絶対で、下はそれに何があっても従わなければならないという因習がある。体罰やパワハラがなぜ深刻化するかというと、力関係が絶対的に決まっているところで下のものが追い込まれるからだ。

 もし海外でパワハラのようなことが起きた場合、選手たちが自由に訴えを起こせる第三者機関が存在する。当然、代表を選ぶ権利を持っている協会の方が力が強いから、弱い立場の選手たちが逃げ込める場所が必要だからだ。

 実は日本にもスポーツ仲裁機構という独立した第三者機関があるのだけれど、全柔連は今このスポーツ仲裁機構に加盟していない。だから、まず各協会はこういう第三者機関に加盟し、選手たちが思いを訴える行為と場所を認めるべきだと思う。黙ってついてこいという時代は終わり、誰もが発言することができ、話し合いで決めていく時代が来るべきだ。<6>思いさえあれば手段は問わない

 確かに体罰は悪いことかもしれないけれど、その背景にあった思いは本当に選手のためを思っていたはず―。体罰を罰することに抵抗感がある人の違和感は、ここにあるのではないだろうか。確かに体罰を振るった指導者は熱意ある人なのかもしれないが、指導者の本当の思いが分からないように、体罰を受けている生徒の本当の思いもまた分からない。体罰を受けても嫌ではなかったという人もいるかもしれないが、嫌だという人も当然いる。

 日本は動機が純粋であれば行為には寛容なところがあるけれど、動機が純粋であったかどうかを証明するのはとても難しく、だから行為で線引きするしかない。それをギスギスしていると感じる人もいるかもしれないが、人を尊重するというのはそういうことだと思う。

1つ、僕には疑問がある。これだけ世の中から問題あると言われる体育会体質なのに、どうして体育会出身者は企業からいまだに人気が高いのか。なぜ、スポーツは人気があるのか。

 僕は体育会的体質は、実は日本社会的体質とも言えるのではないかと思っている。歯を食いしばり苦しみに耐え、指導者に必死でついていき、熱い思いで勝利を目指す。そういう姿を社会はスポーツ界に期待して、そしてスポーツ界もそれに応えていた。

 いわゆる体育会的性質とは、礼儀正しく、限界を作らず、忍耐強く、空気を乱さず、上には逆らわず、熱意を持って動く。日本のスポーツ界は、こういった資質を持つ人間を育てる仕組みとしてはすごくうまく機能していて、ある意味で日本社会に最も適した人材育成の役割をスポーツが担っていたのではないか。

 でも時代は変わりつつある。グローバル化により年齢や地位を恐れず、自分の考えを主張し、議論できるタイプの人間が必要とされるようになった。イノベーション(物事の新機軸)やクリエーティビティ(独創的なアイデア)が必要とされ、無理やり1つの型にはめ込もうとする教育に抵抗が強くなった。そして1人1人の権利が重要視されはじめた。そういう社会の流れにスポーツ界はついていけていない。

 体罰は禁ずるべきだが、もっと深いところに問題の本質はある。これからは人間を型にはめて管理しやすくする教育観から、個人の権利と個性を尊重し、生かす教育観にスポーツ界も意識を転換すべきだ。むしろスポーツの世界から日本社会をリードするような理念を打ち出してほしい。指導者も選手も本当は日本をスポーツで豊かにしたいという同じ思いを持っているはずだ。どうか今回の事件を、世界に胸を張れる新しい日本スポーツ文化を生み出すきっかけにしてほしいと、強く願っている。(為末大)

 ◆為末大(ためすえ・だい)1978年(昭53)5月3日、広島市生まれ。広島皆実高―法大。男子400メートル障害で世界選手権で2度(01、05年)銅メダル。五輪は00年シドニー、04年アテネ、08年北京と3大会連続出場。自己ベストの47秒89は現在も日本最高記録。昨年6月の日本選手権を最後に現役引退し、現在は社会イベントを主宰する傍ら、講演活動、執筆業、テレビのコメンテーターなどマルチな才能を発揮。爲末大学の公式サイトは、http://tamesue.jp



初めて30分越えの動画
2018/ 12/ 18 ( Tue ) 17:59:49
へー。何分でもできるとは。

確かに一時間とかのやつもあるもんねー。

でも容量をかなり食う。しかもアップロードの時間も激長。

寝る前にずっと付けっ放しにしといて待つというやり方をしないといけない。


今回のフレディーのセッションをほぼノーカット。ゴープロ7で。1400。書き出す時は700。

スプリンターもディスタンスもマネージャーも。勿論俺も。

新しいことにチャレンジするこの雰囲気を

動画を通じてみんなに知ってもらいたい。


Full bodies workouts from Guest trainer Frederick Henderson! (Full) #OUHS swim films

IMG_3487.jpg
IMG_3485.jpg
IMG_3490.jpg
IMG_3482.jpg
爆動画アップ
2018/ 12/ 18 ( Tue ) 00:41:01
溜めていたのを放出!

ただいま動画を6本アップ。ほぼ水泳ネタ。2018最大量アップ。

subscribeしてね。

KOHEIJAPANREMIX

IMG_3367.jpg
実は一週間以上も体調を崩していました
2018/ 12/ 16 ( Sun ) 22:21:56
重度の蓄膿症

これが医者が突きつけた診察結果だ。

「入院する?」と言われた時は焦った。

確かに無限に人間から出るか?と思うようなあおっぱなが永久に出てきたし

ハンマーで殴られ続けているような頭痛。高熱も一週間。というより

こんなこともよくあるし、3日で治る、余裕、、、、

と甘く考えていたのが間違い。俺も歳をとった。若くはない。

一週間で治らないので薬局でチクノール購入。治る感じはあったが効かず。

やはりプロに見てもらい、プロの処方箋、薬は違う。

一撃で鼻がスーッとひき、ハンマーがぴこぴこハンマーに変わり

治っていった。


自分で自分を分析するとストレスもある。

黙っていられない怒りが熱に変わり、長引かせたということもある。

そのこともやっと話すことができた。歳をとればとるほど毒はためない方がいい。


今日はゆっくり子供に時間も費やせた。

トイザラスへサンタクロースからもらうプレゼントを選ぶことだけに

行ってみた、、、が最後!

物心がつき始めたケントにとってそこはディズニーランド以上の場所だったようだ笑

引き離すのに時間がかかった。

アンリマイリはまだクリスマスを分かってないから、、うまい離乳食でも食べさそう!かな!


さあ。年末前の最後の一週間。

俺も体調は万全。

モンスターウイークの始まり始まり。
IMG_4755.jpg


満足感、達成感
2018/ 12/ 16 ( Sun ) 03:41:15
しっかり今週も9回練習終了。

説明するまでもない。よくやれている。この調子で平成もあと二週間かあ。

いよいよ2018年も終わろうかしている。

あー今年も色々あっ、、、

と振り返るのはまだ。

今週の名付けて”モンスターウイーク”を通過してもらう。覚悟!



この動画を見てもらいたい。

初めて音楽をAETチャンネルでドロップ。ものの15分でできた完成度の高いレコーディング。

生まれて初めて俺で韻を踏んでもらったパートは

むちゃくちゃ気にっている。



最高に面白かったなー。


一網打尽 REMIX *Suguru, surf and Ren #AETVLOG

一網打尽 REMIX

おれが体大の校長
名前は福山 どーも
スイムは今日も絶好調
そのまま目指していくゴールを
そしてもらう、メダルならゴールド
陸上だったら ウサイン・ボルト
水泳ならもちろん北島康介
あいつ超すげえ

yo俺ならば超スゲ
yo見せてくだけ競技で
俺らの先駆者は浅野晃平
この人には無い不公平

そこに生まれる可能性あるのは1つ多動性
広げてく可能性
使ってくぜ右脳左脳 これがリアル無造作の

YO 俺らは大体生
かけてるHIP HOPにワンマイクで
練習週9足んないぜ
ほらみとけよ俺らが関西勢

つまりはOUHS
ご視聴ありがとうって
こうゆう礼儀です
これが俺らのやり方
知ってる水と音の乗り方!!

リスナー、スイマー、ビッチも同じ
一人残らず一網打尽 ナーミーン?
Hold up 一網打尽、一網打尽、一網打尽
We back on seen
again , again , again
俺らが泳げば上げ上げだぜナーミン?
Hold up 一網打尽、一網打尽、一網打尽


Numark portable scratch
  
ブログ内検索
  
リンク
  
Finis edge fins
  
Vasa Trainer Pro
  
スポンサーリンク
  
copyright(c) 2005 アサノエンターテイメント Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )